「サークル・ゲーム」&「いちご白書をもう一度」

前稿の続き・・・
「いちご白書」を観て、映画の挿入歌「サークル・ゲーム」のレコードを買ってきました。
映画の内容だけでなく、この曲のメロディーや歌手の歌声の美しさにも感動でした^^
いちご白書~サークル・ゲーム[EPレコード 7inch] - バフィー・セントメリー
いちご白書~サークル・ゲーム[EPレコード 7inch] - バフィー・セントメリー
「サークル・ゲーム」は、カナダのジョニ・ミッチェルが作詞作曲し、バフィ・セント=メリーが1967年に発表したカバー・バージョンが映画に使われていました。

バフィ・セントメリーはアメリカ原住民(インディアン)の血を引くカナダ人で、女性シンガーソングライターとしてだけではなく、プロデューサー、教育者、社会運動家として多岐にわたって活躍しています。
OIP.jpg

では、「いちご白書」の画像と共に、バフィ・セントメリーの美しい歌声を聴いてみましょう♪


そして、「『いちご白書』をもう一度」(1975年)は、フォーク・グループのバンバンがリリースし、大ヒットしたのは有名ですよね。
前述の『いちご白書』をもとに荒井由実時代の松任谷由美が作詞・作曲した曲で、この曲も大好きです。
アップテンポの「サークル・ゲーム」とは違って、スローテンポな曲ですが、この曲を聴くとやっぱり若かりしあの頃が鮮やかに蘇りますw

それにしても、ばんばひろふみ、若いw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2020年10月14日 18:05
前回のコメントでイメージとして脳裏に
残っていたと申し上げ、映画の製作年月
日を見て一転錯覚と思いました。

今回日本版の松任谷由さんの作詞作曲で
紹介頂き、音楽のイメージととして残っ
ていたのでしょうね。

レンタルビデオで自家製映画館も悪くは
ありませんね。

原節子や笠智衆の映画を見たい願望も、
無い訳ではありませんが。
OZMA
2020年10月14日 21:07
kunityanさん、こんばんは。
レンタルビデオショップでは、最新の映画のソフトはありませんが、古いモノはたくさんあります。
ただし、お目当てのソフトを探すのが大変ですがw
レンタルビデオは、お安いし、好きな時に観られ、途中でストップすることも出来ますから、私はコレばっかりです^^
2020年10月14日 22:04
こんばんは
サークルゲーム 
初めて聞きました!
いちご白書をもう一度みたいに
しみじみした曲かと思ったら!

いちご白書をもう一度は荒井由実の
作詞作曲なんですね
つい数日前 松任谷由実さんがテレビで
荒井由実時代 すごく売れてたのに
松任谷さんと結婚して暫く売れなくなったのが
角川映画の主題歌からまた売れる様になった
なんて言ってました
OZMA
2020年10月15日 11:32
おとめさん、こんにちは。
「いちご白書をもう一度」は知っているのに、「サークルゲーム」を知らない方が多いようですね。
「いちご白書」を観ていただければ、「いちご白書をもう一度」の良さがさらに増すのではないでしょうか^^

そういえば、荒井由実の頃は好きな曲がたくさんあったのに、松任谷になってからは知らない曲が多いです。
ふにふに
2020年10月20日 11:15
いちご白書はビリー・バンバンの曲から映画のことを知り、当時某大学の学園祭でも上映されました。
主演の大学生の金髪銀縁メガネにひかれ
やはり最後のシーンは今でも覚えています。
ホントに若かりし頃を思い出しました。
2020年10月20日 17:47
ふにふにさん、拙ブログにご訪問ならびにコメントありがとうございます。
主役のブルース・ディヴィソンやキム・ダービーは、「いちご白書」以来、色々な映画やテレビドラマで活躍したていたそうですが、残念ながら私は一度も彼らの出演する映画を観たことがありませんでした。
あれから50年、も我々も歳をとりましたが、彼らもいいお爺さん、お婆さんになっているのでしょうね。