秋の北関東旅行㉓~富岡製糸場~

この旅行最後の目的地は、世界遺産に選定されている「富岡製糸場」。
DSC07374.JPG
富岡製糸場は、1872年(明治5年)に群馬県富岡に設立された日本初の本格的な機械製糸の工場です。
日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などにも大きく貢献した工場であり、敷地を含む全体が国の史跡に、初期の建造物群が国宝および重要文化財に指定されています。
また、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、2014年6月21日の第38回世界遺産委員会(ドーハ)で正式登録されました。
DSC07375.JPG
敷地内には開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存しています。
DSC07376.JPG

案内表示板の順路に従って見学します。
<東繭倉庫(東置繭所)>
なんとこの建物は国宝!
主に2階部分が繭置き場に使われていました。
DSC07382.JPG
たくさんの窓がありますが、大量に保存する繭にカビなどが生えないよう、風通しを最大限によくするための設計になっているんだそうです。
DSC07389.JPG
一階部分は、富岡製糸場の変遷や製糸の過程などがパネルなどで詳しく説明されているスペースになっています。
DSC07377.JPG
明治時代の繰糸場の様子(パネル)
DSC07378.JPG
富岡製糸場設立についてのVTRが放映されていました。
設立に中心的にかかわったポール・ブリューナというフランス人技術者の視線で、設立の様子が描かれていました。
DSC07379.JPG

<検査人館>
ブリューナがフランスから連れてきた男性技術指導者たちの宿舎として建てられたものだそうです。
DSC07385.JPG

<女工館>
こちらは、ブリューナがフランスから連れてきた教婦(女性技術指導者)たちのために建てられたもの。
DSC07391.JPG

<繰糸所>
こちらも国宝!
操業当初はフランス式の繰糸器300釜が設置され、世界最大規模を誇りました。
DSC07393.JPG
DSC07395.JPG
DSC07405.JPG

<首長館>
フランス人指導者ポール・ブリュナが契約満期まで家族と暮らしました。
DSC07408.JPG
DSC07409.JPG

<寄宿舎>
木造2階建ての女子寄宿舎で「浅間寮(右)」と「妙義寮(左)」の2槽の宿舎が建っています。
DSC07412.JPG
DSC07414.JPG

「富岡製糸場」といえば、歴史の教科書の「明治維新の官営工場」あたりでちょろっと出てきた程度でしたが、ここでは歴史や昔の技術など詳しく知ることが出来、思っていた以上に楽しむことができました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2021年11月28日 09:33
富岡製紙工場は、目的を持って訪ねている
ので記憶が強いですね。

世界遺産に選定された丁度1年後の5月1
5日に訪れています。

時あたかも大河ドラマで「花燃ゆ」で富岡
製紙工場が舞台となっていました。

更に東京のかんぽの宿青梅で兄弟会も計画
していました。

亡くなったばかりの6男の奥さんから納骨
済ませたと、新設墓地のパンフレットが送
られてきた年でした。

併せて4男の墓地も訪ねることにしました。

小樽からフェリーで新潟へ、高岡から少し
入ったかんぽの宿磯部で最初の一泊。

そこから僅かな地区に富岡製紙工場があり、
世界遺産選定後、大河ドラマ放映中ともあ
って人気沸騰していました。

駐車場が大変だと早めに訪れたのですが、
近場は満車でやっとやや遠いところに滑り
込みました。

さて現地に手押し車で訪れるさい、同じ目
的の人々が列をなして向かっていました。

到着すると修学旅行、団体客で一杯、入場
を制限していました。

ちゃっかり団体客に便乗して、解説を聞き
ながらブログの写真通りつぶさに見学出来
ました。

それだけに懐かしく当時の記憶が蘇ってき
ます。
2021年11月28日 18:47
北関東の世界遺産、100名城を着実に巡られたのですね。
一気にこれだけ回るのが凄いです。フットワークがありますね。
関東人にとって、日光と富岡製糸場を一緒の旅で行くという感覚は無いです。
ポール・ブリューナは、大河ドラマ「青天を衝け」にも少し出てきますね。尾高惇忠が最初の場長で。大河ドラマで、また人気が上がっているのではないですか。
2021年11月28日 23:33
世界遺産にも登録された
富岡製糸場
立派ですね

製糸というと 野麦峠のような
劣悪な労働環境を想像してしまいますが
こちらは近代化という感じが伝わって
きます
でも 実際は大変な労働だったのでしょうね・・・
2021年11月30日 09:52
kunityanさん、おはようございます。
大河ドラマ放映当時は大変な観光客の数だったのですね。
製糸場の周りにはたくさんの駐車場がありましたが、我々は一番近い駐車場に停めることができました^^
敷地の奥には「鉄水溜」などの施設もあったようですが、残念ながら見逃してしまいました><;
OZMA
2021年11月30日 09:57
ミクミティさん、おはようございます。
関西から関東へは滅多に行けないので、欲張った計画をたててしまいました。
お陰で、結構見逃した名所もたくさんあります^^;
大河ドラマ「晴天を衝け」は見ていないので、レンタルショップで探して見てみたいと思っています。
OZMA
2021年11月30日 10:19
おとめさん、おはようございます。
当時としては先進的な七曜制の導入と日曜休み、年末年始と夏期の10日ずつの休暇、1日8時間程度の労働で、工女たちの労働環境は充実していたそうですね。
しかし、三井家の経営に変わってからは、労働時間は徐々に延ばされていったそうです。

富岡製糸場は、我が国の産業の近代化に貢献した功績は大変大きいいですね。