森山良子コンサート~Touch me~

画像

11月5日(土)
神戸国際会館こくさいホールへ「森山良子デビュー50周年スペシャルコンサート」へ行ってきました。
新聞で彼女のコンサートを知ったのは、コンサート当日の2日前でしたが、何とかチケットを購入することができました。


私が初めて聞いた彼女の曲は、「恋は水色」の日本語バージョンでした。
本家本元のヴィッキー・レアンドロスに負けないぐらい美しい歌声に感動したものでした。
また、ジョーン・バエズの「ドナ・ドナ」もリメイクしており、森山良子さんは、「和製ジョン・バエズ」と称されています。
フォークソング大好きオヤヂとしては、彼女のコンサートには一度は行ってみたいと思っていました。

少し早めにコンサート会場のこくさいホールへ到着。
画像


この日のコンサートは、観客のリクエスト曲が歌われるため、事前にマークシートでリクエストしました。
画像

Aの枠内の76曲のうち9曲を選ぶのですが、私は「恋は水色」をはじめ、「ドナ・ドナ」など懐かしい洋楽や古いフォークソングばかりを選びました。
Bの枠内からは、「邦楽メドレー」、「洋楽メドレー」、「ビートルズ・メドレー」、「アメリカンフォーク・メドレー」の5曲うち選んだのは、大好きなPPMの曲が多く含まれている「アメリカンフォーク・メドレー」でした。
さて、私の歌って欲しい曲は選んでもらえるでしょうか?

リクエストのシートを提出し、会場内へ。
チケットをとるのが遅かったので、座席は1階の最後列でした><
画像

開演時間が近づくと、客席はほぼ満席状態になってきました。
やはり、観客は我々と同じ年代の人が大半でした。
画像


いよいよ開演時間となり、森山良子さんの登場。
残念ながら、ここからは写真撮影はNGでした。

オープニング曲は、デビュー曲の「この広い野原いっぱい」。
そして、「この道が教えてくれました」、続いて「Doun Come My Tear」・・・・・これは、「涙そうそう」の英語版でした^^

いよいよリクエスト曲を歌の発表ですが、なぜか、最初は53位の「スウィングしなけりゃ意味がない」を歌われました。・・・・この曲は知らない曲でした。
そして、ど~んとすっとばして20位から発表。
奇数位(○数字)のみ歌ってくれました。
20位・・・悲しき天使◎
⑲位・・・シューベルトのアベ・マリア
18位・・・あなたが好きで
⑰位・・・恋人
16位・・・家族写真
⑮位・・・愛する人に歌わせないで
14位・・・グノーのアベ・マリア
⑬位・・・スカボロー・フェア◎
12位・・・シェルブールの雨傘
⑪位・・・子犬のワルツ

ここで、メドレーのリクエスト順位の発表。
1位は「邦楽メドレー」、2位は「アメリカンフォーク・メドレー」でした。
この日は1位ではなく、2位の「アメリカンフォーク・メドレー」を歌ってくれることに、やった♪!!
パフ~レモンツリー~花はどこへ行った~500マイル~天使のハンマー~風に吹かれて~ウィ・シャル・オーバー・カム~
メドレーでしたが、生で大好きな曲を聴くことが出来て、涙がうるうると出てきそうでしたw

後半は10位からの発表。
10位・・・ドナ・ドナ◎・・・残念、歌ってくれませんでした><
⑨位・・・歌ってよ夕日の歌を
8位・・・今日の日はさようなら◎
⑦位・・・イマジン◎
6位・・・恋は水色◎・・・残念、歌ってくれませんでした><
⑤位・・・思い出のグリーングラス◎
4位・・・禁じられた恋
③位・・・星に願いを
②位・・・さとうきび畑◎
①位・・・涙そうそう◎
暗い会場の中で、ランキングを記録するのは大変でしたw

アンコールでは、「聖者の行進」などジャズを数曲歌ってくれました。

そして、エンディングでは、全員で「この広い野原いっぱい」を大合唱。

たくさんあるレパートリーの中で、自分の聴きたい曲が聴けるのは嬉しいものです。
そして、森山良子さん、相変わらずおきれいで美しい歌声、とても68歳には見えませんでした。
また、次々に歌われる懐かしい曲に感激しっぱなしでした。
関西でコンサートがあれば、また美しい歌声を聴きに来たいと思いました。

