OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 50年ぶりの修学旅行下見D〜おかげ横丁〜

<<   作成日時 : 2017/06/07 21:31   >>

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

夫婦岩からバスに乗って内宮前で下車。
「お伊勢参り」は、我々の修学旅行のメインでした。
当時、兵庫件内の小学校修学旅行の行き先は、ほとんどが伊勢だったようです。
国鉄(現JR)「修学旅行集約輸送臨時列車」がダイヤに組み込まれ、これを利用し、「連合」を組んで修学旅行に行っていました。
しかし、この「修学旅行列車」は少子化、交通機関の多様化などにより、次第に衰退していきました。
現在、明石市内の小学校では修学旅行で伊勢に行く学校は皆無で、ほとんどが新幹線を利用して広島方面などへシフトチェンジしています。

企画担当のRは、毎年のように伊勢神宮へ初詣に来ているのだとか。
Rの案内で、まずは「おかげ横丁」を下見してみることにしました。

ここは、旧参道沿いにたくさんの土産物屋が建ち並ぶ「おはらい町」。
私たちの後ろ側が内宮。
内宮とは逆方向へ歩いています。
画像

このような美しい石畳がおよそ800m続いています。
我々が目指す「おかげ横丁」は、この「おはらい町」のちょうど中程です。
画像


お伊勢名物「赤福餅」の本店。
Rの話では、ここで出来たての赤福餅がいただけるそうです。
画像

店先のかまどで餅米を蒸していました。
画像

お餅にあんこを塗っている様子も観ることが出来ます。
画像

Rが注文のために並んでくれている間に、私とAは店の奥へ。
皆さん広い座敷の好きなところに座って、赤福餅を賞味されていました。
画像

座敷に座ってしばらく待っていると、赤福餅とほうじ茶が運ばれてきました。
画像

やっぱりつきたては美味い!
あれあれ・・・Aはお餅が苦手ですか?
それじゃ私とRでいただいちゃいましょう♪〜
画像

こちらの本店で赤福餅を食べると、このような日付の付いた「しおり」がいただけるそうです。
画像


赤福本店の真向かいが「おかげ横丁」の入り口。
画像

「おかげ横丁」は、第61回神宮式年遷宮の年、1993年(平成5年)7月16日に、 伊勢神宮内宮門前町「おはらい町」の中ほどで、お伊勢さんの「おかげ」という感謝の気持を持って開業したそうです。
我々の修学旅行は、1966年(昭和41年)でしたので、当然この「おかげ横丁」はありませんでした。
ここには、江戸期から明治期にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築・再現されています。
画像

画像

画像

土産物を物色するAとR。
Aは孫へのお土産を買うのだとか^^
コワオモテのAも孫には優しいぢぃじなのですなw
画像


ちょいと昼飯に早いですが、「伊勢通」のRが「伊勢に来たら是非とも名物の伊勢うどんを食べてみるべき」と宣うので、伊勢うどんのお店へ突撃。
これが伊勢うどんか^^
やや太めのうどんにどろっとした黒いタレがかかっています。
トッピングは青ネギのみ・・・・
お味の方は・・・・ちょいとビミョウです><
画像

Aは「うどんにすき焼きのタレをかけたみたいやな?」と言うのですが、Rには悪いですが、すき焼きのタレに入れたうどんの方がはるかに美味い^^;
何とか私は完食しましたが、何と!「美味いので、是非とも〜」としきりに勧めていたRは半分残していました><
お店の中でひっくり返りそうになったAと私でした。

伊勢うどんの店を出て、今度はういろう屋の店先で、Rが「ここのういろうが美味しいよ。白を一本だけ買うのがツウの買い方」などと宣います。
伊勢うどんはちょいとハズレでしたので半信半疑でした。
しかし、この店の白いういろうは好評のようで私とAが買ったのが最後の2本でした。
残念ながら写真はありませんが、結果は大アタリ!

