テーマ:

ランチいろいろ

我が家は私とかみさんと二人なので、ちょこっと出かけた時に、手軽にランチをするのが楽しみです。 ここ最近、お出かけした時に食べたランチをまとめてみました。 9月1日(水) 浜の散歩道をウォーキングした帰りに行った「ながさわ」。 昼時というのにお客は私たち2人だけでした・・・ かみさんの注文したもの。名前忘れました。「なん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

太山寺(たいさんじ)

9月10日(金) ドライブがてらに神戸市にある太山寺(たいさんじ)へ行ってきました。 太山寺は、元正天皇の勅願寺として霊亀2年(716年)に発願者である藤原鎌足の孫の藤原宇合が堂塔伽藍を建立したとされる由緒あるお寺なんだそうです。 室町時代中期の再建されたとされる重要文化財の仁王門。 門の内側はこんな感じ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

六甲山ガーデンテラス

六甲高山植物園の次に向かったのは、六甲ガーデンテラス。 六甲ガーデンテラスは、六甲山上にある観光施設で、園内各所にある展望台から絶景を眺めながら、食事や買い物が楽しめます。 展望台からの大阪湾~神戸の眺望。 ドーム型の建物は、「六甲枝垂れ」。 ここへは以前行ったことがあるので、今回は行きません。 向こうに見える…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

六甲高山植物園 2021秋②

ランチ後、散策を続けます。 小便小僧の前には食中植物。 清流のそばに咲く植物たち。 絶滅危惧種に指定されている「サギソウ」を見つけましたが、残念ながら撮った写真は全部ピンボケ>< 広い園内を一周してきました。 しかし、この時期は花が少ないようで、ちょいと残念>…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

六甲高山植物園 2021秋①

六甲山ドライブの途中、六甲山高山植物園に立ち寄りました。 ここへは何度も来ていますが、この時期は初めてかな? つぼみかな?それとも実? 「レンゲショウマ」・・・こいつはつぼみですね。 熱心にカメラを向けている年配の方がちらほらいらっしゃいます。 高山植物は地味な(可憐な?)花を咲かせるものが多いよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

六甲山ドライブ

9月7日(火) コロナ禍・・・気分転換に六甲山へドライブしてきました。 北側の裏六甲ドライブウェイから山を登りました。 六甲山では、高山植物園とガーデンテラスへ立ち寄りました。 高山植物園とガーデンテラスの記事は後日UPします。 帰りは山の南側の表六甲ドライブウェイから山を下りました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

淡路へ一泊旅行⑥~「幻の銘菓」を求めて~

帰るけど、まだお土産買ってないなぁ・・・・ 淡路の名産と言ったら、やっぱり玉ねぎやろね。 淡路島南端の福良から洲本へ戻り、玉ねぎを買うために島の東岸を走ります。 途中、Netで「淡路土産」を調べてみると「嘉兵衛餅」というのが淡路を代表する銘菓なんだとか・・・ どの記事を読んでもかなりの高評価です。 https://setouc…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

みちのく三県4泊5日の旅㉓~千畳敷海岸~

<7月14日(水) 最終日> 朝食は昨夜と同じレストラン「アカショウビン」でビュッフェ。 夕べ食べ過ぎたので、少しにしておこう。 かみさんも、今朝はご飯少なめか・・・ アオーネ十二湖白神をチェックアウトし、再び大間越街道(国道101号線)を北進します。 変わりゆく景色、この道は長く走っていても飽きませんね。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みちのく三県4泊5日の旅㉑~アオーネ白神十二湖~

4日目の宿泊は、十二湖の麓にある宿泊施設「アオーネ白神十二湖」でした。 総合インフォメーションやフロントがある建物。 こちらでチェックインを済ませます。 子どもの遊び場ですね。 孫を連れてきてたら喜びそうです。 和室の宿泊棟もありますが、我々は北欧産本格ログ造りのコテージを予約していました。 1階リビ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みちのく三県4泊5日の旅⑲~大間越街道~

久保田城見学後、秋田市から青森県西津軽郡の十二湖を目指します。 秋田県能代市を過ぎると交通量は減り快走路になります。 ここ秋田県能代から青森県鰺ヶ沢に至る約100Kmの国道101号線(通称「大間越街道」)は、日本100名道に選定されています。 西に日本海の絶景眺めながらのドライブ♪ この道はJR五能線と所々並走しています…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みちのく三県4泊5日の旅⑭~田沢湖~

