OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 南ドイツ浪漫紀行29〜メルセデス・ベンツ博物館〜

<<   作成日時 : 2017/08/11 08:40   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 10

シュッツトガルトは、ゴットリープ・ダムラーとヴィルヘルム・マインバッハがガソリンエンジンを開発した自動車の故郷といえる町。
ここには、メルセデス・ベンツ博物館やポルシェ博物館があります。
ツアーでは、メルセデス・ベンツ博物館の観光があり、自動車好きの私としては、とても楽しみにしていましたが、ホテルからメルセデス・博物館へ戻って来た頃には観光の残り時間が少なくなってしまっていました。
大急ぎで博物館を廻りましたので、私はほとんど写真を撮ることができませんでした。
幸い、私がホテルへ戻っている間、かみさんが結構たくさんの写真を撮っていましたので、かみさんが撮った写真を掲載します。

近未来的なデザインのメルセデス・ベンツ博物館。
画像

あちらに見えるのはベンツの工場でしょうか?
画像


エレベーターで最上階に上がり、ループ状の長いスロープを下りながらベンツの歴史を見ていきました。
画像

画像

画像


古い船や飛行機も展示してありました。
画像

画像

ベンツのマークはハンドルをデザインしたものだと思っていたのですが、「陸・海・空」を表しているのだとか。

この頃のトラックは、まだゴムタイヤはなく、木製の車輪だったのですね。
画像


ようやくゴム製のタイヤが装着されています。
画像

画像


こちらはクラッシクカーのブースですね。
画像

画像

画像

画像

画像


ちょいと新しいクルマ。
画像

画像

画像

画像

画像


さらにレーシングカーのブース。
画像

画像

画像

画像


こちらは、有名人が愛用していたベンツのブース。
ダイアナ妃愛用のベンツ。
画像

画像

ローマ法王愛用のベンツ。
周りは防弾ガラスで囲まれているそうです。
画像

こちらはエリザベス女王。
画像

画像

そして、昭和天皇。
後部座席のドアには菊の御紋がはめ込まれています。
画像

画像

クルマ好きには、たまりませんね♪〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ドイツに行って、車博物館に
お目に掛かるとは、想像だに
しませんでした。

それにしても、ローマ法王、
エリザベス女王、その上、
昭和天皇のお車までお目に
かるとは驚きですね。

自動車の初期は、自転車に
動力スタイルから、次第に
規模が大きくなってきたの
かなと想像します。
kunityan
2017/08/11 09:46
ドレスデンに行った時に車の博物館に行きましたが、大晦日だったかな?閉まっていました・・・。

でも、少しでも見られて良かったですね。
現実逃避な旅人
2017/08/11 13:44
ホテルに戻っていたから、ゆっくりは見れなかったと思いますが、見れて良かったですね
写真は奥様がバッチリ撮ってくれてるから、OZMAさんも思い出しながら見れたんではないでしょうか(笑)
とまる
2017/08/11 19:49
kunityanさん、こんちは。
ドイツにはベンツをはじめ、色々な有名な車メーカーがあり、街中を走るクルマもドイツ車が大半を占めているように感じました。
OZMA
2017/08/12 17:31
現実逃避な旅人さん、こんにちは。
スマホを探しにホテルへ戻る時点では、メルセデス・ベンツ博物館の見学は諦めていただけに、見学時間が残っていたのはラッキーでした。
OZMA
2017/08/12 17:33
とまるさん、こんにちは。
写真を撮る時間はほとんどありませんでしたが、館内は一通りは見学することができました。
かみさんの撮った写真があったので、ブログでも紹介することができました。
これは、2人で旅行するメリットなのかもしれませんね。
OZMA
2017/08/12 17:39
おはようございます
クルマ好きにはたまらない博物館
ですね!
OZMAさんも 楽しみにされてたの
でしょうが ホテルに戻られて
時間が少なくなってしまったのが
残念です
でも 携帯がみつかったのが
なによりですから 致し方ないのでしょね

昭和天皇もベンツに乗られてたのには
びっくりです!
安全性だけでなく 銃弾などに対する
頑丈さが違うんでしょうねぇ
おとめ
2017/08/14 07:57
いいですね、メルセデス・ベンツ博物館!
男の夢ですよね。
クラシック・カーからレーシング・カーまで見れるのだったら、僕もぜひ行ってみたいです。
シュツットガルトといえば、僕にとってはサッカーの街のイメージで、かつて岡崎選手や酒井高徳選手が在籍していましたね。
家ニスタ
2017/08/14 10:19
おとめさん、おはようございます。
メルセデス・ベンツ博物館では、残り時間大急ぎで廻ったので、何とか一通り見学することができました。
ちょいと忙しかったですが、ケータイが戻ってきたので安心して見学することができました。
OZMA
2017/08/16 10:13
家ニスタさん、おはようございます。
クルマがお好きでしたら、シュツットガルトにはポルシェ博物館もありますし、また、スタジアムでサッカーの応援もいいですよね。
OZMA
2017/08/16 16:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
南ドイツ浪漫紀行29〜メルセデス・ベンツ博物館〜 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる