淡路へ一泊旅行①~まずは昼飯~

兵庫県も4度目の緊急事態宣言が発令され、県内全域で酒類を提供する飲食店に対して休業を要請されることになりました。
「外飲み派」のおっちゃんたちにとっては、辛いことこの上ない・・・

8月20日(金)
幼馴染のShiから「外飲み」のお誘い^^
仕事帰りに週に5日は「外飲み」をやってるShiにとってはかなりストレスが溜まっているようですw
緊急事態宣言中ではありますが、旅館で一泊すれば食事時にお酒を提供してくれるそうです。
私はこの日の午後は絵画教室の予定でしたが、サボってShiと淡路へ一泊旅行へ出発♪
緊急事態宣言中なので、ちょいと気が引けますが、私もこのところ「巣ごもり生活」が続いていたので、気分転換^^
DSC06401.JPG

昼過ぎに淡路へ到着。
ランチは、以前D夫妻に連れて行ってもらった「いずも庵」で。
まずはこのお店の名物、玉ねぎが丸ごと入った「玉ねぎつけ麺」を2人前注文。
DSC06403.JPG
ナイフとフォークで丸ごと玉ねぎを崩して、細麺のうどんといっしょにいただきます。
DSC06404.JPG
Shiの大好物の「生しらす丼」も追加注文。
DSC06402.JPG

食後、本日宿泊する旅館を予約するために電話しましたが、一件目の旅館では食事はレストランで出されるため酒の提供はしないとのこと。
2件目の旅館は部屋食を用意してくれるので、酒の提供はOKとのこと。
良かった~♪
ここまで来て、酒を飲まずに帰るのはちょいと厳しいw

この日の宿泊は洲本温泉に決まり♪
淡路島南東部の洲本市へLet'go!

雨が降っているので、観光はちょいと無理かなぁ・・・
DSC06405.JPG
この橋を渡れば、洲本温泉はもうすぐです♪
DSC06407.JPG
まぁ、主たる目的は「外飲み」なので、観光しなくてもいいか^^

次稿へ続く>>>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2021年08月29日 20:36
矢張り緊急事態宣言中は後ろめたい気が
しますね。

それでもちょっぴり羨ましい気持ちもあ
るかな?

私も道南宅に我慢に我慢を重ねて、宣言
が解けてやっと7月に行きました。

8月にも行こうと思った途端、再度の宣
言で回避です。

近所の方に札幌NOでは気が引けますか
らね。

四国は3度回っていますので、興味深く
拝見させていただきます。

玉ねぎは天婦羅にしているのでしょうか?

これをつけ麺にするとは面白い、出しが効
いて美味しそうです。

札幌の郊外に南幌温泉がありますが、ここ
の玉葱丼があります。

その天婦羅たるや、楼閣のようにうず高く
盛られています。

一寸食べきれないような量です。

シラス丼は鎌倉が有名です。

ふと思い出しています。
kunityan
2021年08月30日 06:03
夜中に目を覚ました時に、不思議に洲本市が
淡路島であることに気づいた。

朝起きてタイトルを見ると淡路へと書いてい
ました。

四国と簡単に思ってしまったんですね。

淡路島は最初に四国へ渡った時、往復しただ
けでした。
2021年08月30日 22:51
こんばんは
自粛生活2年ですからね…
気持ちにも影響してきますよね…

温泉にはいって おいしいもの
食べながら お酒も飲んで
1泊でも 良い気分転換ですね♪
OZMA
2021年08月31日 07:08
kunityanさん、おはようございます。
「玉ねぎつけ麺」の玉ねぎは丸ごと天ぷらにしています。
初めはうどんの天ぷらには海老天やろうと、何となくバカにしていましたが、ころもに出汁がしみ込んで、細麺のうどんと一緒に食べるとなかなかイケます。
今度、淡路にお越しの際はぜひご賞味ください。
OZMA
2021年08月31日 07:14
おとめさん、おはようございます。
「緊急事態宣言中、旅行なんてちょいと不届きかなぁ・・・」と思いつつ、Shiの押しに負けてしまいました><

明石から淡路はとても近いので、一泊することはほとんどありませんでした。
「外飲み」するために近場で一泊なんて、酒の魔力は恐ろしいものですw

この記事へのトラックバック