テーマ:

四国一周旅行~旅程~

年一回の海外旅行、今年は6月にカナダへ行く予定でしたが、残念ながら新型コロナの影響で中止せざるを得ませんでした。 何とか「緊急事態宣言」も解除され、県をまたいでの移動もOKとなったので、以前から考えていた「マイカーで四国一周旅行」を実行することにしました。 旅の主な目的は、 ①四国の「日本100名城」巡りと「日本100名道」走…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

カントリーハウス

玉水ゆり・紫陽花園へ行く途中、ランチで入ったCafe「カントリーハウス」がちょいとユニークでした。 明石から向かって丹波篠山市街の手前、国道372号線沿いにポツンと建っています。 専用駐車場には3台ほどクルマを停められますが、路駐でも全く問題なさそうですw お店の入り口は、ちょいと奥^^ 一人乗りのキャビンが展示…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

奇跡の星の植物館

1月30日(木)久しぶりにかみさんと出かけることになりました。 しかし、巷では「新型コロナウィルス」が流行の兆しとのこと。 余り気が進みませんが、行くとしたら暖かくて人混みの少ない場所がいいな・・・ と言うことで、久しぶりに淡路の「奇跡の星の植物館」へ行くことにしました。 「奇跡の星の植物館」へは今までに何度か訪れ、拙Blo…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

姫路とれとれ市場

ブログの更新、サボっています^^; というか、出かけていないのでネタが無い・・・ まぁ、新型コロナウィルス感染のこともあるので、しばらくの間、出かけるのは控えておいた方が良いのかもしれません。 1月26日(日) 幼なじみのShiから、「昼飯食いに行こう」という誘い。 「姫路とれとれ市場」へ行ってきました。 ここは、瀬…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

紅葉めぐり③~最上山公園~

姫路から少し足を伸ばして宍粟市にある最上山公園へ向かいました。 最上山公園は、宍粟市中心部から近く、モミジが植栽されている公園。 紅葉の見頃になると、山全体が燃えるように美しく彩られるため、「もみじ山」とも呼ばれています。 最上山の麓の広場に到着。 ここでは宍粟市のちょっとした名産品や軽食の販売テントが並んでいました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

紅葉めぐり①~姫路好古園~

11月21日(木)久しぶりのお出かけ? 日帰りで紅葉を見に行ってきました。 まずは、姫路市の好古園へ。 正式名は「姫路城西御屋敷跡庭園好古園」と言い、発掘調査で確認された西御屋敷(1618年〈元和4年〉造営)・武家屋敷等の遺構をそのまま生かして作庭された総面積3.5ヘクタールの池泉回遊式庭園群です。 真っ赤っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第10回大阪モーターショー⑤

たくさんの人だかりがあるので行ってみると、コンパニオンさんの写真撮影をしてました。 私もちょこちょこ彼女たちを撮ってみることにしました。 最初は、恥ずかしくて彼女たちの正面へ行くことがなかなか出来ませんでした^^; 残念ながら引き上げるところしか撮れませんでした><; だんだんと厚かましくなってきて、正面から撮る…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第10回大阪モーターショー④

5号館へ。 まずは「燃料不正問題」で揺れる三菱のブースへ行ってみました。 <MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT> 三菱のコンセプトカー。 このクルマも観音開きドアですね。 三菱の市販車。 <デリカD:5「ACTIVE GEAR」> <アウトランダー「ACTIVE GEAR」> …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第10回大阪モーターショー③

3号館は、トヨタ、マツダ、ロータスのブースがあります。 まずはトヨタのブースからのぞいてみることにします。 <TOYOTA Concept-愛i> ヘッドライトはどこへ行った? ドアはどこ? どうやって車内にはいるのでしょう?? <TOYOTA Concept-愛i RIDE> こちらは2人乗り。 後ろにちょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第10回大阪モーターショー②

続いて2号館へ。 <SUZUKI イー・サバイバー> まるで月面探査車を彷彿させるSUZUKIのコンセプトカー。 <アルファロメオ GIULIA> 約40年ぶりに復活したモデルなんだとか・・・ そして、NISSANのブースへ。 <NISSAN IMx> NISSANのコンセプトカー。 なんだかやんちゃ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第10回大阪モーターショー①

