テーマ:海外旅行

魅惑の国トルコへ56~旅を終えて~

昨年は9日間で中央ヨーロッパ4カ国を周り、ちょいと慌ただしかったので、今回は10日間でトルコのみを訪れることにしました。 しかし、トルコは広い^^;面積は78万㎢もあり、日本の2倍以上なので、10日間でも少し物足りない感じでした。^^; トルコを訪れる前に下の4つの目標をたてました。 ①トルコの世界遺産を訪れる。 ②温泉を堪…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ55~ドバイから関空へ~

3:00 エミレーツ航空EK-0316便にてドバイ発。 乗り換えの時間は短くて、ちょいと慌ただしかったです。 帰りの機材も行きと同じエアバスA-380でした♪~ もちろんアメニティは、行きと同じくブルガリ^^ 往路の記事にも書きましたが、このエミレーツ航空エアバスA-380のビジネスクラスにはラウンジがあるということでし…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ54~イスタンブールからドバイへ~

10日間のトルコ観光を終え、帰国のためイスタンブール新空港へ向かいました。 装甲車が停まっていますね。 空港で、こういうの撮ったらダメなのかな? 大きなモスクが建設中でした。 この建物も空港施設の一部になるのでしょうね。 ここで、ツアーガイドのギョクハンさんとお別れ。 10日間お世話になりました~ かみ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ53~ボスポラス海峡クルーズ~

10日間のトルコ旅行最後の観光は、ボスポラス海峡クルーズ。 ツアーバスでクルーズ船が停泊しているエミノニュ桟橋へ向かいました。 ボスポラス海峡は、トルコのヨーロッパ部分とアジア部分を隔てる海峡で、海からイスタンブールの名所を眺めることが出来ます。 地上からとはまた違った景色が味わえるので、楽しみです。 船は50人以上乗れ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ52~ランチ⑥~

トプカプ宮殿の観光を終え、ツアーバスが停まっている場所まで歩きます。 イスタンブールでは、名所近くには駐車場は少ないので、結構な距離を歩くことが多いです。 時には、こんなほのぼのとした風景に出会うこともありますが・・・やっぱりしんどい;><; やっとツアーバスの停車場までたどり着き、ランチ会場へ向かいました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ51~トプカプ宮殿②~

>前稿より続き ハレムを出ると、しばしフリータイム。 宮殿の敷地内にはたくさんの建物が点在しています。 どの建物に入ろうかな? ここは「宝物館」かな? おっと!写真撮影禁止でした>< 今年、京都国立近代美術館で「トルコ至宝展」が開催されましたので、貼っておきます。 我々もこの時観ていないトップカプ宮…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ50~トプカプ宮殿①~

トルコ旅行最終日の午前中は、オスマン帝国スルタンの居城だった「トプカプ宮殿」を訪れました。 1460年に着工し16年の歳月を要して完成したトプカプ宮殿は、1856年に宮廷がドルマバフチェ宮殿に移るまでのおよそ400年もの間、オスマントルコ帝国歴代のスルタンの住居及び政治・行政の中心となってきました。 宮殿の正門「帝王の門」。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ49~アガサ・クリスティー・ルーム~

<6月21日(金) 9日目> トルコ旅行最終日。 4階にアガサ・クリスティーが宿泊した部屋があるというので、朝食に行くついでに4階へ行ってみました。 エレベーターを降りると、ちょいと他の階と雰囲気が違います。 他の階は吹き抜けになっているのに、4階だけは吹き抜けの部分が一部分フロアーになっていました。 どうやらフロアー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ48~民族舞踊とベリーダンスショー②~

>前稿より続き お次はちょいとしたコント?? 先ほどのダンサーが、おもむろにソファーに横たわっています。 どうやら王女様の役柄のようです。 スタッフの指名により、客席から4名の女性が壇上に上げられました。 1名は外国の方、残りの3名は日本人のようです。 一人ずつ踊らされて、何やら審査されるようです。 外国の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ47~民族舞踊とベリーダンスショー①~

この日は夕食を早めに済ませ、「民族舞踊とベリーダンスショー」を見に行きました。 お店の前でツアーバスを下りて、ショーの会場のある地下へ。 どういうわけか、私の席は舞台の真ん前。所謂「かぶりつき」です。 私のテーブルの前には、トルコと日本の国旗が飾ってありました。 各テーブルにこのように国旗が供えられていましたが、どうやら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ46~夕食③~

