テーマ:

夢街道farm67

3月24日(水) かみさんにせがまれて、「いちごパフェ」なんぞを食べに行ってきました。 クルマでおよそ1時間弱走って、姫路市夢前町にある「夢街道farm67」に到着。 お店は、でっかいイチゴが目印。 お店の隣にはビニールハウスがあって、「イチゴ狩り」も出来るようです。 わざわざ姫路まで行って、パフェなんぞは喰いたくもな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ㉒~帰路~

別子銅山跡の観光を終え、帰路につきました。 愛媛県新居浜市から香川県坂出市へ。 今回は、瀬戸大橋から本州へ渡ることにしました。 いよいよ「瀬戸大橋」を渡ります。 瀬戸大橋には道路と鉄道が通り、鉄道道路併用橋としては世界最長で「世界一長い鉄道道路併用橋」としてギネス世界記録(2015年)にも認定されているそうです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑩~亀老山展望台~

四国本島の手前の大島で高速道路を下り、前日行けなかった亀老山展望台へ向かいました。 大島南インターから標高307.8mの亀老山の山道をくねくねと10分ほど上っていくと、いきなり眺望が開け、カーブを曲がると来島海峡大橋が一望できる展望公園の駐車場へ到着します。 展望台からは、写真で観た通りの来島海峡の絶景が広がっています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ~旅程

関西など6府県で緊急事態宣言が解除されたので、明日から久し振りに旅に出ようと思います。 2泊3日で、しまなみ海道~道後温泉へ行ってきます。 昨年から道後温泉へは三度目になります。 今回の旅程は以下の通り。 <1日目 3月7日(日)> 午前 マイカーで自宅発。    尾道着 昼食。 午後 しまなみ海道観光。    因島…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中山寺①

1月21日(木) 宝塚市にある中山寺へ行ってきました。 中山寺は、寺伝では聖徳太子が建立したという日本最初の観音霊場。 また、安産祈願の霊場として皇族や貴族、源頼朝などの武家、庶民より深い信仰を集め、豊臣秀吉が祈願して豊臣秀頼を授かったそうです。 さらに、幕末には中山一位局が明治天皇を出産する時に安産祈願して無事出産したこと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒポポパパ

大蔵海岸散歩の帰り道にあるcafé「ヒポポパパ」でランチしました。 このお店、昔は「ムーミンパパ」という店名でしたが、登録商標にひっかかるためか「ヒポポパパ」に変更していました。 店内はこんな感じ。 海沿いに建っているので、明石海峡が一望出来ます。 海ではウィンドサーフィンをやっていました。 こんな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

GO TO YAMAGUCHI㉔~岩国城下町~

ロープウェイから撮った錦雲閣。 ロープウェイを下りて、辺りを少し散策してみました。 まずは、錦雲閣が建つ吉香公園へ。 1885年(明治18年)居館「土居」跡が吉香公園となり、堀端に絵馬堂である錦雲閣が旧藩時代の櫓を模して建造され、現存しています。 <錦雲閣> 吉香神社の絵馬堂として建てられたもので、1階は入り口部分…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

GO TO YAMAGUCHI⑧~角島~

長門湯本温泉から40分ほど下関方面へ戻って角島大橋へ到着。 角島大橋本土側の入口にある「あまがせ公園」からは、角島大橋が一望出来ます。 角島大橋は、山口県下関市と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる橋で、2000年に開通しました。 長さは1,780メートル、離島に架かる橋のなかで無料で渡れる一般道路としては、日本屈指の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

GO TO YAMAGUCHI③~山口県道32号秋吉台(秋吉台スカイライン)~

別府弁天池から秋吉台までの道のりは10Kmちょっと。 秋吉台への向かう県道32号線(秋吉台スカイライン)は、「日本100名道」にも選定されており、この道を走破するのが目的なのです。 まだ、カルスト地形は見られず、普通の草原ですね。 この季節は台地全体をススキが覆っています。 以前来たのは30年ほど前になるかな・・・夏だっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GO TO YAMAGUCHI~旅程~

「GOTO トラベル キャンペーン」を使って山口県へ行ってきます。 山口旅行は数年前から計画していたのですが、友人から台湾旅行を誘われ、延期。 これまで延び延びになっていました。 当初は3泊4日一人旅を計画していたのですが、かみさんが6月に退職したので、かみさんと2人で行くことに。 旅程もかみさんの要望を入れて少し変更しました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