<森山良子さんのプロフィール>
1967年「この広い野原いっぱい」でデビュー。
その後、ミリオンセラー「禁じられた恋」をはじめ「涙そうそう」、「さとうきび畑」、「あなたが好きで」など、数々のヒット曲を生み出す。透明感のある歌声と歌唱力で、名実ともに日本のトップシンガーに。
1998年、長野冬季オリンピック開会式式典にて、テーマソング「明日こそ、子供たちが…」を歌い、その模様が世界中に放映される。
2002年、第44回日本レコード大賞において最優秀歌唱賞、金賞(「さとうきび畑」)、作詩賞(「涙そうそう」)を受賞し3冠を達成。
歌手としての活動の傍ら、「ミエと良子のおしゃべり泥棒」(テレビ東京/1980-1987年)をはじめとするテレビのバラエティー番組への出演やラジオのパーソナリティー、テレビドラマ「金曜日の妻たちへⅢ 恋におちて」(TBS/1985年)、「おとうさん」(TBS/2002年)、「第二楽章」(2013年/NHK)、映画「お墓がない!」(1998年)、「箱入り息子の恋」(2013年)など女優として、また、スタジオジブリ作品「思い出のマーニー」(2014年)では声優を務めるなど、幅広いフィールドで活躍中。
画像
(森山良子オフィシャルウェブサイトより抜粋)

50年前、彼女がデビューしたての頃のジャケット。
とても初々しいです。

森山良子『恋はみずいろ』 cw 『今日の日はさようなら』MEG-CD
演歌ラ屋「栄陽堂」
2013.4.24発売オリジナル盤発売年 : 1967【収録曲目】1.恋はみずいろ 作詞:蓮健司 作


楽天市場 by 森山良子『恋はみずいろ』 cw 『今日の日はさようなら』MEG-CD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



CD/フォークソングの時代/森山良子/MUCD-1318
サプライズ2
フォークソングの時代森山良子モリヤマリョウコ もりやまりょうこ発売日:2015年4月8日品  種:C


楽天市場 by CD/フォークソングの時代/森山良子/MUCD-1318 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年11月20日 12:14
さとうきび畑は三線でお稽古しました
好きな曲です

一度は行ってみたいなぁ~っていうコンサートに行けて感動されて良かったですね♪
やっぱり自分が好きなアーティストとなると感動が倍増しますよね
行けて良かったですね

私も来年は一度は生で聴いてみたいなぁ~って思ってた海外のアーティストのコンサートのチケットが取れたので行きます
きっと、うっとり聴き惚れてしまうんやろうなぁ~って思います
何てったて私の中で世界で1番好きな声ですから(笑)

演奏会など行きますが、自分の好きなアーティストのコンサートは本当に何十年ぶりぐらいです
kunityan
2016年11月20日 17:02
森山良子さんは、有名なので私共の
年代でも知っている方は多いでしょ
うね。

紹介された曲名の中に、知っている
曲も幾つか覚えているものがあり
ます。

自分からコンサート的な場所に
足を運ぶことが殆どありません
でした。

息子から天童よしみのチケット
をプレゼントされ、夫婦でいっ
たのが最後です。

東京での20代時代、知り合っ
た彼女と江利チエミのコンサー
トと「野菊のごとき君なりき」
の映画の抱き合わせを見に行っ
たのを、ふと思い出しました。

そうだ、日比谷公会堂で「白鳥の
湖」のバレーコンサートを見た
記憶が蘇りました。
2016年11月20日 23:06
森山良子さんは、けい婆(baba)たち団塊の世代にはファンが多いのではないでしょうか。
懐かしい曲から、最近のものまで、楽しまれましたね。
けい婆(baba)もファンですが、高音は出ないので、カラオケでは歌えません(笑)
2016年11月20日 23:14
こんばんは♪
高校の時合唱部で この野原いっぱい
歌いました!
森山さんの歌だったんですねぇ

涙そうそうも大好きです

彼女の歌声は 澄んでいて温かみが
ある そんな感じですよね
OZMAさんも生の歌声に触れて 心が
とても癒されたのではないでしょうか!
OZMA
2016年11月21日 07:24
とまるさんも来年コンサートに行かれるのですね。
どうぞ、楽しんできてください。
ヴィッキー・レアンドロスやジョーン・バエズも来日して、コンサートやらないかなと思っています。
私の好きだったアーティストはもう高齢ですからね。
さて、どうでしょう^^
OZMA
2016年11月21日 07:28
kunityanさん、おはようございます。
学生時代は、よくフォークコンサートへ行きました。
社会人になってからは、なかなか行けなくなったので、退職してからゆっくりと楽しみたいと思っていました。
しかし、私の好きだったアーティストはかなり高齢になっていますねw
OZMA
2016年11月21日 07:33
けい婆さん、おはようございます。
やはり団塊の世代の方がたくさん来ていらしゃいました。
森山良子さんの高音はとてもきれいですね。
最近のカラオケは、キーを下げられるので、高音が出なくても歌えますよ^^
OZMA
2016年11月21日 07:39
おぉ!おとめさんは合唱部でいらっしゃいましたか^^
私は、合唱部ではありませんでしたが、フォークソングが好きなので、「この広い野原いっぱい」はギターをひいてよく歌っていました。
コンサートから帰ると、無性にギターが弾きたくなりました^^

この記事へのトラックバック