12月11日(月) 一昨年に引き続き、大阪モーターショーを見にインテックス大阪へ行ってきました。 一昨年の大阪モーターショーの記事はこちら→大阪モーターショー2015 大阪モーターショーは、西日本最大のモーターショーで、1999年に第1回が開催されて以来2年ごとに開かれています。 10時前に我が家を出発しましたが、駐車場…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

忘年会旅行②

11月4日(月)2日目。 飲んだらあとは寝るだけなんで、夕べはしこたま飲みました^^ 帰ることを気にしなくていいので、気が楽ですね。 朝日が眩しい^^ 朝風呂につかった後、朝食。 全員で記念撮影。 一人は仕事の関係で、朝食後帰ってしまいました。 ホテルをチェックアウトして、道の駅「白龍城」へ立ち寄り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

書写山円教寺の紅葉①

11月24日(金) 姫路市にある書写山円教寺へ紅葉狩りへ行ってきました。 昨年冬にも行ってきたのですが、その時は残念ながら冬枯れでした。 書写山円教寺については、前回の記事で少し詳しく書いていますので、よろしければこちらもご覧ください。    書写山円教寺①    書写山円教寺②    書写山円教寺③ 摩尼殿の紅葉…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅18~トヨタ博物館③~

3階のフロアーでは、「モータリゼーションの進展と多様化(1950年代から現代まで)」を紹介しています。 本稿では、国産車を中心にご紹介します。 「トヨペット クラウン RS型」(1955年・日本) 乗り心地や耐久性など、すべてがバランスされた純国産車として話題を集めました。 このクルマは昔の映画などによく登場しましたね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅17~トヨタ博物館②~

~次稿より続き~ 1930年代に入ると、ようやく日本車が登場します。 (1930年以前にも国産の日本車はありましたが、この博物館では日本車の展示物は1930年代から) 「ダットサン 11型フェートン」 (1932年・日本) このダットサンは1932年にダット自動車で生産された150台のなかの1台で、現存する最古のダットサンだそう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅16~トヨタ博物館①~

「茶臼山高原道路」を往復し、名古屋へ向かいました。 3日間の旅行の最後の目的地は犬山城なのですが、思った以上に効率よく廻ることができたので、名古屋の手前の長久手市にある「トヨタ博物館」へ行ってみることにしました。 「トヨタ博物館」は、1989年(平成元)トヨタ自動車創立50周年記念事業の一環として建設された自動車に関する博物館で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅15~茶臼山高原道路~

11月11日(土)、旅行3日目。 朝7時過ぎにホテルをチェックアウト。 日本100名道の「茶臼山高原道路」を走るために、茶臼山方面にカーナビをセットし、ホテルを出発しました。 およそ1時間で、「茶臼山高原道路」の入り口の道の駅「アグリステーションなぐら」へ到着しました。 ここでちょいと休憩して朝食をとることにしました…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅14~新城観光ホテル~

旅行2日目の宿泊は「新城観光ホテル」。 豊川畔に建ち、自然豊かなお宿です。 しかし、宿泊予約時にホテルのスタッフから聞いたとおり、あたりは夕食が食べられるお店は皆無のようです・・・・ このホテル、新館、別館、本館とあるようですが、一部の棟は閉鎖していました。 それに本館前の広い駐車場には、私の車以外1台も停ま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅13~設楽原決戦場跡~

この日予定していた観光地はこれにて終了。 しかし、ホテルへチェックインするにはまだ早すぎるので、長篠城跡の近くにある「設楽原歴史資料館」まで足を延ばしてみることにしました。 歴史資料館の手前で「信玄塚」という案内板が目に入ってので、まずはこちらへ立ち寄ってみました。 「信玄塚」は、長篠の戦いの戦死者を埋葬した塚とされます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅11~三河湾スカイライン~

岡崎城を制覇した後、「日本100名道」に選定されている「三河湾スカイライン」を走ります。 三河湾スカイラインは、国道248号線の幸田町深溝から国坂峠まで通じる延長16.3kmの観光道路。 もともとは有料道路でしたが、2006年に無料化され、愛知県道525号蒲郡環状線として道路法に基づく道路となりました。 幸田町の入り口が狭くわ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅8~名古屋モーニング~

