四国一周旅行36~萬翠莊~

坂の上の曇ミュージアムのすぐ隣が「萬翠莊」へのゲート。
左の建物は管理人舎でしょうかね?
植木が丁寧に剪定されています。
DSC02813.JPG
敷地内の坂道をぐるりと上ると「萬翠莊」に到着。
DSC02814.JPG
萬翠荘は、大正11年(1922年)旧松山藩主の子孫にあたる久松 定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が、別邸として建設したものです。
陸軍駐在武官としてフランス生活が長かった定謨伯爵好みの、純フランス風の建物は、当時最高の社交の場として各界名士が集まり、皇族方がご来県の際は、必ず立ち寄られたところであります。また、裕仁親王(後の昭和天皇)の松山訪問に合わせ、完成を急がせたとも伝えられております。
萬翠荘は戦禍を免れ、建築当時の様子をそのまま残す貴重な建築物として、昭和60年(1985年)に愛媛県指定有形文化財となりました。
その後、平成23年(2011年11月29日)に萬翠荘本館と管理人舎の2棟が国重要文化財に指定されています。
(「萬翠莊」HPより抜粋)

玄関前には人力車が停めてあります。
久松公が使ったものなのでしょうか?
DSC02815.JPG

建物内の観覧料は大人一人300円とあります。
私は豪華な家具には興味がない^^;
なので、建物の中には入りませんでした。
興味のある方のために、Wikipediaより画像を借りてきて貼っておきます。
BansuisoIndoor1.jpeg
BansuisoIndoor2.jpeg
1280px-BansuisoIndoor3.jpeg

庭園の奥に珈琲ショップを見つけたので、ここでちょいとコーヒーブレイクすることにします。
DSC02822.JPG
この珈琲ショップ、愛松亭「漱石珈琲店」といって、文豪夏目漱石がよく通っていた珈琲ショップらしいです。
愛松亭「漱石珈琲店」HP
店内には、漱石の写真や書が飾られてありました。
DSC02821.JPG
コーヒーを飲みながら、文豪になった気分でBlogのネタでも考えようかなw
DSC02818.JPG
DSC02819.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kunityan
2020年08月26日 07:00
名だたる幕府藩主の威力誇示するための
公園内の建物は、観光のさい目にするこ
とはありますが、幕府滅亡後の藩主の末
裔が立てた別邸を見るのは初めてですね。

明治維新後、子爵関係の別荘が経済的に
苦しくなり、民間に払い下げられ営業的
建物に変身した姿を見ていますが。

このように料金を得ながら存続している
建物もあるのですね。
OZMA
2020年08月26日 11:22
kunityanさん、こんにちは。
神戸にはかつて外国人居留地があり、外国人が建てた洋館がたくさんありますが、日本人が建てたという洋館はあまり見かけませんね。
しかし、クルマではなく人力車が使われていたというのは日本人らしいですねw
2020年08月26日 21:50
こんばんは~
素敵ですね!
萬翠荘! 漱石珈琲店も♪

私も行ってみたくなりました!
OZMA
2020年08月27日 06:48
おとめさん、おはようございます。
松山には見所がたくさんありましたが、「坊ちゃん列車」にも乗っていないし、「道後温泉本館」も「晩翠莊」も外から見ただけでした。
松山では、2泊すればもっとゆっくり観光出来たのにと思いました。
おとめさんの「松山観光の記事」楽しみにしています♪
2020年09月16日 22:44
あら、お茶だけですか(笑)
私は建物好きなので是非見学してからお茶にしたいです
きっと中は素敵やと思います
OZMA
2020年09月17日 06:33
とまるさんは建物の内装もお好きでしたよね。
私は建物の外観が好きなので、内装は見なくてもOKなのです。
お城は、出来るだけ天守のてっぺんまで行くことにしていますがw

この記事へのトラックバック