毛越寺の見学を終え、そろそろお昼時。 毛越寺の近くでは食事をするお店を見つけることが出来なかったので、中尊寺駐車場へ戻ってランチタイムをすることにしました。 かみさんは、盛岡冷麺を食べるのをずっと楽しみにしていたようです。 私はお蕎麦とお餅のセットを注文。 お餅は。左上から、ショウガ入り餡、ずんだ、クルミ餡。 どれも美…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

みちのく三県4泊5日の旅④~十和田ゴールドライン~

<7月11日(日) 2日目> 旅行2日目。 ホテルのビュッフェ朝食。 新型コロナ対策のためにビニル手袋を渡されました。 こちらかみさん。 私はダイエット中なので、これくらいにしておきます。 ホテルをチェックアウトして、十和田湖へ向かいました。 青森から十和田温泉郷へ至る国道103号線は、別称「十和田ゴールド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鶴林寺2021

6月15日(火) 買い物の帰りに久し振りに鶴林寺へ行ってきました。 前稿の鶴林寺の記事 鶴林寺の由緒、建物などの説明は前稿で紹介しましたので、今回は前稿で紹介できなかったものを中心に記事を作成しました。 <仁王門> <仁王像> <本堂> 本堂のそばに咲いていた菩提樹と沙羅双樹。 菩提樹は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

D夫妻と淡路へ②

>>>次稿からの続き 「いづも庵」を出て少し走ると、お城のような建物が見えました。 「淡路城」と表示があります。 中に入ってみようとしましたが、コロナ禍のためか入城中止になっていました。 後で調べてみると、古来の城とはあんまり関係無く、個人が造営した施設で主に美術館になっているそうです。 うどんでお腹が一杯…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

D夫妻と淡路へ①

5月28日(金) D夫妻と淡路島へ「玉葱うどん」なるものを食べに行ってきました。 Dの奥さんの運転で淡路島へ向かいます。 Dよりも奥さんの方が運転が上手いらしいw うちのかみさんは助手席へ陣取り、かみさんどうしやけに会話がはずんでおります。 私とDは後部座席で大人しくしております^^; 明石海峡大橋を渡って淡路島…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三田へ買い物③

帰り道、川沿いに芝桜が植えられている所を見つけました。 両岸に泊まっている数台は、高齢者施設のクルマのようです。 施設から芝桜を見学に来られたのでしょうね。 我々もクルマを降りて、見学することにしました。 我が家からそんなに遠くない所なのですが、こんなスポットがあったとは知りませんでした。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三田へ買い物②

次に向かったのは、「パテシエエスコヤマ」。 この店の人気商品は、「小山ロール」。 以前かみさんと訪れた時は、長蛇の行列が出来ていたので、諦めて帰りました。 さて、今回は無事にl「小山ロール」買えるでしょうか? 駐車場へクルマを停めると大阪ナンバーのクルマも結構来ていました。 お店へ向かったところ、雨だというのに店の裏側まで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三田へ買い物①

4月17日(土) かつての悪ガキ3人で三田へ買い物に行ってきました。 まずは、高級食パン専門店「天才わっはっは!」へ。 何とも変わった名前のパン屋ですが、Shiがネットで調べたところによると、結構人気店なんだそうです。 看板も強烈なインパクトがありますなw 結構早い時間に来たつもりなのですが、お目当ての葡萄食パンは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

琵琶湖へドライブ④~長命寺港~

お土産を買うために湖畔の長命寺港へ向かいました。 Shiがカフェのスタッフに聞いていたのは、長命寺港への行き方だったようです。 長命寺港へ到着。 瀬戸内でよく見かける漁港の風景とそっくりです。 ここが湖であることを忘れそうです。 Shiお目当ての川田商店。 琵琶湖で捕れた魚の佃煮がウリのお店です。 この後、私は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

琵琶湖へドライブ③~日牟禮八幡宮~

八幡堀散策のためにクルマを停めたのは、日牟禮八幡宮の駐車場。 せっかくなので、日牟禮八幡宮を参拝することにしました。 日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)は、伝承によれば、成務天皇元年(131年)、成務天皇が高穴穂の宮に即位の時、武内宿禰に命じてこの地に大嶋大神(大国主神)を祀ったのが草創とされており、古くから近江商人の信仰を集め…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

琵琶湖へドライブ②~八幡堀~

Shiに「社長自ら製品納入か?」なんてからかうと、「コロナの影響で注文も減ってるし、ワシもたまには気分転換が必要なんでなぁ・・・」なんて返答してきました。 滅多にグチをこぼさない彼ですが、やはりコロナの影響はなかなか深刻なようです。 なんて言っているうちに、八幡堀に到着。 八幡堀は、安土桃山時代に豊臣秀次が八幡山城を築城した際…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

琵琶湖へドライブ①~まずは栗東へ~

4月9日(金) 幼なじみのShiから琵琶湖へドライブに行こうという誘い。 滋賀県栗東市の会社へ自社製品を納入するのに、ヒマな私を誘ってきたようですw ヒマにしているので、もちろんOK^^ 大津SAでランチ。 私は、ちょいとリッチに湯葉定食。 Shiはあまり食意欲がないのか、ざるそばとしらす御飯。 レストラン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

野添北公園

>>前稿の続き 圓満寺の隣にある野添北公園へ。 野添北公園から見た圓満寺五重塔。 この建物は茶室なんだそうです。 水辺の側に立並ぶ桜が美しい♪ たくさんの家族連れが遊びに来ていました。 公園内を散策してみました。 これは桃の花かな? 公園内のビオトープではホタル…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夢街道farm67

3月24日(水) かみさんにせがまれて、「いちごパフェ」なんぞを食べに行ってきました。 クルマでおよそ1時間弱走って、姫路市夢前町にある「夢街道farm67」に到着。 お店は、でっかいイチゴが目印。 お店の隣にはビニールハウスがあって、「イチゴ狩り」も出来るようです。 わざわざ姫路まで行って、パフェなんぞは喰いたくもな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ㉒~帰路~

別子銅山跡の観光を終え、帰路につきました。 愛媛県新居浜市から香川県坂出市へ。 今回は、瀬戸大橋から本州へ渡ることにしました。 いよいよ「瀬戸大橋」を渡ります。 瀬戸大橋には道路と鉄道が通り、鉄道道路併用橋としては世界最長で「世界一長い鉄道道路併用橋」としてギネス世界記録(2015年)にも認定されているそうです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑩~亀老山展望台~

四国本島の手前の大島で高速道路を下り、前日行けなかった亀老山展望台へ向かいました。 大島南インターから標高307.8mの亀老山の山道をくねくねと10分ほど上っていくと、いきなり眺望が開け、カーブを曲がると来島海峡大橋が一望できる展望公園の駐車場へ到着します。 展望台からは、写真で観た通りの来島海峡の絶景が広がっています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ~旅程

関西など6府県で緊急事態宣言が解除されたので、明日から久し振りに旅に出ようと思います。 2泊3日で、しまなみ海道~道後温泉へ行ってきます。 昨年から道後温泉へは三度目になります。 今回の旅程は以下の通り。 <1日目 3月7日(日)> 午前 マイカーで自宅発。    尾道着 昼食。 午後 しまなみ海道観光。    因島…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中山寺①

1月21日(木) 宝塚市にある中山寺へ行ってきました。 中山寺は、寺伝では聖徳太子が建立したという日本最初の観音霊場。 また、安産祈願の霊場として皇族や貴族、源頼朝などの武家、庶民より深い信仰を集め、豊臣秀吉が祈願して豊臣秀頼を授かったそうです。 さらに、幕末には中山一位局が明治天皇を出産する時に安産祈願して無事出産したこと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒポポパパ

大蔵海岸散歩の帰り道にあるcafé「ヒポポパパ」でランチしました。 このお店、昔は「ムーミンパパ」という店名でしたが、登録商標にひっかかるためか「ヒポポパパ」に変更していました。 店内はこんな感じ。 海沿いに建っているので、明石海峡が一望出来ます。 海ではウィンドサーフィンをやっていました。 こんな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

GO TO YAMAGUCHI㉔~岩国城下町~

ロープウェイから撮った錦雲閣。 ロープウェイを下りて、辺りを少し散策してみました。 まずは、錦雲閣が建つ吉香公園へ。 1885年(明治18年)居館「土居」跡が吉香公園となり、堀端に絵馬堂である錦雲閣が旧藩時代の櫓を模して建造され、現存しています。 <錦雲閣> 吉香神社の絵馬堂として建てられたもので、1階は入り口部分…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more