テーマ:世界遺産

麗しの中欧46~聖イシュトヴァーン大聖堂~

英雄広場を出発する頃には、すでに雨はやんでいました。 次に向かったのは、聖イシュトヴァーン大聖堂。 ツアーバスは、大聖堂の裏手に停車したようです。 こちらが正面。 聖イシュトヴァーン大聖堂は、ハンガリーの最初のキリスト教徒の国王、聖イシュトヴァーンにちなんで名付けられました。 大聖堂広場の脇には、社会主義時代に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧45~英雄広場~

中欧旅行も最後のツアー観光となりました。 ブダペストのツアー観光の最初は、「アンドラーシ通り」を通って、「英雄広場」へ向かいました。 「アンドラーシ通り」には、美しいファサード、階段室、内装などを備えた折衷主義的なネオルネサンス様式の宮殿や邸宅が立ち並んでおり、その地下を走るブダペスト地下鉄1号線などとともに、2002年にユ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麗しの中欧44~朝の散歩④(くさり橋復路)~

再びくさり橋を渡ってホテルへ戻ります。 たくさんの尖塔が見えます。 丘の上には、「マーチャーシュ教会」と「漁夫の砦」。 ここへは、この日のツアー観光で訪れます。 橋の北側に見えるのは、マルギット橋と「国会議事堂」。 マルギット橋の上には、トラムが走っています。 「国会議事堂」もこの日のツアー観光で訪れます…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧43~朝の散歩④(くさり橋往路)~

<7日目・7月18日(水)> 中欧旅行も正味この日1日を残すのみとなりました。 朝早く起きて、ヨーロッパ全体で見ても特に美しい橋のひとつであるとも言われるくさり橋を渡ってきました。 ホテルの玄関を出ると、すぐそこにドナウ川です。 くさり橋も目の前です。 真正面には王宮と、今回のホテルも好立地です^^ 東岸のペスト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麗しの中欧42~ドナウ川ナイトクルーズ②~

ドナウ川ナイトクルーズの復路は、ほとんど動画を撮っていました。(かみさんが^^;) 今回は動画を主に掲載しますので、ご一緒にナイトクルーズを楽しんでいる気分でご覧くだされば幸いです^^ クラッシクは詳しくないので、「ウィンナーワルツ」なんだか「青き美しきドナウ」なんだかよく分かりませんが、BGMが風の音でかき消されています。 まぁ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧41~ドナウ川ナイトクルーズ①~

夕食後、ドナウ川ナイトクルーズに出かけました。 ツアーバスでクルーズの発着場へ。 9時だというのにまだこの明るさです。 乗船♪~ いよいよ出航です^^ マルギット橋もライトアップが始まっています。 天気も良いので、ツアーの皆さん全員オープンデッキへ上がられていました。 正面に見えるのは、中州になってるマ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧40~ホテル界隈を散策~

ホテルへチェックインしたのが16時半。 夕食までは少し時間があるので、ホテル界隈を少し散策してみることにしました。 道を挟んでホテルの前に立派な建物が建っています。 帰国してから調べてみると、内務省ということでした。 こちらの銅像は、ハンガリーの詩人「サンドール・ペトゥーフィ像」だそうです。 銅像の後ろの近代的な建物は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧38~ブダペストへ~

ブラチスラバから、ハンガリーの首都ブダペストへ向かいました。 ブラチスラバ~ブダペスト間は65km、ツアーバスで約1時間です。 ウィーン、ブラチスラバ、ブダペストの3国の首都はとても近いですね。 国境を越え、最後の訪問国ハンガリーへ。 ハンガリーの国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧31~王宮~

リングトラムに乗ってリングを一周した後、王宮へ行ってみることにしました。 Schwedenplatz駅から再びUバーン1号線に乗ってKarisdlatz駅へ戻り、トラムに乗り換えて王宮前で下車。 24時間フリーパス券は、これで3回使用。 これで何とか4回以上使って、元がとれそうです^^ 王宮のブルク門までやって来ました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麗しの中欧30~ウィーンリング~

さて、ウィーンでのフリータイムの最初は、リングトラムに乗ってリング周辺の名所を廻ろうと決めていました。 今回も公共交通機関共通の24時間フリーパス券(8€)を購入しました。 ちなみに1回乗車券は2.4€なので、4回以上乗車すれば元がとれます。 最寄りのKarisdlatz駅からUバーン1号線に乗…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧29~ウィーン歴史地区~

