OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 南ドイツ浪漫紀行51〜アウグストゥスブルク宮殿〜

<<   作成日時 : 2017/09/02 13:05   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 4

ブリュール着後、世界遺産のアウグストゥスブルク宮殿へ向かいました。
画像

このお城は1723年 ケルン大司教が鷹狩の邸宅として建てた城館で、ドイツで最初に建てられたロココ様式の建築だそうです。

近づいてみると、世界遺産の写真でよく見かけるオーストリアのシェーンブルク宮殿にちょいと似ているなと思いました。
画像


門から宮殿までの道の両側はは広い庭園になっています。
画像


宮殿の中は残念ながら写真撮影禁止。
ドイツでは珍しいです。
なので、「世界遺産センター」の公式HPより中の写真を数枚拝借することにしました。
画像

画像

画像

見学の途中、窓から見えた庭園。
内部の写真はだめでも、外の写真ぐらいは良いでしょう?
画像

画像


宮殿内部の見学が終わり、建物の外で一服している時、4人組のご婦人のうちのお一人から英語で話しかけられました。
「隣に座っていい?」
「もちろんです、どうぞ^^」
「観光?どこから来たの?」
「そうです。日本から来ました。」
「あなたは?」
「コロンに住んでいるのよ。友だち3人と遊びに来たの」
「コロンですか??・・・・・・・」
「大きくて素晴らしい教会で有名な所よ」
コロンという地名がわからなったのですが、しばらくしてケルンがオーデコロン発祥の地だということを思い出し、コロン=ケルンだとわかりました。
「あぁ、ケルンですかぁ^^」
「そうそう、コロンよw」
「ケルンのホテルに泊まっていて、大聖堂は昨日観光してきました。明日、日本へ帰りますが・・・」
「そうなの^^何日間のご旅行?」
「9日間です^^」
・・・・・・・
「記念に写真を撮らせてもらっていいですか?」
「ワタシの?あら、はずかしいわw」
「じゃ、4人で」
と言うわけで、フレンドリーなご婦人方のお写真をGETしました。
みなさん、とても良い笑顔です^^
左から2人目の方が、話しかけてくださったご婦人。
画像


「ありがとうございます。とても楽しかったです。今からバスでケルンへ戻ります」
「良いご旅行をね。私たちは鉄道でコロンへ帰るわ」

こうやってこの時のやり取りを書けば、ワタシ、流ちょうにしゃべっているようですが、実はしどろもどろだったのです。
ワタシの英語力が大したことないのに気づき、このご婦人も単語を切りながら、ゆっくりとしゃべってくれました。
まだまだ、力不足ですが、これからも海外旅行を続けるのに、とても良い経験になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ロココ調も素敵ですよね
オーストリアのシェーンブルン宮殿も淡いイエローで美しいですもんね

内部はきっと天井や壁も美しくうっとりしたんだろうなぁ〜って想像できます

素敵な出会いもあって良かったですね
英語で話しかけてくれて良かったですね
時々ドイツ語で話しかけられることあるけど、全く解りませんもん(笑)
少しでもお話しできたら旅の良い思い出になりますね
素敵な方達ですね♪
とまる
2017/09/03 13:06
とまるさん、
そうそう、本当に素敵なお姉さんたちでしたよw
世界遺産も素晴らしかったですが、ここではお姉さま方たちの出会いはとても良い思い出になりました。
OZMA
2017/09/04 07:16
こんなに素敵なお城が鷹狩用なんですか!
昔のヨーロッパのお姫様に 一度
生まれてきてみたかったなぁ… 
おとめ
2017/09/04 12:34
おとめさん、
残念ながら城内部の写真は撮ることができませんでしたが、内部も絢爛豪華でしたよ^^
ヨーロッパの王族はものすごくお金持ちだったのですね。
ホント羨ましい^^
OZMA
2017/09/06 15:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
南ドイツ浪漫紀行51〜アウグストゥスブルク宮殿〜 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる