特二式内火艇

日本海軍(海軍陸戦隊)の水陸両用戦車「特二式内火艇」が完成しました。
画像


海軍陸戦隊はそれまで上陸作戦に使えるような車両は保有していませんでした。
そこで、陸軍技術本部の協力を仰ぎつつ、エンジン、ギアシャフト、電気系統などで九五式軽戦車をベースとして開発したのが「特二式内火艇」です。
車体の前後に水上走行を可能とするための着脱式の舟形フロート(浮き)を取り付け、上陸後に取り外せるようになっていました。
画像

画像

こちらはフロートを外した状態ですね。
画像

(実写の画像はWikipediaより)

★特二式内火艇(DRAGON 1/35)
画像


車体色はほぼ一色なので、組み立てる前に軍艦色を吹き付けてしまいました。
画像

画像

画像

ちなみに、「内火艇」とはモーターボートのことで、本車は“隻”で数えられていたそうです。

車輪の取り付け。
画像


車体内部の塗装色は指定されていませんでしたが、九五式軽戦車がベースになっているということでしたので、陸軍戦車と同じつや消しの白色を塗ってみました。
画像


車体の制作。
画像

画像


砲塔の制作。
砲塔は二式軽戦車の物を流用していたそうです。
画像

画像


キャタピラを取り付けると、フロートを外した状態の車体がほぼ出来上がりました。
画像


フロートの取り付け。
画像


砲塔内部も頑張って作ったので、ハッチは開けた状態にしておきました。
画像


ウエザリングを施して完成。
海水によって錆が出ている状態を表現してみました。
画像

画像

画像

水上航走時は、後部に付けられた2軸のプロペラスクリューによって推進していました。
画像

画像

ウエザリング、ちょいとやり過ぎましたかね^^;
画像


九五式軽戦車の完成品があれば良かったのですが、ないので九七式中戦車を隣に並べてみました。
フロート部分がかなり大きいですね。
画像



ブログでお世話になっている心臓さんより「機体の大きさがわかると見るほうとしては参考に・・・」とコメントをいただきました。
何か目安になる物をを探してみたのですが、適当な物が見つからなかったので、手で持って写真を写してみました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2018年10月13日 09:16
水陸両用の戦車があるとは聞いて
いましたが、また過去に映像で見
ていたかもしれませんが、模型と
はいえ、仕組みを見るのは初めて
ですね。

見事な出来栄えですね、今更なが
らに制作意欲に脱帽です。
2018年10月13日 19:59
ありがとうございます!!よ~~~くわかりますよ~・・意外と小さいのですね、もっと大きいものを創造してました(笑)。
2018年10月14日 16:34
錆状態の表現が凄くいいですね。
OZMA
2018年10月14日 19:02
kunityanさん、水陸両用車両、始めて作りました。
作っていて、なかなか面白かったです。
また、面白いキットを見つけたら作ってみたいと思っています。
OZMA
2018年10月14日 19:09
心臓さん、こんばんは。
こんな形でしかお見せできなくてスミマセン^^;
戦車は1/35スケールの物ばかり作っていますが、九七式中戦車と比べるとフロートの部分が出ているので、その分、同じスケールの戦車より大きいです。
私も戦車は同じスケールの飛行機と比べると随分小さいと感じています。
OZMA
2018年10月14日 19:15
ヒメさん、こんばんは。
もう少しおとなし目に表現するつもりでしたが、ちょいとやり過ぎました^^;
細かい作業は難しいですね。
ヒメさんの手作りの手法見習いたいと思います。

この記事へのトラックバック