しまなみ海道から道後温泉へ㉒~帰路~

別子銅山跡の観光を終え、帰路につきました。 愛媛県新居浜市から香川県坂出市へ。 今回は、瀬戸大橋から本州へ渡ることにしました。 いよいよ「瀬戸大橋」を渡ります。 瀬戸大橋には道路と鉄道が通り、鉄道道路併用橋としては世界最長で「世界一長い鉄道道路併用橋」としてギネス世界記録(2015年)にも認定されているそうです。 …
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ㉑~マイントピア別子2~

対向車とすれ違うこともままならないような険しい山道を10Kmあまり上っていくと、ようやく「東平地区」の駐車場に到着。 駐車場は結構広いですが、運転に自信のない人は端出場地区から出ているツアーバスで行かれるのが無難でしょうね。 クルマを降りるとすぐに「プラットホーム跡」があります。 上の煉瓦造りの建物は保安本部跡で、現在は「マイン工…
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑳~マイントピア別子1~

松山市から新居浜市にある別子銅山跡へ向かいました。 別子銅山は、1690年(元禄3年)に発見され、翌年から1973年(昭和48年)までの282年間に約70万トンの銅を産出し、日本の貿易や近代化に寄与したそうです。 また、現在は「マイントピア別子」として、別子銅山採鉱本部跡地を利用した鉱山観光のテーマパークとなっており、最後の採鉱本部…
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑲~秋山兄弟生誕地~

ぎやまんガラス美術館を後に次に向かったのは「秋山兄弟生誕地」。 松山へ来たからには、ここは是非とも訪れておきたい場所でした。 「秋山兄弟」とは好古(兄)と真之(弟)のことで共に日露戦争を戦い抜き日本の勝利に貢献した軍人です。 司馬遼太郎の歴史小説『坂の上の雲』は秋山兄弟と真之の友人である正岡子規の人生を主軸に、近代日本の時勢を…
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑱~ぎやまんガラス美術館~

ホテルをチェックアウトし、「ぎやまんガラス美術館」へ向かいました。 「道後山の手ガーデンプレイス」内にあり、美しいイングリッシュガーデンが観られます。 美術館への通路にはガラスタイルが埋め込まれてり、壁にはモダンアートが飾られて、美術館らしい雰囲気を醸し出していました。 そして、天井からはたくさ…
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑰~道後温泉本館「神の湯」~

<3月9日(火) 3日目> 旅行最終日。 朝早く起きて、道後温泉本館で朝風呂に入ってきました。 道後温泉本館は、日本最古といわれる道後温泉のシンボルで、「神の湯」に代表される温泉施設です。 道後温泉本館の一番の魅力は、日本の公衆浴場として初めて、平成6年(1994)に国の重要文化財に指定されながら、博物館化せずに現役の公衆浴…
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑯~鯛将~

2日目の夕食は、1泊目の富士見園で教えてもらった「鯛将」へ行ってきました。 富士見園の女将さんの息子さんが道後温泉でやっているお店なんだとか。 『「富士見園で聞いてやって来ました」と言うと何らかの特別なサービスがあるかもしれませんよ』なんていう言葉につられてやって来てしまいました^^ お店へ入って、富士見園で教えてもらった通り…
コメント:7

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑮~茶玻瑠~

2日目の宿泊ホテルは、「茶玻瑠」。 このホテルは、昨年6月にかみさんと四国一周旅行をしたときに泊まったホテルです。 このホテルを選んだ第一の理由は、道後温泉本館や商店街に近いこと。 昨年の記事はこちら→四国一周旅行33~道後温泉「茶玻瑠」~ ↑この時は、お部屋をグレードアップしてくれていて感激しましたが、今回はグ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑭~道後温泉散策~

ホテルのチェックインまでまだ時間があるので、道後温泉を散策してきました。 初めて道後温泉へ来たとき、この建物は新たに出来たものだと思っていたのですが、古い建物を改修するために囲っていたものだったのですね。 工事車両の出入り口から、改修中の建物が見えます。 道後ハイカラ通りへ。 小説「坊ちゃん」の登場人物たちの人形が並…
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑬~圓満寺~

来た道を戻り、松山市へ。 松山城、またやって来ましたよ♪ チェックインまではまだ少し早いので、ホテルの駐車場にクルマを置いて道後温泉を散策しました。 まずは、宿泊ホテルの隣にある園満寺へ。 とても小さなお寺なのですが、恋愛に御利益があるそうです。 還暦過ぎのぢぢばばには、もう関係ないか^^; 812(弘仁…
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑫~海沿いに広がる菜の花~

JR下灘駅を出て、海沿いを少し走った道沿いにたくさんの菜の花が咲いていました。 スマホやカメラでこの景色を撮っている人たちがいたので、我々も空いているスペースにクルマを停めました。 幹線道路から中に入った道から撮ったので、こんなアングルになってしまいましたが、このあたりから幹線道路沿いにかなり長い距離の間に咲いていました。 …
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑪~JR下灘駅~