「おはらい町」〜「おかげ横丁」の下見を終え、内宮の「宇治橋」へやって来ました。
画像

ここから1時間もあれば参拝できるようですが、ちょいと疲れました><
結局参拝するのは9月の本番のお楽しみということで、帰路につくことにしました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
50年ぶりの修学旅行下見、実に楽しそうですね。
天気が良くて青空がまぶしいです。私も伊勢には4月に行ったばかりですが雨空でした。印象がだいぶ違います。
やはり赤福の中には人が多いですね。私は一人で食べたことを思い出します。
おかげ横丁の買い物は楽しいですよね。
ミクミティ
2017/06/07 21:53
あ〜、赤福と伊勢うどんだぁ〜
自分が行ったら絶対食べたい物です
おかげ横丁に行き、色々な物を食べ歩くのが小さな夢なんです
ガイドブックはすでに買ってあるのですが、なかなかチャンスが無いんですよね・・・
ゆけむり
2017/06/07 22:42
伊勢うどんも赤福も味が微妙ですよね・・・。
「名物にうまいものなし」という言葉の意味を、伊勢に行くたびについ考えてしまいます。
他にも鹿児島の“かるかん”など、ついことわざに「なるほど」とうなずいてしまう名物はいろいろあります。
家ニスタ
2017/06/07 22:59
伊勢の内宮も、一昨年訪れて
いるので、記憶が生々しいで
すね。

戦後70周年を機にして、失わ
れた青春時期だった少飛時代を
訪ねる旅をしたくなりました。

そこで知覧、終戦を迎えた地(
加佐登、現鈴鹿市)、伊勢神宮
を訪ねました。

伊勢神宮を始めて訪れたのは、
終戦末期の7月末でした

当時の伊勢市(当時宇治山田)
は空襲直後で燻っていました。

内宮は目標がが外れ一部の
被害に止まっていました。

終戦後、1回目に訪れた時は、
駐車場が確保できず断念して
います。

一昨年朝早く現地に赴き、参拝
出来ました。

おかげ横丁、赤福も記憶が鮮明
に残っています。

観光客で溢れていました。
kunityann
2017/06/08 07:52
おはようございます♪
おかげ横丁
楽しそうですね!

おかげ横丁を作るのに赤福さんが
ものすごく尽力されたと聞きますねぇ

伊勢と言えば 伊勢うどんと手こね寿司が
有名ですよね!

いつか私も行ってみたいです!
おとめ
2017/06/08 07:56
ミクミティさん、おはようございます。
下見は天候に恵まれました。
9月の本番も良い天気に恵まれれば良いのですが。
「おかげ横丁」では、散策の時間をたっぷりととろうと思っています。
OZMA
2017/06/09 10:45
私も小学校の修学旅行は伊勢と鈴鹿サーキットだったと思います(笑)
子供たちは広島でしたね

赤福餅は好きです
うどんは見るからに抵抗が。。。です(笑)
とまる
2017/06/09 13:42
ゆけむりさん、こんばんは。
赤福餅も伊勢うどんも伊勢の名物ですね。
私は伊勢うどんは初めてでしたが、赤福餅は伊勢に行ったら必ず買って帰ります。
つきたての赤福餅は絶品でしたよ^^
OZMA
2017/06/09 21:17
家ニスタさん、こんばんは。
私は名所に行くと必ずと言っていいほど「名物」と言われる物を買ってしまいます。
ご当地でしか買うことが出来ない物が多いですから。
確かに美味いと思う物は少ないですが^^;
OZMA
2017/06/09 21:28
kunityanさんにとっては、伊勢神宮は青春時代の思い出だったのですね。
70年ぶりに伊勢神宮を参拝できて良かったですね。
この日は平日でしたが、結構たくさんの観光客が来られていましたね。
OZMA
2017/06/09 21:41
おとめさん、こんばんは。
手こね寿司も伊勢の名物だったのですね。
9月の「本番」では、手こね寿司を食してみることにします。
おとめさんが行かれた折りには、赤福の本店にもぜひお立ち寄りください。
OZMA
2017/06/09 21:48
とまるさん、大阪でも当時の修学旅行はお伊勢参りでしたか^^
でも私たちは鈴鹿には行かなかったですね。
小学生にとって、鈴鹿サーキットは楽しい場所だったでしょうね。
OZMA
2017/06/09 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
50年ぶりの修学旅行下見D〜おかげ横丁〜 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる