魅惑の国トルコへ22~ランチ③~

コンヤからカッパドキアまで230Km、約3時間。
車窓からは珍しい景色が見られて退屈はしませんでした。
途中、アナトリア伝統料理のレストランでランチ。
「アナトリア」とは、トルコのアジア部分のおおよその地域で、カッパドキアは中央アナトリアになります。
そういえば、旅行前に見たDVD「おじいちゃんの里帰り」では、おじいちゃんはアナトリア出身でしたね。

ツアーバスは、レストランの駐車場に停車。
おぉ!なかなか雰囲気の良さそうな洞窟レストランじゃないですか♪~
DSC00674.JPG
と思いきや、我々のレストランはここではなくて、この上の坂道を歩いて行ったところにあるそうです。
道幅が狭いので、大型バスは通れないからなんだとか><
ふむ・・・我々がランチをいただくレストランはここですか・・・・
DSC00673.JPG
壁にあったブリキの飾り?・・・なんじゃこれは??
IMG_5423.JPG
なぁんだ、洞窟レストランじゃなさそうですね^^;
IMG_5422.JPG
DSC00659.JPG

お店の中は、洞窟の雰囲気ですw
InkedDSC00662_LI.jpg
InkedIMG_5420_LI.jpg

さて、「アナトリア伝統料理」とはどんなものでしょうかねぇ?
まずは、野菜サラダ。
少し香辛料のような物がかかっているように見えますが、よく分かりません^^;
やっぱり、レモンを搾っていただきました。
DSC00661.JPG
飲み物は、ザクロジュースだったかな?
InkedDSC00663_LI.jpg
続いて野菜スープ。色々な野菜が入っていたようで、美味しかったです。
DSC00664.JPG
メインは「テスティ・ケバブ」という壷焼きケバブ。
カッパドキア地方の代表的な料理なんだそうです。
DSC00668.JPG
壷は熱いので、お店の人が壷の中身をライスのお皿に盛ってくれます。
DSC00670.JPG
私は自分でライスの上にドバッとかけちゃいました。
DSC00669.JPG
この「テスティ・ケバブ」、長時間高熱で煮込んであって、肉や野菜そして調味料の味がしみ込んいて美味しかったですね。
デザートは、イチジクのシロップ煮。
DSC00671.JPG

今回のお料理「テスティ・ケバブ」だけなら、★★★★★(星5つの満点)でした。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

とまる
2019年07月18日 11:57
洞窟風レストランやったんですね
でも良い感じやと思います

地元の伝統料理が美味しくて良かったですね
食べてみたいです

トルコの調味料?香辛料?をお土産でいただいたことがあって、赤紫になるので最初は戸惑ったんですけど(笑)
いつかトルコへ行ったら探して買いたいなぁと思っています



kunityan
2019年07月18日 22:05
部屋は、洞窟ぽい雰囲気が漂うて
いて、お互い親近感が湧きそうです。

トルコ料理って、視覚的に濃そうで
ねっとり感がありそうですね。

栄養価が高い感じがします。
2019年07月19日 08:02
おはようございます!
ようやく 満点のお料理に出会えたのですね!
見ていて おいしそうです♪
お店の雰囲気もなかなかいい感じですね!
OZMA
2019年07月20日 07:51
とまるさん、おはようございます。
イスタンブールのグランドバザールでは色々な香辛料が売ってありました。
しかし、私が食べたトルコ料理はそんなに香辛料がきついとは感じませんでした。
グランドバザールの記事はまた後日公開します。
OZMA
2019年07月20日 07:55
kunityanさん、おはようございます。
私もトルコ料理は香辛料がきつい感じがしましたが、私が食べた料理はほとんどあっさり味でした。こちらのレストランで食べた料理は、私にとってちょうど良い加減のお味でした^^
OZMA
2019年07月20日 07:59
おとめさん、おはようございます。
この「テスティ・ケバブ」は本来、壷の上に小麦のパンでフタをして焼いているそうです。
日本人の私はお米で良かったです^^
いつかトルコ料理店に行ったら、「テスティ・ケバブ」を注文したいと思っています^^

この記事へのトラックバック