11月10日(金)、旅行2日目~ 朝8時、ホテルをチェックアウトし、名古屋駅k構内にあるレンタカー営業所へ向かいました。 名古屋でやりたかったことの一つは、「名古屋モーニングを食べること」。 出発前には、モーニングが美味いという人気の喫茶店を色々と調べていたのですが、何だか探して歩くのが面倒になってきたので、駅構内にある喫茶店へ入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鳥取へ日帰りドライブ③~大山の紅葉~

この日のメイン、「鍵掛峠」へ到着。 鍵掛峠は、大山の南壁を眺める屈指の絶景ポイントです。 展望台駐車場は、大山の紅葉を見るためにやってきたクルマで溢れていました。 少し待っていると、一台分スペースが空いたので運良くクルマを停めることが出来ました。 鍵掛峠へは、3年前の9月に訪れて以来2度目になります。 この時は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ⑨

倉敷美観地区を歩いていて、気になったお店を何軒か紹介します。 豆菓子のお店「豆本舗」。 ここにあるのぜんぶ豆菓子です^^ さんざん迷ったあげく、4種類の豆菓子を買いました。 左前からミルクアーモンド、キャラメルバニラ豆、黒胡麻きな粉豆、ふくマヨネーズ豆。 お次は、車夫のあんちゃんから教えてもらったマスキング…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ⑧

大原美術館を見学後、帰るまでの時間で美観地区を散策しました。 倉敷川を挟んだ大原美術館の向かい側の広い屋敷は、「有隣荘」と呼ばれる大原家の旧別邸。 特の製法で焼かれた瓦は、見る角度によって緑色に光り、地元では「緑御殿」とも呼ばれています。 中国銀行倉敷本町出張所は、大正11年に建てられたルネサンス風の建物で、大原美術館…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ⑥

ランチを食べようと、車屋のあんちゃんに教えてもらったお店に行ってみたのですが、団体客の貸し切りのため入れませんでした。 そんなにお腹も空いていなかったので、近くの雰囲気の良さそうなカフェに入ってみることにしました。 店先の写真はうっかり撮り忘れてしまいました。 お店の名前も覚えていません><; お店の中はこんな感じ。 我々…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ⑤

人力車に乗って、美顔地区を散策しました。 かつて舟を係留するために、舟を川岸の木に繋いでいたそうです。 この古木は舟の引っ張る力により、途中から曲がってしまったそうです。 「龍」を形どった橋の欄干。 倉敷川沿いから一本東の通りにもこのような町屋が立ち並んでいます。 窓の下に付いている金具…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ④

アイビースクエアーから、いいよ倉敷美観地区へ。 かつての倉敷は、江戸幕府の直轄領「天領」であり、物資の集積地として非常に栄えた町でした。 1969年に倉敷市の条例に基づき美観地区に定められ、1979年(昭和54年)に県内2件目の重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。 美観地区を象徴する場所と言われる「倉敷川畔」。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ③

アイビースクエアーの中にも魅力的なショップがたくさんありました。 美観地区へ入る前にこちらのショップをのぞいてみました。 <愛美工房> 陶芸や藍染が体験出来る工房で、ギャラリーとショップも併設されており、ショップでは様々な工芸品や民芸品が販売されています。 <京遊印> 等身大の人形が店先に座っています。 こち…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ②

倉敷アイビースクエアーへ到着。 こちらの駐車場にクルマを停めて、倉敷美観地区をゆっくり散策しようと思います。 まずは、アイビースクエアーをちょいとのぞいてみます。 倉敷アイビースクエアーは江戸幕府の代官所跡に1889年(明治22年)に建設された倉敷紡績創業の旧工場で、1973年(昭和48年)に改修され、観光施設として再生されま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ①

10月12日(木) 天候はイマイチでしたが、倉敷へ日帰りドライブしてきました。 途中、山陽自動車道吉備サービスエリアで休憩。 吉備といえば吉備団子、吉備団子といえばやっぱり桃太郎ですね。 桃太郎がお供を連れて出迎えてくれました。 また、岡山県は白桃と肩を並べて葡萄が高品質で定評があり、中でも「果物の女王」と称えられるマ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more