テーマ:植物園

四国一周旅行9~モネの庭マルモッタン③~

駐車場を横切りギャラリーショップの入り口へ。 建物の入り口には、クロード・モネの写真が飾られていました。 ショップはあとでゆっくり見ることにして、奥の「花の庭」へ向かいました。 「花の庭」は季節ごとのさまざまな草花が咲き乱れる庭園。 「バラのアーチ」は、残念ながら見頃は過ぎていました。 バラは園内に200種500本…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行8~モネの庭マルモッタン②~

続いて今年5月にオープンしたばかりの「ボルディゲラの庭」は、北イタリアの地中海沿岸部をイメージして作られているそうです。 開園当時から「光の庭」として公開されていたそうですが、この度全面リニューアルされました。 ヤシやサボテン、ソテツなど地中海の植物が植えられていて、「水の庭」とは少し違った雰囲気を醸し出しています。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行7~モネの庭マルモッタン①~

ホテルをチェックアウトし、安芸郡北川村にある「モネの庭」マルモッタンに向かいました。 印象派の巨匠クロード・モネは、列車の窓から見たジヴェルニーの景色の美しさに心奪われ、43歳でフランス北部にあるジヴェルニーに移り住みました。そして、セーヌ渓谷の肥沃な土地に、理想の家と庭を作りあげました。 ジヴェルニーの庭は彼の創造の源泉となり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

玉水ゆり・紫陽花園②

隣の紫陽花園のエリア。 こちらには、2000株の紫陽花が植えられているそうです。 ユリに比べてやや数は少ないですが、同時に2種類の花を見られるのは、ちょいとお得な気分です^^ 市街地の近くなので、帰りに篠山の城下町をちょいと散策してきました。 篠山城は行きませんでしたが・・・
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

玉水ゆり・紫陽花園①

6月20日(土) 丹波篠山市にある「玉水ゆり・紫陽花園」へ行ってきました。 最近のお出かけと言ったら、「三密」を避けて植物園ばかりです^^; 「玉水ゆり・紫陽花園」は、丹波篠山市の中心部にほど近い場所にありました。 入園料を払った時に体温を測られ、手を消毒してから入園。 木立に囲まれた広い敷地の中には、いくつかのエリア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あわじ花山水

地元のサンテレビで、淡路の観光農園「あわじ花山水」のヤマアジサイが今見頃とのことが放映されていました。 翌日の6月7日(日)さっそくあわじ花山水へ行ってきました。 途中、ちょいと道に迷いましたが、お昼前にあわじ花山水に到着。 この観光農園は地元出身の水田進さんが過疎化が進む集落に人を呼び込もうと自宅近くの田んぼを整備し、2007年…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ちくさ湿原

6月1日(月)朝、友人のShiから「ヒマか?どっか行こか?」てな電話。 もちろんヒマしてたのでOK~ Shiも「ステイホーム」でかなりストレスがたまっていたようです。 とりあえずあてもなくShiのクルマで北へ向かいました。 この時期、新緑が美しい^^ 少しだけ、心が癒やされます。 途中「竹取御膳」という看…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

兵庫県立フラワーセンター②

>前稿より続き 大温室を出て、亀の倉池の対岸にあるバラ園へ向かいました。 広い敷地には、230品種1200本ものがバラが植えられているそうです。 一本の株にたくさんの花が付いています。 ♪赤白黄色~どの花見ても綺麗だな~♪ あれ?チューリップの歌でしたね^^; ちょいとアップで・・・ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

兵庫県立フラワーセンター①

5月30日(土)、加西市にある兵庫県立フラワーセンターに行ってきました。 フラワーセンターの入り口付近。 奥に見える建物は大温室。 まずは、大温室に入ってみることにしました。 色々なベゴニアが展示されている「球根ベゴニア室」。 その次のエリアは「熱帯植物室」。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

森林植物園

11月6日(金)かみさん、この日も宿直明け。 「紅葉を観たい」というのですが、この時期近場はちと早すぎるようです。 ネットで調べてみると、神戸市立森林植物園だけが見頃になっていましたので、行ってみることにしました。 神戸市立森林植物園は、市街地から至近の六甲山地の一角に、自然を最大限に活用した総面積142.6haの広大な植物園…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