シェーンブルン宮殿の観光を終え、再び「ウィーン歴史地区」へ戻ります。 ウィーンはハプスブルク家がこの地に落ち着いた13世紀頃から城塞都市として繁栄しました。 そして、19世紀、フランツ・ヨーゼフ1世は内側の城壁を取り払って「リンク・シュトラーセ」と呼ばれる環状道路を設置し、新しい都市造りを進めました。 1周5kmほどのこのリンクの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧28~シェーンブルン宮殿~

ベルヴェデーレ宮殿上宮で名画鑑賞をした後、シェーンブルン宮殿へ向かいました。 シェーンブルン宮殿は、ハプスブルク家の夏の離宮で、ウィーン郊外に建てられています。 車窓から。 ウィーン市民の重要な交通手段のトラム(路面電車)。 こちらはウィーン川沿いを走るUバーン(地下鉄)4号線。 ウィーン市街からウィーン川…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧27~ベルヴェデーレ宮殿②~

上宮は、「19・20世紀絵画館」として公開されており、グスタフ・クリムトの「接吻」「ユディットⅠ」などの代表作をはじめ、世紀末アートを代表する画家の作品が数多く常設展示されています。 入り口のホール。 宮殿内へは大きな荷物は持ち込めないので、私のリュックサックは不可。 なので、クロークルームへ預けなければなりませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

麗しの中欧26~ベルヴェデーレ宮殿①~

この日の最初のツアー観光は、ベルヴェデーレ宮殿。 通常開館前の早朝特別入場だそうで、7時50分にホテルのロビーに集合し、ツアーバスで観光に出発しました。 わずか数分でベルヴェデーレ宮殿上宮の門に到着。 門の両柱にはライオンと王冠の彫像、そして、門扉には凝った装飾が施されています。 門を入ると、美しい庭園の中に豪華なバロッ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧25~朝の散歩②(市立公園)~

<5日目・7月16日(月)> 宿泊ホテルのインターコンチネンタルウイーンの目の前には市立公園があるので、朝の散歩に出かけてみました。 市立公園は、旧市街の城壁が取り除かれ、リンク大通りが建設された後の1862年にオープン、ウィーン最初の公立公園だそうです。 また、園内には黄金に輝くヨハン・シュトラウス記念碑の他、音楽家の銅像や、胸…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧23~ウィーンへ~

ハルシュタット観光後、この日の宿泊地ウィーンへ向かいました。 ハルシュタット~ウィーンはおよそ300kmで、4時間。 なので、ウィーンへ着くまでゆっくりと休息をとることにしました。 ちょいと名残惜しいですが、ハルシュタットとお別れです。 バスの車窓から観たハルシュタット湖。 変化に富んだ湖畔は、まるでフィヨルドのようです^…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧22~ハルシュタット~

レストランの前は、遊覧船の船着き場になっています。 遊覧船に乗って観るハルシュタットの街並みは綺麗でしょうね。 ここで、しばらくの間フリータイムとなりましたが、残念ながら遊覧船に乗る時間はありません。 遊覧船は、満員で出航していきました^^ このカトリック教会の丘の上からの眺めは最高なんだとか。 それを聞い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧21~ザルツカンマーグート~

この日2つ目の観光地は、湖畔に広がる美しい街ハルシュタット。 ザルツブルクからハルシュタットまでは87km、ツアーバスでおよそ1時間15分です。 車中で寝ている時間はないようです^^ ザルツブルクの東にあたる湖水地方、ザルツカンマングートは数多くの美しい湖が点在し、古くから王侯貴族の避暑地として親しまれてきました。 古代から…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧20~ザルツブルク旧市街~

マカルト小橋を渡り、ザルツブルク旧市街へ入ってきました。 目の前のメンヒスベルクの丘の上に見えるのは現代美術館。 映画「サウンド・オブ・ミュージック」の1シーン。 ザルツブルクの旧市街を見下ろすこの美しい場所は、メンヒスベルクの展望台から撮られたそうです。 岩の中ををくりぬいたエレベーターで展望台まで行けるらしいですが、残念…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧19~ザルツブルク新市街~

サウンドミュージックのロケ地ミラベル庭園を出て、ザルツァッハ川南側の歴史地区を目指します。 まずは、ミラベル庭園前にあるマカルト広場へ。 中央が円形ドームなっている三位一体教会が建っています・ 広場の正面には「モーツァルトの住居」。 モーツアルトは、この家に住んだ7年ほどの間に、200余りの名曲が作ったそうです。 そし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麗しの中欧18~ミラベル庭園②~

自由行動の時間はあっという間に過ぎ、「バラのトンネル」前で集合。 ここからはツアー全体でミラベル庭園の出口に向かって歩いて行きます。 この時期のミラベル庭園は、花がいっぱい咲いていてとても綺麗です。 あちこちに色々な彫像が置かれているのもいかにも庭園らしい^^ ここからの方がホ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麗しの中欧17~ミラベル庭園①~

「イムラウアーホテルピター」での宿泊は一泊だけなので、手荷物以外の荷物はツアーバスに積み込んみ、徒歩で市内観光に出かけました。 まずは、アメリカ映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった「ミラベル庭園」へ。 やってきました「ミラベル宮殿」。 ミラベル宮殿は、17世紀初めに大司教ヴォルフ・デートリッヒ・フ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧16~朝の散歩①~

<4日目・7月15日(日)> 中欧旅行も中盤を迎えました。 早く目が覚めたので、朝の散歩に出かけることにしました。 「朝の散歩①」とタイトルを打っていますが、今回の旅行で2度目の「朝の散歩」となります。 かみさんはまだ寝ていたので、一人でぶらりとホテルを出ました。 ホテル前は、このような小さなロータリーになっています。(右…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧15~ザルツブルクへ~

駆け足でチェスキー・クルムロフの観光を終え、オーストリアのザルツブルクへ向かいました。 チェスキー・クルムロフからザルツブルクまでは201km、ツアーバスでおよそ3時間。 この日は、プラハ~チェスキー・クルムロフ~ザルツブルクと、およそ400km、6時間のバス移動となります。 チェスキー・クルムロフの観光が1時間30分というの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧14~チェスキー・クルムロフ城~

チェスキー・クルムロフ城へ続くラトラーン通りの坂道をだらだらと上っていきます。 坂道をほぼ登り切ったあたりで、トイレ休憩と10分ほどフリータイム。 かみさんはウインドショッピングへ出かけましたが、私はベンチに座って体力温存^^; いよいよチェスキー・クルムロフ城観光。 うっかり、お城へ入る門(赤門)と「第一の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧13~チェスキー・クルムロフ旧市街②~

しばらくすると雨もやんだので、再びツアー観光スタート。 中欧旅行中、このようなスコールのような雨に何度か見舞われました。 水車のあるBar。 旧市街の中心にあるスヴォルノスティ広場。 広場の周りには、ルネサンス様式から初期バロック様式まで様々な建物が並んでいます。 ガイドさん曰く、「この広場はいつも観光客で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧12~チェスキー・クルムロフ旧市街①~

<3日目・7月14日(土)> 歳のせいなのでしょうか、昨日のプラハ観光はとても疲れました。 なので、この日の朝の散歩はやめることにしました。 添乗員の多賀さんによると、「ヨーロッパツアーで3大しんどい観光地」は、スペインのトレド、イタリアのベネチュア、そしてチェコのプラハだそうです。 そういえば、数年前に行ったトレドも坂道が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧10~ヴァルタヴァ川クルーズ②~

同じ船会社のボートとすれ違いました。 さらにクルーズはヴァルタヴァ川へと続く運河へと入っていきます。 小さなボートなので、狭い運河へも入っていくことが出来るのですね。 こんな動物たちも間近に見ることが出来ました。 こちらはビーバーですかね? ボートは再びヴァルタヴァ川の本流へ戻ります…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧9~ヴァルタヴァ川クルーズ①~

今回のツアーでは、プラハ、ウィーン、ブダペストの3都市で半日のフリータイムが設定されていました。 なので、プラハではミューシャ美術館→クレメンティヌム→ヴァルタヴァ川クルーズと廻り、最後はウ・ピンカスーで夕食を食べようなんて計画していました。 まず、市内を移動するために、市民会館前のスタンドで市内公共機関共通チケットを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧8~旧市街②~

市民広場から東に歩いて行くと、ゴシック様式の黒っぽい塔が見えてきました。 この塔は15世紀後半にプラハ旧市街の入り口として建てられた塔ですが、17世紀に火薬置き場として使ったことから「火薬塔」と呼ばれています。 火薬塔の隣のアールヌーボー様式の建物は市民会館。 もともとは歴代の王の宮廷があった場所で、17世紀の大火事で焼け…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more