しまなみ海道から道後温泉へ㉑~マイントピア別子2~

対向車とすれ違うこともままならないような険しい山道を10Kmあまり上っていくと、ようやく「東平地区」の駐車場に到着。
駐車場は結構広いですが、運転に自信のない人は端出場地区から出ているツアーバスで行かれるのが無難でしょうね。
クルマを降りるとすぐに「プラットホーム跡」があります。
上の煉瓦造りの建物は保安本部跡で、現在は「マイン工房」として銅版画やレリーフ作りなどが体験できるようになっているそうです。
DSC05024.JPG
DSC05023.JPG
DSC05022.JPG
ここは軽く流して、体力温存^^;
DSC_0270.JPG

<インクライン跡>
ここを下ってメインの場所まで行くのですが、「行きはヨイヨイ帰りは怖い」ですな・・・^^;
DSC04993.JPG
DSC04991.JPG
DSC04992.JPG
途中、脇道がありました。
220段一気に下るより、こちらから行ってみることにします。
DSC05016.JPG
DSC04995.JPG
DSC05014.JPG
貯鉱庫跡:この巨大な石積は、貯鉱庫のあったところです。
坑内から運び出された鉱石をは、索道基地から下部鉄道黒石駅(昭和10年からは端出場)に運搬されるまでの間、ここに貯められていました。
(現地看板より)
DSC04996.JPG
DSC05013.JPG
さらに階段(インクライン跡)を下って「索道基地跡」前へ到着。
DSC05018.JPG
DSC05004.JPG
DSC05010.JPG
DSC05007.JPG
DSC05009.JPG
さて、220段の階段(インクライン跡)を上って駐車場まで戻ります
><;
DSC05011.JPG
ハァ、ハァ、ハァ・・・ようやく駐車場へ戻ってきました。
上から見た貯鉱庫跡と索道基地跡。
DSC05020.JPG
「別子銅山跡」、なかなか面白い場所でした。
しかし、「東洋のマチュピチュ」というのは、ちょいと無理があるかも・・・
世界遺産に登録されるといいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2021年03月30日 16:26
世界遺産を目指すとあってさすがと思う
景観ですね。

峡谷沿いの凄みを感じる圧迫感が伝わっ
てきます。

終戦後JR夕張線の終着駅に勤務して
いました。

市街地から山間を登った位置にありま
した。

事務室から毎日見る景観は、直ぐ近場
の坑内から運ばれてくる石炭を、積み
込む引込み線がありました。

駅の前後に住宅が山の急斜面にへばり
つく様に住宅が上に伸びていました。

北炭との定期打ち合わせ会で、これ等
の住宅中にある炭鉱集会場の建物に辿
り着くのに息も絶え絶えになった思い
出が蘇ります。

2021年03月30日 22:40
こんばんは♪
なかなか趣がありますねぇ
世界遺産に登録されても良いかも!
って感じです!
OZMA
2021年03月31日 11:52
kunityanさん、こんにちは。
別子銅山採鉱本部が置かれていた東平地区も夕張炭鉱のように、かつて多くの人が鉱業に従事し、その家族共々生活し、小中学校まであった「街」があったそうです。
夕張市も新居浜市もこのような採掘場のおかげで発展できたのでしょうね。
OZMA
2021年03月31日 12:00
おとめさん、こんにちは。
「マチュピチュ」と比べるにはちょいと気の毒ですが、世界遺産に登録された石見銀山と比べても遜色ないように思いますね。
世界遺産に登録されると良いですね。