平荘湖

10月25日(日)、秋晴れの晴天。 加古川市にある平荘湖でウォーキングしてきました。 平荘湖は、1966年(昭和41年)に完成した兵庫県営工業用水ダムによってできたダム湖です。 一周5Kmかぁ・・・無理そうだったら途中で引き返すことにして、とにかく出発! ランニングやウォーキングしている人が多いです。 天気も良いし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

宝塚北SA②

>>>次稿からの続き>>> フードコートでランチにしました。 天井からシャンデリアが吊り下げられ、お洒落なスペースです。 丼物にしましたが、お味は普通かな・・・ デザートは、テレビで紹介されたというソフトクリームのお店で。 宝塚の蜂蜜がかかっているのだとか。 建…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

宝塚北SA①

志方町から少し北上し、山陽自動車道加古川北ICから新名神高速道路の宝塚北SAに向かいました。 宝塚北SAは、「宝塚モダン」をコンセプトに、宝塚市の「花のみち」周辺をイメージした南欧風イメージの建物なのだそうです。 こちらが本物の宝塚大劇場。 「鉄腕アトム」や「火の鳥」オブジェがお出迎え。 宝塚は、世界的な…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

志方町のコスモス畑

チィちゃんの講演会でBossにお会いした際、「志方町のコスモス畑が見頃を迎えている」ということを教えていただいたので、早速行ってみることにしました。 我が家からマイカーで40分ほどで加古川市志方町のコスモス畑に到着。 およそ10ヘクタールの敷地に、約250万本のコスモスが咲き誇る様子は色鮮やかなカーペットを敷きつめたかのようです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福崎町の妖怪たち

8月の記事を一件UPするのを忘れていました。 記事の中身がちょいと前後します。 8月6日(木) ドライブがてらに福崎まで行ってきました。 福崎町には「妖怪」がたくさん住んでいます。 まずは、JR福崎駅。 駅前の河童の河次郎(ガジロウ)。 7時~20時の毎時7分・22分・37分・52分に下からゴボゴボっと出てきます。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅10~ホテル「道後館」~

内子に立ち寄ったので、予定よりも少し遅れてこの日の宿泊ホテル道後温泉「道後館」に到着。 広くて明るいロビーです。 ちょいと見にくいですが、ロビー前には水が流れ落ちてています。 館内のあちこちで水が流れています。 (到着時、ホテルの写真撮り忘れていたので、これらは翌日チェックアウト後に撮ったものです) お…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅9~内子町~

「四国グルメ旅」なのですが、二人とも朝食を食べ過ぎて昼時を過ぎてもお腹が空きませんでした。 道の駅でたいこ饅頭とパンを食って昼食としました^^; 松山の約40Km手前、「内子」の表示があったので回り道して行ってみることにしました。 愛媛県内子町は、古くから大洲街道の交通の要衝として、また四国遍路の通過地として栄えた町。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅8~仁淀川~

三翠園をチェックアウトし、この日の宿泊地道後温泉を目指します。 ホテルを出ると本降りになってきました>< 仁淀川沿いの国道33号線を走ります。 仁淀川は、”日本一美しい川”としてカメラマンや一部の観光客の間で静かにブームになっているのだそうです。 日本一きれいな川と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「四万十川」でしょう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅4~ホテル「三翠園」~

再び高知市街へ戻り、この日の宿泊ホテル「三翠園」にチェックインすることに。 あれ?何だかパンフレットで見たホテルの雰囲気と随分違うようです。 第一、ホテルの玄関前にあるはずの「旧山内家の大門」が見当たりません。 従業員の方にお聞きするとことによると、「旧山内家の下屋敷長屋」などは現在工事中なのだとか。 特に客人を迎える「…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅1~ふたたび高知へ~

夕べ二泊三日の四国旅行から帰ってきました。 今日から少しずつ旅行の報告をしていきたいと思います。 <9月10日(木) 1日目> 予定の時間より少し遅れてShiが迎えに来ました。 なんでも2度寝してしまって、寝坊したのだとか^^ 7:00 自宅発 天候は曇り・・・ 明石海峡大橋を渡り、淡路へ。 淡路サー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅~旅程~

