魅惑の国トルコへ30~ウチヒサール~

ギョレメ野外博物館の次に向かったのは、ウチヒサール。
バスの車窓から見たウチヒサールの奇観です。
DSC00831.JPG
IMG_5558.JPG
IMG_5559.JPG

我々の宿泊ホテルもウチヒサール地区にあるのですが、バスが到着した所はホテルから少し離れた高台でした。
DSC00842.JPG
DSC00843.JPG

宿泊ホテルは、あの高台の向こう側の斜面に建っているのだと思われます。
InkedIMG_5566_LI.jpg
DSC00844.JPG

木に青いガラスの目玉がたくさんぶら下がっています。
これは、「ナザール・ボンジュウ」と呼ばれる魔除けの一種。
大昔から中東やヨーロッパの地中海地方には「羨望のまなざしにさらされると悪いことがおきる」というような言い伝えがるそうです。
呪いから身を守るのに使われるのが、この「青い目のお守り」なのです。
DSC00840.JPG
DSC00841.JPG

土産物屋の隣にトルコアイスの屋体がありました。
IMG_5562.JPG
びよ~ん♪
DSC00836.JPG
トルコアイスのパフォーマンス。
なかなかもらえませんw
DSC00837.JPG
添乗員さんからトルコアイスをご馳走になりました。
みなさん、美味しそうにいただいておりますw
InkedDSC00839_LI.jpg







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2019年07月26日 12:42
とにかく奇岩というか、奇景が続きますね。

おまじないをしたくなる雰囲気が漂ています。

そんな中でアイスクリームのパフォーマンス
心がほぐれますね。

お味はどうなのかな?
OZMA
2019年07月26日 16:34
kunityanさん、
トルコアイスがお餅のように伸びるのは、トルコ山岳部に自生するラン科植物「サイハイラン」の球根に含まれる澱粉を材料に使っているからなんだそうです。
また、暑くてもアイスが融けないようにするために粘り気を持たせたといわれているそうです。
2019年07月27日 21:16
素敵な風景ですね
見応えありそうです

青い目のお守り仕事場にあります
何かな?って思ってました(笑)

トルコアイスのパフォーマンスで焦らされながらもらったんですね
おとめ
2019年07月29日 12:26
↑青い目のお守り 有名ですね♪
でも こんなにいっぱいだと
ちょっと怖いような…

トルコアイス 不思議ですよねぇ
トルコのヨーグルトも 独特ですし
どちらも ねば~ びよ~ん ですね♪
OZMA
2019年07月30日 10:28
とまるさん、
仕事場のどなたかがトルコに行かれたお土産だったのでしょうね。
職場のみなさんに、「ナザール・ボンジュウ」のウンチク教えてあげてくださいw
OZMA
2019年07月30日 10:36
おとめさん、
この「ナザール・ボンジュウ」お安いので、「ばらまき土産」に良いかななんて思ったのですが、あげる人が気味悪がるのではないかと思い、結局買うのをやめましたw

トルコアイス、一時日本でも流行りましたよね。
トルコアイスは、今後日本でも食べる機会があるかもしれませんが、トルコのヨーグルトはちょいと珍しいと思います。