あいな里山公園①

定年退職して3年が過ぎようとしています。
定年前に「旅行の記録」として立ち上げた拙ブログですが、最近は日帰りで行ける場所も行き尽くし、ブログの更新も滞りがちです。
そんな時、友人のYから教えてもらった「あいな里山公園」へ行ってきました。

「あいな里山公園」は、正確には、『国営明石海峡公園 神戸地区 あいな里山公園』といいます。
国営明石海峡公園は、明石海峡大橋を中心とした周辺地域の広域レクリエーションに対応するため設置された、『淡路地区』(兵庫県淡路市)と『神戸地区』(神戸市)の2地区からなる全体計画面積330haの国営公園です。
神戸地区“あいな里山公園”のコンセプトは『里地里山文化公園』。
地域の里地里山の景観を保全再生し、大都市近郊で誰もが気軽に里地里山文化を体験できる公園として、平成28年5月28日に第1期開園を迎えました。
(あいな里山公園HPより抜粋)

公園の入り口は現在工事中で、公園の中に入るのにかなり迷いました><
公園入口付近に置かれた案山子。
画像

画像

「イョ~!」お二人さん、仲よろしいなぁ^^
画像


ようやく別の入り口を見つけ、かなり離れた麓の駐車場にクルマを停めました。
ここからは、専用のバスで里山公園まで行けるようです。
画像

オープンしたばかりで、まだあちこち整備中のようです。
画像


麓の駐車場から10分ほど送迎バスで山道を登っていくと、このような藁葺民家が数軒建っている場所に到着。
どうやらこのあたりが現在公開されている「農村広場地区」のようです。
画像

画像

画像

この家屋では、「豆まき体験」が出来るようです。
そういえば、この日は2月3日。
ちょうど節分でしたね。
画像

縁側に座っているのは案山子です^^
画像

画像

画像


少し奥に入っていくと、細長い谷や急な斜面につくられた棚田や雑木林など、のどかな里山の風景が見られます。
画像

画像

画像

画像


こちらの公園では、農作業、収穫や自然観察など、季節の移り変わりに応じた“二十四節気七十二候プログラム”を用意されていて、里地里山体験をすることが出来ます。
この日は、「薪づくり体験」が出来るというので、参加してみることにしました。

~次稿へ~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年02月09日 08:50
おはようございます
ほっこりのんびりできそうな公園
ですね♪

薪つくり
薪ひろいからスタートでしょうか!(笑)
どんな作業なるのか 興味津々です♪
2018年02月09日 11:54
里山で四季に合わせた体験が出来るんですね
案山子さんも優しそうな感じで良いです
こういう風景って、とっても癒されますね

体験報告が楽しみです
バッチリ出来たのかしら?

お出掛けの回数が減った分、最近アップのない料理の腕を磨くチャンスかもですよ(笑)
またOZUMAさんらしい料理ネタもアップしてくださいね
kunityan
2018年02月09日 14:08
農村地帯の生活環境を実感
出来るような雰囲気作りが
出来ているようですね。

一極集中的な生活環境に
偏りがちな昨今です。

こんな地域に触れると、
心が安らぎますね。

子供のころ、身近に見られた
案山子を懐かしむ心情に
なります。
OZMA
2018年02月11日 15:25
おとめさん、
先ほど、「薪つくり」の記事をUPしました。
薪にする木は係りの方が準備してくれていました。
本来は、「大根収穫体験」とセットらしいのですが、寒さで畑が凍っていたため、「薪つくり」のみの体験になってしましました。
OZMA
2018年02月11日 15:28
とまるさん、こんにちは。
作った料理の写真は撮りためているのですが、料理の記事がうまく書けそうにありません。
まぁ、写真だけでもUPしてみましょうかねw
OZMA
2018年02月11日 15:31
kunityanさん、
我々は、このような体験事業に参加するのは初めてでしたが、今回参加されている皆さんは、ほとんどがリピターでした。
そのため、参加者の皆さんとても精力的に活動されていましたね。

この記事へのトラックバック