四国一周旅行を終えて二ヶ月もたちませんが、今日から二泊三日、再び四国へ行ってきます。 高知「ひろめ市場」の鰹のたたきとアオサの天ぷらの味が忘れられなくって、幼なじみのShiを誘って食べに行くことにしました。 <ひろめ市場> <やいろ亭の鰹のたたき> <同じくアオサの天ぷら> (写真は前回の旅行記事より) 東京…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四国一周旅行40~帰路・旅を終えて~

予定より少し遅れてホテルをチェックアウトし、帰路につきました。 香川県高松市から徳島県鳴門市へ。 「大鳴門橋」を渡って兵庫県南あわじ市へ。 「明石海峡大橋」が見えてきました。 橋を渡る前に、ちょいと腹ごしらえ♪ おぉ!淡路にも「鯛めし」がありますね。 宇和島で食べた「鯛めし」美味かったなぁ^^ 淡路の「鯛め…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

四国一周旅行28~佐田岬メロディーライン~

<7月18日(土) 5日目> ホテルの朝食はアメリカンビュッフェ方式ではなく、プレート方式でした。 これも新型コロナ対策の一環なのでしょうかね? 8:00前 早めにホテルをチェックアウトし、佐田岬方面へ。 日本100名道に選定されている「佐田岬メロディーライン」を走ります。 「佐田岬メロディーライン」は、日本一細長…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

四国一周旅行25~道の駅大月~

宇和島城へ向かう途中、お昼時になったので「道の駅 大月」でランチをとることにしました。 私が注文したのはコレ↓ 鰹のたたきはやっぱり「ひろめ市場」のが一番^^ かみさんのはコッチ↓ アオサの天ぷらも「ひろめ市場」の方が美味かったそうです。 「スィーツ部門グランプリ」ですかぁ? おいしそうですな♪ 食後の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行23~中浜万次郎生家~

この日の宿泊先は宇和島市。 宇和島市に向けて海沿いの県道27号線を走ります。 良い天気になりました。 青い空と青い海が気持ちいい♪~ 途中「中浜万次郎生家」の案内板を見つけたので、予定にはありませんでしたが立ち寄ることにしました。 万次郎は、帰国後幕府直参となった際、故郷である中浜を姓として授かり、「中浜万次郎」と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行21~足摺サニーロード~

<7月17日(金) 4日目> この日の午前中は、四万十市から国道321号線を南下し、足摺岬を目指しました。 土佐清水市と叶崎を結ぶこの国道321号線は、「足摺サニーロード」という愛称があります。 “サニー”は南国の陽光を浴びて走るイメージと、路線番号の「3(サ)2(ニ)1(イ)」からなんだそうです。 何だ「ゴロ合わせ」だ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四国一周旅行19~四万十川~

内陸部にある四国カルストから四万十川沿いを下って行きます。 四万十川(しまんとがわ)は、全長196km、流域面積2186km2で四国内で最長の川。本流に大規模なダムが建設されていないことから「日本最後の清流」、また柿田川・長良川とともに「日本三大清流の一つ」と呼ばれています。 また、四万十川に沿って走る道の中で国道381号線~国…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行18~四国カルスト~

四国に入ってここまではほぼ海沿いを走ってきたのですが、「日本三大カルスト」の一つ「四国カルスト」へ行くために内陸部を走ります。 あとの2つの「日本三大カルスト」とは、山口県の秋吉台と福岡県の平尾台。 また、カルスト地形(独: Karst)とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行17~横浪黒潮ライン~

朝食はホテルの隣のコンビニでサンドイッチを買って帰りました。 ホテルをチェックアウトし出発! 高知市街から15Km程走ると「宇佐大橋」が見えてきました。 「宇佐大橋」を渡って「新・日本100名道」の「横浪黒潮ライン」へ。 横浪黒潮ラインは、高知県土佐市から須崎市を結ぶ横浪半島を縦断する道路で別名、「横浪スカイ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行11~野良時計~

岩崎弥太郎生家に立ち寄ったため、予定より少し遅くなって「野良時計」へ到着。 土居村(現在の安芸市土居)の大地主であった畠中源馬は時計に興味を持った。明治20年(1887年)ごろアメリカ製の八角掛時計を取り寄せて分解・組み立てを繰り返し、やがて自作の時計を作ることを思い立った。 独学で全てのパーツを一人で作製したといわれる。当時は…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more