この日の夕食は「ペラパレスホテル」内にある「アガサレストラン」にて。 このホテル、アガサ・クリスティが「オリエント急行殺人事件」を執筆したホテルということで、レストランも「アガサ」の名前を付けちゃいましたねw 店内には、このホテルに宿泊した有名人の写真が飾ってありました。 さて、お料理です。 ドイツやオーストリアでよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ45~トルコの激甘お菓子~

「オリエント・エクスプレス」でランチ後、早めにホテルへ帰ってきました。 夕食まではフリータイムでしたので、ホテルでハマム体験をしようと思っていました。 しかし、残念ながらここのハマムも予約制でしたので、諦めて近くの商店街へお土産を買いに出かけました。 前稿、「魅惑の国トルコへ37~商店街散策~」でUPした商店街ですので、写真は撮っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ44~シルケジ駅~

ランチの後、少しフリータイムがあったので、シルケジ駅を散策しました。 シルケジ駅はトルコの国鉄ターミナル駅で、アガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』でも有名なオリエント急行の終着駅でした。 駅のホームがあった場所は、お店のテラス席になっていました。 ホームの前の仕切りはない方がいいですね。 駅舎です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ43~ランチ⑤~

ランチを食べにボスポラス海峡の南端のシルケジ地区へ向かいました。 途中、船着き場からイスタンブール観光の目玉の一つ「ガラタ塔」が見えました。 ここへは行かなかったですね。 何でも塔に登るために大行列が出来ているのだとか^^; ここは、東西海上交通の要所とあって、たくさんの船が停泊していました。 今回のランチは、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ42~アヤソフィア~

「地下宮殿」観光後、次に向かったのは「アヤソフィア」。 「アヤソフィア」は、「スルタンアフメト・ジャミィ」の向かいに建つ博物館です。 完成した360年当時はキリスト教聖堂として総主教座が置かれていました。 その後、オスマン帝国時代には改築により、帝国内で最も高い格式を誇るイスラムモスクとして利用され、現在では無宗派の博…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ41~地下宮殿~

次に向かったのは「地下宮殿」という観光スポット。 「スルタンアフメト・ジャミィ」の近くなので、徒歩で向かいました。 ここが「地下宮殿」の入り口。 あまりにも小さな建物なので、ちょいと拍子抜け。 入り口の階段を下りていくと、そこには何本ものコリント様式の柱で支えらた幻想的な空間が広がっていました。 実はこの空…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ40~スルタンアフメト・ジャミィ(ブルーモスク)~

グランドバザール観光の後、通称”ブルーモスク”と言われている「スルタンアフメト・ジャミィ」へ向かいました。 ガラタ橋を渡ると、6本のミナレットを持つという「スルタンアフメト・ジャミィ」が見えてきました。 ここからだとミナレットは4本しか見えませんねぇ^^ 途中、ツアーバスは「ヴァレンス水道橋」の下をくぐりました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ39~グランドバザール~

<6月20日(木) 8日目> この日はイスタンブール1日観光。 まず最初に訪れたのは「グランドバザール」。 「グランドバザール」は、1461年から続く歴史的建造物で、時代と共に増築が繰り返され、現在では64のストリート、22もある出入り口に加え、3600を超える店舗を有し、「世界最古で最大規模のデパートの一つ」とも言われているそう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ38~夕食②~

この日の夕食はホテルのレストランではなく、街のレストランへ食べに行きました。 レストラン近くのタキシム広場でツアーバスを下車。 ここから歩いてレストランへ向かいます。 広場の前には大きなモスクが建っていました。 この建物もモスクなのかな? 公園では、たくさんの人たちが夕暮れのひとときを楽しんでおられました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ37~商店街散策~

ホテルにチェックイン後、数時間のフリータイムがありました。 旅行前、このフリータイムの間にガラタ橋の近くの屋体船へトルコ名物の「サバサンド」を食べに行こうと思っていました。 ところが、疲れていてガラタ橋まで歩いて行く気力と体力が残っていませんでしたので、「サバサンド」は諦めてホテルで体力を回復することにしました。 体力が残って…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ36~ペラ パレス~

