花隈城

10月27日(金)
神戸元町に用事があったので、阪急・神戸高速の花隈駅で途中下車して花隈城へ行って来ました。

花隈城は、織田信長系列の城郭であるようですが築城時期は諸説あり、永禄11(1568)年に和田惟政か、天正2(1574)年に荒木村重のどちらかが築いたと考えられているようです。

JR高架下から見た花隈城。
この石垣、電車で通るたびに気になっていたのですが、残念ながら遺構は兵庫城築城に転用されほとんど残っておらず、石垣は全て模擬だそうです。
画像


模擬石垣の中は、駐車場として活用されています。
画像


なかなか立派な石垣です^^
模擬なのが残念><
画像

画像


「花隈城跡」ではなくて、「花隈公園」とありますが・・・
画像

階段を上ってみることにします。
画像

おぉ!途中からスロープになっています。
画像


石垣の上は結構広い公園になっていました。
画像

ここにようやく「花隈城跡」のプレートを見つけました。
画像


少し離れたところには碑がありました。
画像


この天守台も模擬です。
画像

天守台から見た神戸元町の町並みとJRの高架。
画像


登ってきた逆の北側から石垣を下りていきます。
石垣を下りると、お地蔵さんを祀った祠が建っています。
画像

登ってきた南側の石垣とは少し違った雰囲気です。
画像

画像

画像


花隈城は荒木村重が織田信長に謀反を起こした「有岡城の戦い」で敗走したのちに、さらに籠城して戦った「花隈城の戦い」の舞台となった城です。
この合戦で城を落城させた池田恒興が、その功により花隈城を与えられますが、恒興は兵庫城を築城したため、花隈城は廃城となりました。
兵庫城の築城にあたっては、花隈城の部材を転用したと伝えられています。

"花隈城" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント