魅惑の国トルコへ27~バルーンツアー①~

かみさんがトルコ旅行してきた人から聞いた話では、「カッパドキアでは、夏気球に乗るのがオススメ」なんだとか・・・ 私は高所恐怖症なので、熱気球なんぞは乗りたくもないのですが、高い所が大好きなかみさんは「絶対に乗ってみたい」と言います><; 今回のツアー行程では、バルーンツアーは含まれておらず、オプショナルツアーもないようです。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ26~夕食①~

この日の夕食もホテルでいただきました。 レストランへ行く途中で見たカッパドキア。 雨が降った後だったので、遠くの山に虹がかかっていました。 レストランは、レセプションルームのある棟の2階。 レストランからは、中央アナトリアの最高峰エルジェス山が見えました。 富士山によく似ていますが、標高3,916mで富士山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魅惑の国トルコ25~カッパドキア リゾート&スパ~

この日の宿泊ホテルは、ウチヒサール地区にある「カッパドキア リゾート&スパ」。 宿泊ホテルに向かう途中も、車窓からは珍しい風景を見ることが出来ました。 ホテルのずいぶん手前で、ツアーバスは停車。 ここからホテルまでの道は狭くて大型バスは入れないとのこと。 ホテルから迎えに来てくれたバンに乗り換えて宿泊ホテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ24~ラクダ岩~

「三姉妹の岩」から次の目的地「ラクダ岩」へ向かう途中の車窓の風景です。 カッパドキアの2500平方キロメートルの広大な土地に、このような奇岩の風景が続いているそうです。 「ラクダ岩」の駐車場(と言っても、とても狭いスペース)に到着。 画面の真ん中に見えるのが「ラクダ岩」。 ラクダというよりニワトリに見えま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ23~三姉妹の岩~

アナトリア伝統料理に舌鼓を打った後、カッパドキアの奇岩群を見学しました。 世界遺産カッパドキアは、柔らかい地層と硬い地層が重なり合い侵食しあった結果できたキノコのような形をした不思議な巨岩が乱立する地域です。 広大なカッパドキアには見所がたくさんあるのですが、午後からの観光で最初に訪れたのは、デヴレントにある「三姉妹」と言われる奇…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ22~ランチ③~

コンヤからカッパドキアまで230Km、約3時間。 車窓からは珍しい景色が見られて退屈はしませんでした。 途中、アナトリア伝統料理のレストランでランチ。 「アナトリア」とは、トルコのアジア部分のおおよその地域で、カッパドキアは中央アナトリアになります。 そういえば、旅行前に見たDVD「おじいちゃんの里帰り」では、おじいちゃんはアナ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ21~車窓から~

カッパドキアの中心地に近づくに従って、車窓からはカッパドキア特有の住居跡(洞窟を利用した住居)などがちらほら見えてきました。 こういった住居の一部は現在も人が住んでいるのだとか。 ちなみにツアーガイドのギョクハンさんはカッパドキア出身で、13才まではこのような住居に住んでいらっしゃったそうです。 市街地に入ってきま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ20~カイマクル地下都市~

<6月17日(月)5日目> ホテルで朝食。 生野菜がたくさんあって、女性は大喜び^^ 出発前、ロビーの「生首?」とともにこんな写真を撮る方が多かったですね。 再びシルクロードを走り、カッパドキアへ向かいました。 途中、キャバンサライの前を通りました。ここは前稿で紹介したので省きます。 トルコの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ19~デデマン コンヤ~

この日の観光が終わり、宿泊ホテルへ向かう時、「今夜は、コンヤに泊まります^^」・・・・ 添乗員の徳山さんやツアーガイドのギョクハンさんがこんなダジャレを連発していましたw さて、今夜の宿泊ホテルは、「デデマン コンヤ」。 ロビーでは、2体の人形の首がお出迎え。 「生首」みたいで、ちょいとギョッとさせられます。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ18~シルクロードを走る~

この日最後の観光は、インジェミナーレ神学校。 1267年に建てられた神学校ですが、主に預言者達の言行録であるハディースを学ぶ神学校として1254年にセルジューク朝の大臣サヒブ・アタ・ファーレッディン・アリによって建てられました。 「インジェミナーレ」とは、細い尖塔という意味ですが、名前の由来になった細い尖塔は1901年に落雷に遭い、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ17~メヴァラーナ博物館②~

