大塚国際美術館②

画像

美術ボランティアさんによる無料ガイドツアーに参加し、「人気ベスト10の作品」を案内していただきました。
指定の時間にシスティーナ・ホールへ集合。
画像

システィーナ礼拝堂の天井画と壁画の説明を受けて、「人気ベスト10の作品」のガイドツアーに出発。

館内はとてつもなく広い。
お目当ての絵画を探すだけでも大変です。
画像


システィーナ・ホール近くから順に紹介していただいたので、順不同ですが、10位から順に並び替えて紹介します。
まず10位は、「ビーナスの誕生」。
サンドロ・ボッティチェッリ
イタリア ウフィツィ美術館所蔵
画像

美術館のカフェで食べたランチ。
左側は「ビーナスのカレー」。
どこがビーナスかというと、お皿がビーナスが誕生した貝のデザイン。
ちょいと無理がある・・・
画像


9位「落ち穂拾い」
ジャン・フランソワー・ミレー
フランス オルセー美術館所蔵
「落ち穂拾い」というのは、豊かな農民が収穫を終えたのち、貧しい農民が彼らの土地でおこぼれにあずかるというものなのだそうです。
画像


8位「システィーナ礼拝堂の天井画と壁画」
ミケランジェロ
ヴァチカン システィーナ礼拝堂所蔵
ガイドツアーで一番最初に説明を受けた作品ですね。
画像


7位「最後の晩餐」
レオナルド・ダ・ヴィンチ
イタリア サンタ・マリーア・デッレ・グラーツィエ修道院所蔵
「この中に裏切り者がいる」というイエスの言葉に驚く弟子達の瞬間の動作が描かれています。
画像


6位「大睡蓮」
クロード・モネ
フランス オランジュリー美術館所蔵
モネは200点を超える「睡蓮」を完成させました。
その集大成として晩年に描いた大作「睡蓮」を国家に寄贈したという作品です。
この美術館では屋外に展示されてあります。
雨が上がってくれて良かった^^
画像

画像

画像

画像

作品の周りには本物の睡蓮が植えられていました。
画像


5位「叫び」
エドヴァルト・ムンク
ノルウェー オスロ国立美術館所蔵
個人的な体験に重ね合わせた世紀末の黙示録的な世界が描かれています。
画像


4位「ゲルニカ」
パブロ・ピカソ
スペイン レイナ・ソフィア国立美術館
これも本物を見ました^^
スペイン世界遺産紀行4 ~ソフィア王妃芸術センター・王宮~
画像

画像


3位「真珠の耳飾りの少女」
ヤン・フェルメール
オランダ マウリッツハイス美術館所蔵
絵画教室に通っていますが、人物画が一番難しいのではないかと思っています。
こんなに美しく描けたらいいなぁ^^
画像


2位「モナ・リザ」
レオナルド・ダ・ヴィンチ
フランス ルーヴル美術館
35年ほど前にルーヴル美術館で、人混みの中、遠くから見ました。
小さすぎて、あんまり覚えてませんね。
画像


さて、輝く1位は、
7つの「ヒマワリ」
フィンセント・ファン・ゴッホ
オランダ ゴッホ美術館他
「ヒマワリの画家」とも呼ばれるゴッホ。
パリ時代にもヒマワリを何点か描いていますが、花瓶に入った形のヒマワリはアルル時代に7点描いています。
画像

画像

画像

画像

画像

7点のうち1点はかつて兵庫県芦屋市にありましたが、1945年の空襲により焼失してしまいました。
かつての画集写真より再現された「幻のヒマワリ」です。
画像


1位は「モナ・リザ」だと思っていたのですが、「ヒマワリ」でした。
しかし、7つの作品とはずるい^^;

この記事へのコメント

2018年12月04日 12:30
こんにちは
本物ではないと言っても やはり
これだけの作品が一堂に会すると
壮観ですね!
kunityan
2018年12月05日 06:46
年を取ってくると次第に美意識が
衰えてきます。

折に触れて美術品に触れることは
大切ですね。

最後の向日葵以外の作品では、結構
記憶に残っているものが多いのに、
自分ながら驚いています。
2018年12月05日 11:03
ガイドツアーに参加しようかなって思ったのですが、母が説明を聞き取れないと思ったので自分達のペースで見て回りました

ベストテン。。。なるほどぉ~です
ゴッホの幻のひまわりを入れて7作品が見れるのは大塚美術館ならではやと思います

ビーナスのカレーですか(笑)
私は最後の晩餐を食べました(笑)
OZMA
2018年12月05日 14:31
おとめさん、
前稿のコメントからの続きになりますが、
とは言っても、
ゆっくり気に入った作品を見られること、
写真撮影がOKなこと、
ガイドツアーで作品の詳しい説明が聞けることなどが良かったと思いました。
最近絵画教室へ通い始めたので、特に、作品の筆のタッチが近くで見られることが一番良かったと思いました。
まぁ、なかなか真似は出来ませんがねW
OZMA
2018年12月05日 14:34
kunityanさん、
どれも人気作品ですもんね。
一度は何かの形で目にしたものが多いと思います。

ゴッホのヒマワリは私も7作品もあるとは知りませんでした。
OZMA
2018年12月05日 14:36
とまるさん、
大塚国際美術館では、たくさんレストランやカフェがありましたね。
確かに「最後の晩餐」というメニューもありましたW

この記事へのトラックバック