麗しの中欧41~ドナウ川ナイトクルーズ①~

画像

夕食後、ドナウ川ナイトクルーズに出かけました。
ツアーバスでクルーズの発着場へ。
9時だというのにまだこの明るさです。
画像

乗船♪~
画像


いよいよ出航です^^
マルギット橋もライトアップが始まっています。
画像

天気も良いので、ツアーの皆さん全員オープンデッキへ上がられていました。
正面に見えるのは、中州になってるマルギット島。
画像

クルーズ船は、 ここからドナウ川を南下し、ブダペストの市街地を通り、再びこちらへ戻ってきます。
このマルギット橋は、ブダペストで北から2番目であり、また2番目に古い橋でだそうです。
画像


マルギット橋を通過し、左手に見えてきたのは、「国会議事堂」。
明日のツアーで、国会議事堂の内部見学をしますので、詳細については後記事で。
画像

画像

画像

画像


右手には、「漁夫の砦」と「マチャーシュ教会」。
この二つの世界遺産も明日のツアーで行きます。
画像

画像


少し南下して見えてきたのは「王宮」と「くさり橋」。
画像

画像

画像

「くさり橋」の全景。
画像


ゲッレールトの丘の上に建っている「聖ジェラルド像」と「自由の像」。
画像

画像

自由橋とゲッレールト温泉のあるゲッレールトホテル。
画像

画像

画像


ブダペスト工科経済大学。
画像


そして、ブダペストにある公用の橋としては南から二番目にあるペテーフィ橋。
画像

ここまでご紹介してきた画像のほとんどは、「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」の世界遺産の構成資産となっています。
14ある世界遺産の構成資産の多くはドナウ河岸に集中しており、ドナウ川クルーズをすると、そのほとんどを観ることが出来ます。

さて、クルーズ船はペテーフィ橋手前でUターンし、エルジェベート橋近くの船着き場へ戻っていきます。
復路は次稿で~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2018年08月30日 12:43
夜9時でもこの明るさ、少し
変な気分ですね。

ナイトクルーズで見る各種
建築物、まるで幻想の世界に
誘い込まれた感じですね。

水の上に浮かぶか姿が、なお
一層その感を強くします。
OZMA
2018年09月02日 15:46
kunityanさん、
この時期ヨーロッパへ来ると日が長いので、何だか得をしたような気分になります。

わずか1時間のクルージングでしたが、ブダペストの夜景を満喫することが出来ました。
2018年09月03日 12:24
こんにちは!
ナイトクルーズ 素敵ですね!!

ヨーロッパみたいに日の長い国なら
サマータイムも良いですけど やっぱり
日本には合わない制度ですねぇ…
OZMA
2018年09月03日 18:09
おとめさん、こんにちは。
ヨーロッパは9時でも明るいですからねぇ^^
逆に冬は日が短いですしね。
やっぱり、土地柄にあった制度なんでしょね^^

この記事へのトラックバック