博物館の本館の見学を終え、中庭へ出ました。 中庭の周りには小さな部屋がいくつもあり、人形を使って修行僧の生活の様子が分かる展示がありました。 フリータイムが少しあったのですが、全部の部屋は回れませんでした。 また、中庭には綺麗なバラがたくさん植えられており、憩いの場になっているようです。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ16~メヴァラーナ博物館①~

ベイシャヒルから95km、約1時間半でコンヤに到着。 コンヤは、一時セルジューク朝の首都でもありました。 また、セマ(旋舞の儀式)で知られるメヴレヴィー教団(メヴァラーナ教団)の発祥の地でもあります。 教団の創始者メヴラーナ・ジェラールッディン・ルーミー(1207~1273年)の霊廟ルーミー廟は、現在メヴァラーナ博物館として一般公…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ15~エシレ・フォールモスク~

居眠りから目が覚めて車窓を見ると、まだ同じ景色です^^; トルコは広い^^ パムッカレから330km、約4時間半でベイシャヒルという町に到着。 ここでは、「トルコ最古の木造モスク」と言われる「エシレ・フォールモスク」を見学しました。 このモスク、創建は1296年で、ミナレットは1本だけ。 外見は石造りのようにも見えます…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ14~ランチ②~

午後の観光の前に、ランチタイム。 こちらのレストランのウリはトルコピザなんだそうです。 お店の軒では、トルコピザを作る実演が行われていました。 さて、「トルコピザ」とやらのお味はどんなものでしょうか? まず、野菜サラダが出ました。 オリーブオイルとレモン果汁でいただくようです。 誰かが「他にドレッシングは…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ13~パムッカレ温泉~

かみさんが石灰棚を満喫している間、私は一足先にパムッカレのもう一つの見所の「パムッカレ温泉」へ。 ここはツアーの待ち合わせ場所です。 ゲートには「ANTIQUE POOL」と書かれています。 「古代のプール」という意味でしょうかね? かみさんと合流して、ゲートから中に入ると、綺麗な水がたまった場所がありました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ12~パムッカレの石灰棚~

ヒエラポリスの展望所から観たパムッカレの石灰棚。 石灰を含んだお湯が下の平地に流れ落ちる途中で、温度が下がって崖全体が結晶して、このような真っ白な石灰棚ができたそうです。 なかなか神秘的な風景ですが、旅行前写真で見たのとちと違うような・・・ 実は、こんな景色を期待していたのですが><; 棚にお湯が無い! 本来こ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ11~ヒエラポリス遺跡~

<6月16日(日)4日目> ドーアヘルス&スパの朝食。 夕べは少し食べ過ぎたので、朝食はちょいと少なめにしておきます。 荷物をまとめて、ホテルをチェック・アウトし、ヒエラポリス遺跡へ向かいました。 途中、この後行くパムッカレの白い石灰棚が見えました。 まるで雪に覆われているように見えます。 ヒエラポリスは、紀…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ10~ドーアサーマル・ヘルス&スパ~

世界遺産のエフェッソス遺跡の観光を終え、次の目的地のパムッカレへ向かいました。 エフェッソスからおよそ185Km、ツアーバスで3時間でこの日の宿泊ホテル、ドーアサーマル・ヘルス&スパに到着。 パムッカレでは、比較的新しく近代的なホテルです。 ロビーは建物の3階。 建物の中央は吹き抜けになっており、1階には室内プールが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ9~聖母マリアの家~

エフェッソス考古博物館見学後、エフェッソス南の丘にある「聖母マリアの家」を訪れました。 駐車場から参道を少し歩くと、小さなレンガ造りの家が建っていました。 イエスが処刑されたあと、聖母マリアはヨハネと共にエフェソスで余生を送ったという伝説が伝わっていたそうですが、19世紀までその場所は明らかになっていませんでした。 1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ8~エフェッソス考古博物館~

ランチ後、歩いてエフェッソス考古博物館へ。 エフェッソス考古博物館では、エフェッソス遺跡で出土品が展示されています。 上の物はギリシアっぽいですが、こちらはペルシャっぽい^^ 彫像だけでなく、住宅(テラスハウス)で出土した生活用品、装飾品、彫刻などの品々も多く展示されていました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ7~ランチ①~