六甲高山植物園②

・・・前稿より続き 湿性区 <ニッコウキスゲ> この花はもうそろそろ終わりですね。 西ゲート付近 <キキョウ> <ウバユリ> <オグラセンノウ> <?> 調べてみたのですが、名前がわかりませんでした>< 西ゲートにある「山小屋カフェ エーデルワイス」で休憩。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

六甲高山植物園①

8月6日(木) UPが遅れています。 一ヶ月近く前の記事ですみません。 スペインから帰国してから、腰痛と暑さのため、ほとんど出かけていませんでした。 そのため、-6Kgまでダイエットしていた体が3Kgもリバウンドしてしまいました。 外に出たら暑い、でも家にいても暑い。 ならば涼しいところへ・・・・ということで六甲高山植物…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

姫路バラ園

日本玩具館からクルマでわずか5分のところに姫路バラ園があります。 こちらもまた、個人経営ですが、現在800種類、3500株のバラを育てているそうです。 バラの甘い香りが園内一杯に漂っていました。 こちらの園では全ての花に名前と原産国のタグが付いて分かりやすかったです。 とは言ってもバラには詳しくないんで名…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

咲くやこの花館④

前稿からの続き~ <外部庭園> 館内の植物室に隣接した庭園。 ロータスガーデン、トロピカルガーデン、プチイングリッシュガーデンなどがあります。 この日フラワーホールで「大阪バラ祭2015」をやっていました。 5月15日(金)から開催され、この日が最終日だったようです。 <品種見本展> …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

咲くやこの花館③

前稿から続き~ <高山植物室> ヒマラヤ、中国、日本、ヨーロッパやアメリカなどの高山植物が展示してあります。 「メコノプシス(青い芥子)」 初めて見たのは昨年の六甲山高山植物園でした。 青い薄い紙で作ったような花びらの美しさに感動しました。 今年も見ることができてよかったです。 「ザンセツソ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

咲くやこの花館②

前稿から続き~ <サボテン・多肉植物室> アフリカ、マダガスカル、北南米、オーストラリアなどの乾燥地に生育する植物の温室。 きれいな花を咲かせているものを中心に撮ってきました。 名前をひかえてないので、写真のみ掲載します。 サボテンの花ってきれいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲くやこの花館①

5月17日(日) かみさんの仕事が休みなので、大阪市の「咲くやこの花館」へ行ってきました。 咲くやこの花館は、1990年に開催されたEXPO'90「国際花と緑の博覧会」で大阪市のパビリオンとして建設され、現在も「花の万博」のテーマでもある「自然と人間の共生」を継承し、「熱帯から極地までの広範囲の植物」を「熱帯雨林植物室」、「…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

手柄山温室植物園

姫路市立手柄山温室植物園へは、私は昨年に引き続き2度目の訪問でしたが、かみさんは初めてなので「クリスマスローズ講習会」の待ち時間の間に温室へも行ってみることにしました。 まずは、砂漠植物を展示してある「小温室」へ。 <パキポジウム属> <花キリン> 残念ながら、この時期、花を咲かせているサボテンは少なかっ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

クリスマスローズ展

2月22日(日) 姫路市立手柄山温室植物園で開催されているクリスマスローズ展へ行ってきました。 この日は姫路城マラソンが開催され、姫路市内は交通規制がなされているのと天候が雨なのでどうしようかと迷っていたのですが、温室なら雨は関係ないかと思い、行ってみることにしました。 姫路市立手柄山温室植物園では、ブログで知り合った…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

布引ハーブ園

7月21日 昼前からヒマになったので、どこかへ行こうということになりました。 このあたりでは、そろそろハーブも終わりに近いので、我が家から1時間足らずで行ける「神戸布引ハーブ園」へ行くことにしました。 神戸布引ハーブ園へは新幹線新神戸駅にほど近い布引ロープウェイ山麓駅からロープウェイに乗ってハーブ園山頂駅まで行きます。 …
トラックバック:5
コメント:10

続きを読むread more

リベンジ!京都府立植物園⑤

京都府立植物園の観覧大温室最後のゾーンに入ります。 <ラン・アナナ室> ここでは、ラン科の植物が多く展示されてあります。 「パイナップル科の植物たち」 「エクメア グラキリス」 これもパイナップルの仲間。 「ソーセージノキ」 なるほど・・美味そうです。 「ヒメアリカケカズラ」 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

リベンジ!京都府立植物園④

次の部屋に移動します。 <高山植物室> 部屋にはいると、霧が立ち込めひんやりしています。というか、寒いぐらいです。 部屋の温度を下げ、霧をたちこませて山の気候を人工的につくっているようです。 ご存じ「エーデルワイス」 私の好きな花です^^ これもエーデルワイスの仲間なんでしょうかね? 「コリダス ル…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

リベンジ!京都府立植物園③

次の部屋に移動します。 <昼夜逆転室> 昼夜逆転室(ナイトフラワーガーデン)では、昼に夜の空間を創り出し、夜に咲く花を展示しています。 夜咲く花と言えば、やっぱり 「ゲッカビジン」 何と美しい姿をしているのでしょう! フラッシュ禁止なので、スマホではなかなか上手く撮れませんでした。 普段みることが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リベンジ!京都府立植物園②

次の部屋へ移動します。 <砂漠・サバンナ室> 天井が高いので、背の高い植物も展示され、迫力があります。 「センニンノマイ 仙人の舞」 仙人が舞っている様子を彷彿させます。 「ササノユキ 笹の雪」 葉に白い模様が面白いです。 「キンシャチ 金鯱」 このサボテンは、どの植物園でも見かけますよね。 大…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リベンジ!京都府立植物園①

前回6月に来たとき入れなかった京都府立植物園の観覧大温室にやってきました。 一目散に観覧大温室前へ向かいます。 温室の内部は9つのゾーンで構成され、入館者は回遊式、段差のない延長460メートルに及ぶ順路に従って進むと、次々と景観が変わり、一巡すると熱帯の様々な植生が観賞できます。 展示植栽植物は約4,500種類、25,00…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大阪舞洲ゆり園

6月21日(土) 大阪舞洲ゆり園に行ってきました。 大阪舞洲ゆり園は、大阪湾に位置する「舞洲」の西側にある広大な敷地50,000平方メートルに約30万球のユリを植栽し、約50種類、200万輪のユリを鑑賞することができる施設です。 この施設は昨年オープンしたばかりで、まだ建物はほとんどありません。 今日もたくさんの…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

播州山崎花菖蒲園②

前稿の続きです。 花菖蒲の栽培は、一般には江戸中期に本格的に始まったとされ、江戸の最盛期には400に近い品種が育成され、江戸(東京)や伊勢(三重県松坂)、肥後(熊本)などで発展しました。 ハナショウブの品種は、改良されてきた地域にちなんで江戸系、伊勢系、肥後系に分けられます。 <江戸系> 花被片(はなびら)が横に広がって開く…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

播州山崎花菖蒲園①

6月15日(日) 6月の代表的な花と言えば、紫陽花、花菖蒲、バラ・・・ 播州山崎花菖蒲園の花菖蒲が見頃になったので行ってきました。 播州山崎花菖蒲園は、100万本の花菖蒲と四季折々の花々、約1,200品種を鑑賞できる回遊式の花庭園です。 実は、あまり期待していなかったのですが、結構たくさんの花菖蒲が見事に咲いてい…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

手柄山温室植物園③

前稿からの続き <特別展示> この日はセントポーリア展をやっていました。 名前覚えられないので、名前のタグもいっしょに写真に撮りました。 チョイと見にくいですが、ご容赦ください^^; 50種200点を展示しているそうです。 セントポーリア、こんなにたくさ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

手柄山温室植物園②

前稿からの続き <大温室内> この温室では熱帯・亜熱帯の珍品奇種の観葉植物・果樹類や洋ラン・ベゴニア・食虫植物等が展示されてあります。 姫路市花「サギソウ」 サギソウは、日本原産のラン科植物で、その名が示すように色や形が「シラサギ」そのままです。 姫路市では、姫路市のシンボル「白鷺城」にふさわしい花として、…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more