夜間戦闘機 極光

三田の「奥本模型店」で購入した「夜間戦闘機 極光」が完成しました。
画像


1943年5月に日本海軍は、陸上爆撃機銀河の発動機を換装して夜間戦闘機に改造することを川西航空機に命じました。
試製極光 (P1Y2-S) と名づけられた試作機は、1944年5月に1号機が完成し6月に海軍に領収されることになりました。
生産は、中島で銀河として生産された機体を川西で極光に改造するという手法で行われたそうです。
しかし、残念ながらB-29迎撃用の機体としては速度、上昇力、高空性能とも不足しており戦果は芳しくありませんでした。
画像


★夜間戦闘機「極光」(ハセガワ1/72)
画像


箱を開けると随分古いキットのようで、組み立て説明図なんぞは黄ばんでいました^^;
デカール大丈夫かな・・・
画像

いつものようにコクピットから制作開始。
画像

画像


ちょいと歪みがあるようなので、クリップでしっかり貼り付けます。
画像

尾翼を貼り付けて「士の字」へ。
画像


風防をマスキング。
画像


カラーリングは、試作機用ですね。
画像

マスキングを外して、スミ入れ。
オレンジ色の機体には、黒の線がよく目立ちますね。
このあとプロペラや車輪などを取り付け、デカールを貼れば完成ですが、やはりデカールは劣化していて使えませんでした。
画像


デカールは他のキットの残り物で代用して、何とか完成^^;
画像

画像

画像

画像


改造の元となった「銀河」といっしょに並べてみました。
どちらも美し機体です。
ちなみに「極光」とはオーロラのことだそうです^^
画像


機体の大きさが分かりやすいように、今回はタバコの箱を置いてみました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年10月31日 19:30
極光ですか、いやー知らない飛行機でした、綺麗に仕上げていますね、やっぱり作る情熱が違うからなんでしょう。

夜戦って言えば月光や屠龍、やはり戦果を挙げたのが取り上げれれますね
そんな中マイナーな機種をプラモにしたのが凄いです、当時は航空ファンの眼が肥えていたからこういう機体も売れたから作ったんでしょう、彼方様みたいな人がいたから。
今は作らないでしょうから昔の金型から細々と起したのを買う事になるから欲しい機体は中々手に入らないしマイナーな機体は出てこないでしょう。

私の手付かずのプラモで「彩雲」があります、昔にちゃんと組み立てた事のあるのですがイマイチ下手で将来上手くなったら組み立て様と温存してしていたものです。

こう言うプラモを見ていると当時実機を作った人達のレベルの高さは凄いですね、短期間で造っているんですから
私もそれの片鱗を感じたくて大型の模型飛行機を自設計で造って飛ばしたものでした。

kunityan
2018年10月31日 22:47
私は陸軍でしたから、海軍の
飛行機は一部しか知識があり
ません。

日本の航空機製作者は、大した
ものですね。

戦争経験の無い方が、昔の戦闘
能力のある飛行機を作る情熱に
敬意を表したいですね。

昔少飛同期会で、戦闘機の姿
入りカレンダーを購入してい
たのを思い出しました。
2018年11月01日 23:20
夜間戦闘機というと、「月光」などは聞いたことがありますが、「極光」というのは初めて聴きました。
なるほど、銀河を改造したものだったのですね。
爆撃機からの改造というと、鈍足で小回りもきかなそうに思えるのですが、実際のところはどうだったのでしょう?
OZMA
2018年11月12日 13:47
yokoyamaさん、拙ブログにご訪問並びにコメントありがとうございます。
私はちょいとマイナーな飛行機が好きなのです^^
模型店で、変わった古いキットを見つけると嬉しくなってしまいます。

そのうち、ラジコン飛行機を作って飛ばしてみたいと思っているのですが、大型模型飛行機を自設計で造って飛ばされるなんて凄いですね。
OZMA
2018年11月12日 13:50
kunityanさん、
プラモデルは、私の子どもの頃は憧れの玩具でしたからね^^
定年退職して、子どもの頃の趣味をもう一度やってみようと思っていました。
OZMA
2018年11月12日 13:56
家ニスタさん、
私もこの飛行機は知りませんでした。
Wikipediaによると、「1944年末から少数機が部隊配備されたが、B-29迎撃用の機体としては速度、上昇力、高空性能とも不足しており戦果はなかった。このため、1945年4月には極光の生産を中止し、極光の斜銃を廃止し爆装を復活させた銀河一六型として生産されることとなった。製作機数は銀河一六型も含めて96機であった。 」ということでした。
このように目だった活躍をしなかったので、世間にはあまり知られなかったのでしょうね。

この記事へのトラックバック