エフェッソス遺跡観光後、エフェッソス考古博物館へ向かいました。 まずは、博物館の近くのレストランでランチタイム。 スープとサラダ。 スープは確かトマト味だったと思います。 サラダはやっぱりドレッシング無し。レモンを搾っていただきました。 2品目は、キノコのチーズ和え。 メインはビーフの串焼き。 お肉…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ6~エフェッソス遺跡②~

レテス通り南端の三叉路にある「勝利の女神ニケ のレリーフ」。 なお、スポーツ用品の米ブランドのナイキはニケ(NIKE)に由来しているのだそうです。 「ヘラクレスの門」。 ニケのレリーフは、もともとこの門のアーチ部分に飾られていたのですが、落下したので別の場所に置かれているそうです。 エフェソスのメインストリート …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ5~エフェッソス遺跡①~

イズミール空港からツアーバスでおよそ1時間30分、エーゲ海最大の遺跡群が眠る古代都市エフェッソスへ到着。 エフェソスは紀元前2世紀にローマの支配下に入り、ここで見られる建造物の多くは、ローマ帝国が“パックス・ロマーナ”と呼ばれる黄金期を迎えた紀元1~2世紀ごろのものなのだそうです。 2015年に世界遺産に登録されました。 遺跡…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ4~イズミールへ~

<6月15日(土)3日目> 3日目にしてようやくトルコ観光. しかし、イスタンブール観光はまた後日ということで、早朝から空港に向けてホテルを出発しました。 4:45・・・モーニングコール 5:15・・・荷物回収 5:45・・・ホテル出発 ツアーバスの中でBOXタイプの朝食をいただきながら、約45分でイスタンブール新空港へ到着…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ3~マリオネット イスタンブール シシリー~

眼下に大きなモスクが見えてきました。 6本のミナレット(塔)があるということは、あれが有名なスルタンアメフト・モスク(ブルーモスク)でしょうかね。 「メルハバ(こんにちは)!トルコ!」 14時55分、イスタンブール新空港に到着。 この空港は、従来のアタテュルク国際空港の収容能力が不足していたため、今年の5月に開港したばか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ2~ドバイ国際空港~

<6月14日(金)2日目> 関西国際空港からおよそ10時間のフライトで、乗り継ぎのため、アラブ首長国連邦のドバイ国際空港へ到着しました。 時刻はドバイ時間で早朝の5時。 日本との時差は-5時間なので(日本時間では午前10時)、そんなに眠くはありませんでした。 この空港で乗り継いで、トルコのイスタンブールへ行くのですが、待ち時間は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ1~関空からドバイへ~

<6月13日(木)1日目> アメリカとイランの関係が悪化し、中東情勢にちょいと不安を感じながら我が家を出発しました。 いつものように神戸空港からベイシャトルに乗船し関西空港へ向かう途中、「ホルムズ海峡で日本の海運会社のタンカーが攻撃を受けた」というニュースが飛び込んできました。 攻撃を受けた場所はこれから向かうドバイの近くだそうで…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ

年一度の楽しみ、今年の海外旅行はトルコ共和国へ行ってきます。 トルコは以前から是非とも行ってみたい国のひとつだったのですが、2015年から2017年にかけてトルコ国内でテロ事件が続いたため、ちょいと腰が引けていました。 ところが、昨年中欧で数人の参加者の皆さんから「トルコが良かった。情勢は落ち着いているよ。」と聞かされたため、今年は…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

海難1890

トルコは大の親日国として知られています。 その理由は色々な説があるようですが、「エルトゥールル号遭難事件」が大きな要因の一つでしょう。 「エルトゥールル号遭難事件」については、何となく知っていましたが、トルコへ行くに当たってもう少し詳しく知っておきたいと思っていました。 そこで、「エルトゥールル号遭難事件」を題材に扱った「海難18…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

トルコが舞台の映画2作品

毎年楽しみにしている年に一回の海外旅行。 今年は6月13日よりトルコへ行ってきます。 海外旅行する前に、その国にちなんだ映画を観て、気分を盛り上げようとしています^^ というわけで、レンタルビデオショップへ行って、トルコにちなんだ映画を3作品借りてきました。 まずは、トルコが舞台の2作品。 「おじいちゃんの里帰り」 20…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