来島海峡大橋を越え、今治市へ。 来島海峡大橋は、大島と今治の間約4kmの来島海峡に架かる総延長4.1kmの3つの吊橋の総称です。 ようやく四国本島へ入り、今治市から松山市を越え、伊予市のJR下灘駅へ向かいました。 海岸沿いを走るのは気持ちが良い♪ 予定よりも少し遅れてJR下灘駅に到着。 駐車場はちょうど一台分だけ空…
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑩~亀老山展望台~

四国本島の手前の大島で高速道路を下り、前日行けなかった亀老山展望台へ向かいました。 大島南インターから標高307.8mの亀老山の山道をくねくねと10分ほど上っていくと、いきなり眺望が開け、カーブを曲がると来島海峡大橋が一望できる展望公園の駐車場へ到着します。 展望台からは、写真で観た通りの来島海峡の絶景が広がっています。 …
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑨~大山祇神社~

富士見園を出発して、同島にある大山祇神社へ向かいました。 大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、全国にある山祇神社(大山祇神社)の総本社なのだそうです。 駐車場のすぐ前が境内入口(二の鳥居)です。 そして、総門。 左手には、十七神社(愛媛県指定文化財)。 知らなかったので観ませんでしたが、内陣には重要文化財指定…
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑧~富士見園2~

この日の夕食は宿食。 食事会場になっているの2階の大広間でいただきました。 この日の夕食メニュー。 前菜と酢の物。 造り。 伊勢エビは、まだ生きていてピンピン跳ねていました。 この食事会場ではテーブルごとに仕切られていて、コロナ対策とお客のプライバシーが守られるよう配慮されていました。 しかし、隣のおっ…
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑦~富士見園1~

村上海賊ミュージアムの次に同島にある「亀老山展望台」へ行く予定でしたが、この日はあまり天候が良くないので、予定を変更して早めに宿泊旅館に行くことにしました。 1日目の宿泊は、大三島にある「富士見園」さん。 2階の角部屋で、明るくて広いお部屋だったのですが、エレベーターがないのがちょいと辛い>< お部屋はこんな感じ。 …
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑥~村上海賊ミュージアム~

大三島からしまなみ海道で最も四国本島寄りの大島へ。 大島では、村上海賊ミュージアムを見学しました。 和田竜さんの「村上海賊の娘」のプレート。 村上景親公もコロナでマスクをしとりますな。 村上海賊が使用していた小型船を復元した小早船。 海賊と言うからにはもっと大きな船を想像していたのですが・・…
コメント:2

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑤~未来心の丘~

耕三寺博物館の敷地内の一番奥には、「未来心の丘」という5,000平方メートルもの広さで整備された大理石の庭園があります。 かみさんは、ここへ一番行きたかったのだそうです。 丘への階段横にはエレベーターがあるので、ラクチンです。 頂上までは、もう少し階段があります^^; 「未来心の丘」は、耕三寺博物館の芸術活動…
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ④~耕三寺博物館~

因島から再び高速道路に乗り、隣の生口島へ。 生口島では、耕三寺へ行ってきました。 耕三寺は、耕三寺耕三という人が母の菩提寺として建立した浄土真宗本願寺派の寺院なのだそうです。 また、山門・本堂をはじめ15の建造物が国の登録有形文化財として登録されており、仏像、書画、茶道具などの美術品・文化財を多数所蔵し、寺全体が1953年…
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ③~因島水軍城~

かみさんが撮ってきた「因島水軍城」の写真を掲載します。 村上水軍には「因島村上」「能島村上」「来島村上」の3家があり、室町時代から戦国時代に、布刈瀬戸と尾道水道を通る船から帆別銭(通行税)を徴収し、また、室町幕府や有力守護大名などから海上警固を命じられたりして勢威をふるったということです。 因島資料館から観た因島水軍城。 …
コメント:2

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ②~因島資料館・金蓮寺~

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60kmの自動車専用道路で、西瀬戸自動車道、生口島道路、大島道路からなります。 向島を越え、因島南ICでいったん下り、最初の目的地の因島水軍城へ向かいました。 因島水軍城は、因島にある村上水軍の資料館。 この位置には過去に天守が存在していたことはなく、いわゆる城郭風建築…
コメント:7

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ①~まずは尾道へ~

久し振りに旅行してきました。 今回は、かみさんが前から行きたいと言っていた「しまなみ海道」で一泊、そして道後温泉で一泊の2泊3日の旅でした。 <3月7日(日) 1日目> 8:00 予定通り自宅出発。     山陽自動車道を西進し、途中吉備SAでトイレ休憩。     ランチに尾道ラーメンを食べるために、いったん高速道…
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ~旅程

関西など6府県で緊急事態宣言が解除されたので、明日から久し振りに旅に出ようと思います。 2泊3日で、しまなみ海道~道後温泉へ行ってきます。 昨年から道後温泉へは三度目になります。 今回の旅程は以下の通り。 <1日目 3月7日(日)> 午前 マイカーで自宅発。    尾道着 昼食。 午後 しまなみ海道観光。    因島…
コメント:2

続きを読むread more