イスタンブールでの宿泊ホテルは、「ペラ パレス」。 このホテルは、アガサ・クリスティやアーネスト・ヘミングウェイなども宿泊し、アガサ・クリスティの代表作「オリエント急行殺人事件」がここで執筆されたのだそうです。 中に入ると、昔ながらのクラシックで格式高い内装が広がります ロビーの一角には、1892年の創…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ35~ドルマフチェ宮殿~

イスタンブールでの最初の観光地は、「ドルマフチェ宮殿」。 バスを下りて少し歩いて行くと、ドルマフチェ時計台が見えてきました。 「皇帝の門」から宮殿に入場します。 ドルマフチェ宮殿は、海峡の入り江を埋め立てらた庭園であった場所に19世紀にアブドゥル・メジド1世の命により1856年に建設された宮殿。 美しく整備さ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ34~再び♪飛んでイスタンブール♪~

<6月19日(水)7日目> 朝起きると、たくさんの熱気球が空に浮かんでいるのが見えました。 朝食をいただいて、ホテルをチェックアウト。 トルコのホテルでは、どこも新鮮な野菜や果物が豊富にありました。 こちらのホテルでは2泊お世話になりました。 空港に向かう途中、熱気球のゴンドラがトラックに牽…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ33~夕食②~

カッパドキアでは、同じホテルで2泊します。 この日の夕食もホテルでいただきました。 前日の夕食は、ちょいと物足りなくて★★★(星3つ)でしたが、今回はどうでしょう? まずは、パスタ入りスープ。 続いて、トマトとキュウリのサラダ。 どちらも優しい味付けでした^^ メインはチキンのグリル ピラフ添え デ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ32~パシャバー~

この日の午後は、パシャバー地区の観光。 ここもカッパドキアでは、外せない有名なスポットです。 これらの岩は煙突の形に似ていて、岩の中に妖精が住んでいるという言い伝えから「妖精の煙突」とも言われています。 「煙突」というより、私には「キノコ」のように見えますが・・・ また、山や岩にこもって信仰生活を送ることを提唱した古代の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ31~ランチ④~

カッパドキア観光の途中、地元のレストラン「ELAI」でランチタイム。 店内の写真を撮ろうとすると、親子連れペアの娘さんがお茶目なポーズをとってくれましたw やっぱり若い人はノリが違うワ♪~ このお店も洞窟風ですな^^ 調度品もシックで古ぼけた壁によく合っています。 さて、お料理です。 まずは、揚げ餃子の皮のような…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ30~ウチヒサール~

ギョレメ野外博物館の次に向かったのは、ウチヒサール。 バスの車窓から見たウチヒサールの奇観です。 我々の宿泊ホテルもウチヒサール地区にあるのですが、バスが到着した所はホテルから少し離れた高台でした。 宿泊ホテルは、あの高台の向こう側の斜面に建っているのだと思われます。 木に青いガラスの目玉…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ29~ギョレメ野外博物館~

バルーンツアーから帰って、ホテルで朝食をとりました。 スタッフが好みに合わせてオムレツを焼いてくれました。 前日に引き続き、この日もカッパドキア観光です。 まずは、ギョレメ野外博物館へ向かいました。 カッパドキアは4世紀ごろからキリスト教徒たちが暮らしていたエリアで、当時から残る教会が今でもあちこちに点在していま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ28~バルーンツアー②~

バルーンツアー続き> この方角に日の出が見えるらしいのですが、靄っているためになかなか太陽が顔を出しません。 ようやく太陽が顔を見せ始めました。 我が国では、山頂から見る日の出を「ご来光」と言い、有り難い物だそうですが、ここは山頂ではなく空中。 「ご来光」とは言わないのでしょうかねぇ? だいぶ高度が下がってきました…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ27~バルーンツアー①~

かみさんがトルコ旅行してきた人から聞いた話では、「カッパドキアでは、夏気球に乗るのがオススメ」なんだとか・・・ 私は高所恐怖症なので、熱気球なんぞは乗りたくもないのですが、高い所が大好きなかみさんは「絶対に乗ってみたい」と言います><; 今回のツアー行程では、バルーンツアーは含まれておらず、オプショナルツアーもないようです。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more