B-25J ミッチェル

三田の奥本模型店で購入した「B-25J ミッチェル シャークティース」が完成しました。 ハセガワ模型のHPで調べてみましたが、この「B-25J]は新しいキットになっており、奥本模型店で購入したキットは現在販売されていないようです。 「B-25 ミッチェル]は第二次世界大戦中のあらゆる局面において用いられ、連合国に敵対するドイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第13回 オカリナ&ギターと歌の集い

5月25日(日) 明石市在住のアーチスト、小田さんご夫婦のコンサートに行ってきました。 我々夫婦は、このコンサートに参加させていただくのは3度目になります。 今回は、チケットを多めに購入したので、義姉と幼なじみのKを誘って4人で楽しんできました。 また、このコンサート人気が高く、昨年度から明石市最大のコンサートホール、明石市…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

琵琶湖バレィ

朝のテレビで琵琶湖バレィの水仙が見頃だということでした。 翌日5月8日(木)、早速琵琶湖バレィへ水仙を見に行ってきました。 10日間ものGWが終わり、平日の名神高速道路はよく空いていました。 昼前に琵琶湖バレィ麓の駐車場へ到着。 ここから山頂までロープウェイで登ります。 残念ながら、お天気はイマイチでした^^; …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

5月の花壇

我が家の5月の花壇。 先月から特に手入れをしていないのですが、アリストロメリアやホットリップス、ニゲラなどが咲きました。 ニゲラはこぼれ種から、あちこちで花を咲かせています。 かみさんの鉢植え。 パンジーやプリムラなどはそろそろ終わりなので、新しい花を植え替えてやらなければ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おっさん4匹 城崎へ

今年の3月下旬、幼なじみのSと城崎へ行ってきましたが、あれから2ヶ月もたたないのにまた城崎へ行ってきました^^; 5月3日(祝) 今回は私とS、そして前回行けなかったKとSの従兄弟のけんちゃんを誘って、おっさん4人で行ってきました。 GWの中日とあって、心配していたほど道は混雑していませんでした。 Sの運転で3時間ほどで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

薬師院(ぼたん寺)2019

「あかし伝統夢祭り」の帰り道に薬師院へ寄って牡丹を見てきました。 まずは、本堂でお参り。 拝観料を支払い、牡丹園へ。 こちらの牡丹の数は50種類、2000株以上だそうです。 咲き誇る大輪の花を間近に楽しめることができます。 百花の王」と言われるだけあって、見応えがあります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あかし伝統夢まつり

5月2日(木・休) 明石公園で「あかし伝統夢まつり」が開催されたので、見に行ってきました。 このお祭りは、「明石城築城400周年・明石市制施行100周年記念事業」のひとつのイベントとして、市内各地から布団太鼓34台・獅子舞9頭が明石城に大集結しました。 ちょいと午前中に予定があったので、昼前に会場の明石公園に到着。 公園…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

尼崎城

家電量販店・旧ミドリ電化(現エディオン傘下)創業者の安保詮氏は、創業の地に恩返しがしたいと考え、10億円以上の私財を投じて尼崎城の天守を再建した上で尼崎市に寄贈されるということで、尼崎城天守の再建工事が進められていました。 去る3月29日、尼崎城天守の復元工事が終わり、グランドオープンとして一般公開されることになりました。 かねてか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小学校3・4年生のクラス会

4月7日(日) 小学校3・4年生の時に担任をして頂いたY先生をお招きして、クラス会を開催しました。 小・中学校同窓会幹事のメンバー4人で、1年前から計画を練って、ようやく開催にこぎつけました。 Y先生に関する過去記事はこちら↓ Y先生の書展 クラス会会場下見 Y学級の当時の在籍人数は44名でしたが、住所が分かっている28…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブリュースター B-339 バッファロー

今年2機目のプラモデル、「ブリュースター B-339 バッファロー」が完成しました。 前作の「ノイシュバンシュタイン城」が結構長くかかってしまったので、今回はサクッと仕上げることにしました。 バッファローは1935年、アメリカ海軍による次期艦上戦闘機の開発要求に基づき、ブリュースター社が開発した、当時としては近代的な機体でし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more