テーマ:

忘年会旅行②

11月4日(月)2日目。 飲んだらあとは寝るだけなんで、夕べはしこたま飲みました^^ 帰ることを気にしなくていいので、気が楽ですね。 朝日が眩しい^^ 朝風呂につかった後、朝食。 全員で記念撮影。 一人は仕事の関係で、朝食後帰ってしまいました。 ホテルをチェックアウトして、道の駅「白龍城」へ立ち寄り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

書写山円教寺の紅葉①

11月24日(金) 姫路市にある書写山円教寺へ紅葉狩りへ行ってきました。 昨年冬にも行ってきたのですが、その時は残念ながら冬枯れでした。 書写山円教寺については、前回の記事で少し詳しく書いていますので、よろしければこちらもご覧ください。    書写山円教寺①    書写山円教寺②    書写山円教寺③ 摩尼殿の紅葉…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅18~トヨタ博物館③~

3階のフロアーでは、「モータリゼーションの進展と多様化(1950年代から現代まで)」を紹介しています。 本稿では、国産車を中心にご紹介します。 「トヨペット クラウン RS型」(1955年・日本) 乗り心地や耐久性など、すべてがバランスされた純国産車として話題を集めました。 このクルマは昔の映画などによく登場しましたね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅17~トヨタ博物館②~

~次稿より続き~ 1930年代に入ると、ようやく日本車が登場します。 (1930年以前にも国産の日本車はありましたが、この博物館では日本車の展示物は1930年代から) 「ダットサン 11型フェートン」 (1932年・日本) このダットサンは1932年にダット自動車で生産された150台のなかの1台で、現存する最古のダットサンだそう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅16~トヨタ博物館①~

「茶臼山高原道路」を往復し、名古屋へ向かいました。 3日間の旅行の最後の目的地は犬山城なのですが、思った以上に効率よく廻ることができたので、名古屋の手前の長久手市にある「トヨタ博物館」へ行ってみることにしました。 「トヨタ博物館」は、1989年(平成元)トヨタ自動車創立50周年記念事業の一環として建設された自動車に関する博物館で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅15~茶臼山高原道路~

11月11日(土)、旅行3日目。 朝7時過ぎにホテルをチェックアウト。 日本100名道の「茶臼山高原道路」を走るために、茶臼山方面にカーナビをセットし、ホテルを出発しました。 およそ1時間で、「茶臼山高原道路」の入り口の道の駅「アグリステーションなぐら」へ到着しました。 ここでちょいと休憩して朝食をとることにしました…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅14~新城観光ホテル~

旅行2日目の宿泊は「新城観光ホテル」。 豊川畔に建ち、自然豊かなお宿です。 しかし、宿泊予約時にホテルのスタッフから聞いたとおり、あたりは夕食が食べられるお店は皆無のようです・・・・ このホテル、新館、別館、本館とあるようですが、一部の棟は閉鎖していました。 それに本館前の広い駐車場には、私の車以外1台も停ま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅13~設楽原決戦場跡~

この日予定していた観光地はこれにて終了。 しかし、ホテルへチェックインするにはまだ早すぎるので、長篠城跡の近くにある「設楽原歴史資料館」まで足を延ばしてみることにしました。 歴史資料館の手前で「信玄塚」という案内板が目に入ってので、まずはこちらへ立ち寄ってみました。 「信玄塚」は、長篠の戦いの戦死者を埋葬した塚とされます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅11~三河湾スカイライン~

岡崎城を制覇した後、「日本100名道」に選定されている「三河湾スカイライン」を走ります。 三河湾スカイラインは、国道248号線の幸田町深溝から国坂峠まで通じる延長16.3kmの観光道路。 もともとは有料道路でしたが、2006年に無料化され、愛知県道525号蒲郡環状線として道路法に基づく道路となりました。 幸田町の入り口が狭くわ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尾張の国へひとり旅8~名古屋モーニング~

11月10日(金)、旅行2日目~ 朝8時、ホテルをチェックアウトし、名古屋駅k構内にあるレンタカー営業所へ向かいました。 名古屋でやりたかったことの一つは、「名古屋モーニングを食べること」。 出発前には、モーニングが美味いという人気の喫茶店を色々と調べていたのですが、何だか探して歩くのが面倒になってきたので、駅構内にある喫茶店へ入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鳥取へ日帰りドライブ③~大山の紅葉~

この日のメイン、「鍵掛峠」へ到着。 鍵掛峠は、大山の南壁を眺める屈指の絶景ポイントです。 展望台駐車場は、大山の紅葉を見るためにやってきたクルマで溢れていました。 少し待っていると、一台分スペースが空いたので運良くクルマを停めることが出来ました。 鍵掛峠へは、3年前の9月に訪れて以来2度目になります。 この時は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ⑨

倉敷美観地区を歩いていて、気になったお店を何軒か紹介します。 豆菓子のお店「豆本舗」。 ここにあるのぜんぶ豆菓子です^^ さんざん迷ったあげく、4種類の豆菓子を買いました。 左前からミルクアーモンド、キャラメルバニラ豆、黒胡麻きな粉豆、ふくマヨネーズ豆。 お次は、車夫のあんちゃんから教えてもらったマスキング…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ⑧

大原美術館を見学後、帰るまでの時間で美観地区を散策しました。 倉敷川を挟んだ大原美術館の向かい側の広い屋敷は、「有隣荘」と呼ばれる大原家の旧別邸。 特の製法で焼かれた瓦は、見る角度によって緑色に光り、地元では「緑御殿」とも呼ばれています。 中国銀行倉敷本町出張所は、大正11年に建てられたルネサンス風の建物で、大原美術館…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ⑥

ランチを食べようと、車屋のあんちゃんに教えてもらったお店に行ってみたのですが、団体客の貸し切りのため入れませんでした。 そんなにお腹も空いていなかったので、近くの雰囲気の良さそうなカフェに入ってみることにしました。 店先の写真はうっかり撮り忘れてしまいました。 お店の名前も覚えていません><; お店の中はこんな感じ。 我々…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ⑤

人力車に乗って、美顔地区を散策しました。 かつて舟を係留するために、舟を川岸の木に繋いでいたそうです。 この古木は舟の引っ張る力により、途中から曲がってしまったそうです。 「龍」を形どった橋の欄干。 倉敷川沿いから一本東の通りにもこのような町屋が立ち並んでいます。 窓の下に付いている金具…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ④

アイビースクエアーから、いいよ倉敷美観地区へ。 かつての倉敷は、江戸幕府の直轄領「天領」であり、物資の集積地として非常に栄えた町でした。 1969年に倉敷市の条例に基づき美観地区に定められ、1979年(昭和54年)に県内2件目の重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。 美観地区を象徴する場所と言われる「倉敷川畔」。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ③

アイビースクエアーの中にも魅力的なショップがたくさんありました。 美観地区へ入る前にこちらのショップをのぞいてみました。 <愛美工房> 陶芸や藍染が体験出来る工房で、ギャラリーとショップも併設されており、ショップでは様々な工芸品や民芸品が販売されています。 <京遊印> 等身大の人形が店先に座っています。 こち…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ②

倉敷アイビースクエアーへ到着。 こちらの駐車場にクルマを停めて、倉敷美観地区をゆっくり散策しようと思います。 まずは、アイビースクエアーをちょいとのぞいてみます。 倉敷アイビースクエアーは江戸幕府の代官所跡に1889年(明治22年)に建設された倉敷紡績創業の旧工場で、1973年(昭和48年)に改修され、観光施設として再生されま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日帰りドライブ倉敷へ①

10月12日(木) 天候はイマイチでしたが、倉敷へ日帰りドライブしてきました。 途中、山陽自動車道吉備サービスエリアで休憩。 吉備といえば吉備団子、吉備団子といえばやっぱり桃太郎ですね。 桃太郎がお供を連れて出迎えてくれました。 また、岡山県は白桃と肩を並べて葡萄が高品質で定評があり、中でも「果物の女王」と称えられるマ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

玄武洞公園

山椒庵の帰り道、玄武洞へ立ち寄りました。 玄武洞公園は山陰海岸国立公園の一部で、玄武洞、清瀧洞、白虎洞、北朱雀洞、南朱雀洞の5つの洞窟群で形成されています。 公園の中心にある最も大きな洞窟が「玄武洞」(国の天然記念物)。 玄武洞公園は、約160万年前の火山噴火で流れ出た溶岩が固まった「柱状節理」とよばれる玄武岩の石柱が…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

おっさん4匹日帰りドライブ①~高野山へ~

先日幼なじみのSが新車を購入しました。 かっこいいな~ これ一台で、私のクルマだたら2台は買えますね。 ちょいと乗せてもらって、ご近所を走ってみます。 モニターもでかい! 車体色はパールホワイトですか。 いい色だね~ 8月26日(土) いつもの仲間を誘って、慣らし運転がてらに高野山へドライブすることに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南ドイツ浪漫紀行番外編①~ドイツのクルマ事情~

ドイツと言えばクルマ先進国。 クルマ好きの私にとっては、ドイツのクルマ事情が少々気になります。 ドイツへ入国してみると、ベンツ、アウディ、BMW、ヴォルクスワーゲンなどというドイツ車がやはり目立ちます。 帰国して、調べてみると、ドイツの国産車(ドイツ車)の占める割合はおよそ半分なんだとか。 フランクフルト国際空港…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南ドイツ浪漫紀行29~メルセデス・ベンツ博物館~

シュッツトガルトは、ゴットリープ・ダムラーとヴィルヘルム・マインバッハがガソリンエンジンを開発した自動車の故郷といえる町。 ここには、メルセデス・ベンツ博物館やポルシェ博物館があります。 ツアーでは、メルセデス・ベンツ博物館の観光があり、自動車好きの私としては、とても楽しみにしていましたが、ホテルからメルセデス・博物館へ戻って来た頃…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

GW おっさん5匹蕎麦を食いに①

「GWはどこへも出かけずに家でのんびりと」と思っていたのですが、友人のSが「蕎麦が食いたい」と言うので、いつもの幼なじみに誘いのメールを送ってみました。 私と同じようにGWは出かける予定がなかったようで、声をかけた全員即参加OKの返信が返ってきました。 わずか数10分で、同級生5人で豊岡の床瀬蕎麦を食べに行くことが決まりました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

須磨浦公園の桜

更新をサボってしまいました>< 記事のUPが1ヶ月も遅れてしまっています。 4月13日(木) 信州の桜がちょいと期待はずれでした。 かみさんがどうしても満開の桜が見たいというので、近くの須磨浦公園へ桜を見に行ってきました。 5月も半ばだというのに、未だ「桜」の記事で申し訳ないです;^^; 須磨浦公園は、源平・一の谷の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

信州5名城の旅⑥~2日目朝~

信州5名城の旅2日目。 朝食前にタバコを一服しに外へ出てみました。 2日目の天候もイマチ・・・・ この分だと「桜の戦国絵巻」もあまり期待できそうにありません>< ホテルはかなり広い敷地のようで、中庭の向こうにも立派な建物が建っています。 ロビーもロッジ風で、なかなか良い感じです。 ちょいとお腹の調…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

信州5名城の旅④~奥軽井沢温泉で宿泊~

高遠城と小諸城を見学した後、バスはこの日の宿泊ホテルへ向かいました。 JTBが宿泊のために用意してくれたホテルは群馬県の奥軽井沢温泉にある「ホテルグリーンプラザ軽井沢」。 奥軽井沢温泉に向かう途中の山道には、4月というのに雪が残っていました。 浅間山が車窓からきれいに見えました。 バスの運転手さん、わざわざバスを道路…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

おっさん4匹一泊旅行⑩~坂越まち並み館~

坂越まち並み館は、大正時代の奥藤銀行坂越支店を修景整備した建物です。 現在では、資料館兼観光案内所として名所・旧所、特産品の資料が展示されています。 もと銀行というだけあって、銀行の資料がたくさん展示されていました。 当時の奥藤銀行の木製看板。 また、古いアメリカ製の大金庫も残されており、銀行として設立されて…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

おっさん4匹一泊旅行⑨~旧坂越浦会所~

旧坂越浦会所をじっくりと見学しました。 この建物は、行政や商業などの事務をとるための村会所として天保2~3年(1831-1832)に建築され、赤穂藩の藩主専用の休憩所としても使われていたそうです。 現在では、歴史的建造物の博物館施設として活用されています。 「幻の緞通」といわれる赤穂緞通があちこちに敷かれていました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

おっさん4匹一泊旅行⑧~坂越の町並み~

赤穂御崎から東へ15分ほど海岸沿いを走ると、坂越湾内に浮かぶ生島が見えてきました。 生島は周囲わずか1.63kmの小島ですが、古来大避神社の神地として人が入ることを禁じたため原始の状態を保っています。 わが国の植物分布の温帯林の限界をみる上からも貴重な樹林であり、国の天然記念物に指定されているそうです。 坂越漁港にクル…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more