テーマ:植物園

四国一周旅行9~モネの庭マルモッタン③~

駐車場を横切りギャラリーショップの入り口へ。 建物の入り口には、クロード・モネの写真が飾られていました。 ショップはあとでゆっくり見ることにして、奥の「花の庭」へ向かいました。 「花の庭」は季節ごとのさまざまな草花が咲き乱れる庭園。 「バラのアーチ」は、残念ながら見頃は過ぎていました。 バラは園内に200種500本…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行8~モネの庭マルモッタン②~

続いて今年5月にオープンしたばかりの「ボルディゲラの庭」は、北イタリアの地中海沿岸部をイメージして作られているそうです。 開園当時から「光の庭」として公開されていたそうですが、この度全面リニューアルされました。 ヤシやサボテン、ソテツなど地中海の植物が植えられていて、「水の庭」とは少し違った雰囲気を醸し出しています。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行7~モネの庭マルモッタン①~

ホテルをチェックアウトし、安芸郡北川村にある「モネの庭」マルモッタンに向かいました。 印象派の巨匠クロード・モネは、列車の窓から見たジヴェルニーの景色の美しさに心奪われ、43歳でフランス北部にあるジヴェルニーに移り住みました。そして、セーヌ渓谷の肥沃な土地に、理想の家と庭を作りあげました。 ジヴェルニーの庭は彼の創造の源泉となり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

玉水ゆり・紫陽花園②

隣の紫陽花園のエリア。 こちらには、2000株の紫陽花が植えられているそうです。 ユリに比べてやや数は少ないですが、同時に2種類の花を見られるのは、ちょいとお得な気分です^^ 市街地の近くなので、帰りに篠山の城下町をちょいと散策してきました。 篠山城は行きませんでしたが・・・
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

玉水ゆり・紫陽花園①

6月20日(土) 丹波篠山市にある「玉水ゆり・紫陽花園」へ行ってきました。 最近のお出かけと言ったら、「三密」を避けて植物園ばかりです^^; 「玉水ゆり・紫陽花園」は、丹波篠山市の中心部にほど近い場所にありました。 入園料を払った時に体温を測られ、手を消毒してから入園。 木立に囲まれた広い敷地の中には、いくつかのエリア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あわじ花山水

地元のサンテレビで、淡路の観光農園「あわじ花山水」のヤマアジサイが今見頃とのことが放映されていました。 翌日の6月7日(日)さっそくあわじ花山水へ行ってきました。 途中、ちょいと道に迷いましたが、お昼前にあわじ花山水に到着。 この観光農園は地元出身の水田進さんが過疎化が進む集落に人を呼び込もうと自宅近くの田んぼを整備し、2007年…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ちくさ湿原

6月1日(月)朝、友人のShiから「ヒマか?どっか行こか?」てな電話。 もちろんヒマしてたのでOK~ Shiも「ステイホーム」でかなりストレスがたまっていたようです。 とりあえずあてもなくShiのクルマで北へ向かいました。 この時期、新緑が美しい^^ 少しだけ、心が癒やされます。 途中「竹取御膳」という看…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

兵庫県立フラワーセンター②

>前稿より続き 大温室を出て、亀の倉池の対岸にあるバラ園へ向かいました。 広い敷地には、230品種1200本ものがバラが植えられているそうです。 一本の株にたくさんの花が付いています。 ♪赤白黄色~どの花見ても綺麗だな~♪ あれ?チューリップの歌でしたね^^; ちょいとアップで・・・ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

兵庫県立フラワーセンター①

5月30日(土)、加西市にある兵庫県立フラワーセンターに行ってきました。 フラワーセンターの入り口付近。 奥に見える建物は大温室。 まずは、大温室に入ってみることにしました。 色々なベゴニアが展示されている「球根ベゴニア室」。 その次のエリアは「熱帯植物室」。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more