テーマ:グルメ

四国一周旅行20~新ロイヤルホテル四万十~

3日目の宿泊は、「新ロイヤルホテル四万十」。 走行距離:254.4km お部屋はこんな感じ。 夕食はホテル飯。 真ん中の鉢は鰹のたたき。 手長エビとアオサの天ぷら。 「Are you a AYU?」 (鮎が出てくると、こればっか^^;) アサリの吸い物。 そして、左上はウツボの柳…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四国一周旅行15~ドーミーイン高知~

2日目の宿泊は、高知市街中心にある「ドーミーイン高知」。 2日目の走行距離は131.2Km。 ロビーでは、コーヒーの無料サービスがありました。 そして、21:30からは無料の夜鳴きそばのサービスもあるそうです。 お部屋はこんな感じ。 部屋の窓からは高知城の天守が見えました。 隣の建物の屋根が邪魔ですが^^…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四国一周旅行12~ひろめ市場~

高知へ着いたらちょうどお昼時、「ひろめ市場」へ直行。 「ひろめ市場」で鰹のたたきなどの「高知グルメ」を食べるのを楽しみにしていました。 「ひろめ市場」では大変混み合うので、席の確保が大変だと聞いていたのですが、新型コロナのためか思っていた以上に空いていました。 ひろめ市場(ひろめいちば)は高知城の近くにある集合…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四国一周旅行6~ニューサンパレスむろと~

15:30 予定より早めに1日目の宿「ニューサンパレスむろと」に到着。 1日目の走行雄距離は260.7km。 お部屋はこんな感じ。 宿泊客が少ないためか、広めのお部屋を用意していただきました。 離れにはロッジ風の建物もあります。 高台にあるのでお部屋からの景色も良好です。 夕食まで少し時間があるので…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四国一周旅行3~金目丼~

「南阿波サンライン」から再び国道55号線に合流し、高知県へ。 さらに室戸岬を目指しました。 14:00 室戸岬のチョイと手前の「れすとらん明星」で遅いランチ。 向かいの丘には大きな弘法大師像。 このような弘法大師像は、四国のあちこちでお目にかかることが出来ました。 弘法大師は四国各地で布教し寺を建てました…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

カントリーハウス

玉水ゆり・紫陽花園へ行く途中、ランチで入ったCafe「カントリーハウス」がちょいとユニークでした。 明石から向かって丹波篠山市街の手前、国道372号線沿いにポツンと建っています。 専用駐車場には3台ほどクルマを停められますが、路駐でも全く問題なさそうですw お店の入り口は、ちょいと奥^^ 一人乗りのキャビンが展示…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Ryu'juランチ プレオープン

随分長い間ブログの更新をサボっています^^; 随分前の記事ですが、とりあえず久しぶりに更新しておこうと思います。 新型コロナウィルスがそんなにとりだたされていなかった2月、夜しか店を開けていなかったスペインバルのRyu'juがランチをやるというので、幼なじみのShiとプレオープンに行ってきました。 ランチメニューは、これだ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

御厨神社の梅(2020)

2月8日(土)Shinさん夫妻との定例の食事会。 この日は、我が家の近くの御厨神社の駐車場で待ち合わせをしました。 御厨神社では、例年より随分早く梅が開花していましたので、食事会の会場へ行く前に花見をしました。 神社にはたくさんの梅の木がありますが、蝋梅はこの1本だけ。 垂れ梅 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

姫路とれとれ市場

ブログの更新、サボっています^^; というか、出かけていないのでネタが無い・・・ まぁ、新型コロナウィルス感染のこともあるので、しばらくの間、出かけるのは控えておいた方が良いのかもしれません。 1月26日(日) 幼なじみのShiから、「昼飯食いに行こう」という誘い。 「姫路とれとれ市場」へ行ってきました。 ここは、瀬…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

年末の魚の棚商店街

新年が明けましたが、投稿し忘れたの昨年末の記事をUPします。 2019年12月28日(土) 昼前に突然幼なじみのShiから昼飯の誘い。 何でも高校時代によく食べに行った「江洋軒」のラーメンと焼きそばが急に食べたくなったのだとかw 「江洋軒」は当時我々の仲間から「安くて、美味い」と評判の店で、私も高校の帰りに何度か寄り道したこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

三田屋本店

日本民家集落博物館を出て、近くの三田屋本店でとまるさんとランチをご一緒しました。 店内には、グランドピアノ・金屏風?などがあり、なかなかゴージャスな雰囲気であります。 さて、お料理。 まずは、三田屋定番のハム。 ドレッシングは三田屋のオリジナルです。 続いて野菜サラダ。 サーモンのマリネ。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ふぐ元

10月22日(祝) 幼なじみのKaから「フグを食おう」という誘いがあったので、同じくShiと三人で明石の「ふぐ元」へ行ってきました。 Kaの馴染みの店で、安くて美味いらしい♪~ それにしても、二人とも腹が目立つなぁw 突き出しは、フグの皮。 のっけからフグのひれ酒を飲ってます^^ フグの薄造り(てっさ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

闘竜灘へ

鶉野飛行場跡を出て、ランチを食べに加東市の闘竜灘まで足を延ばしてきました。 闘竜灘は、加東市滝野町にある景勝地。 加古川の中流に位置し、川床には奇岩・怪石が多く、その岩に阻まれた川の流れは激流や滝となっています。 また闘竜灘と言えば、「飛び鮎」が有名なのです。 そこで、ランチは鮎料理。 闘竜灘のすぐそばの料理旅館へ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ52~ランチ⑥~

トプカプ宮殿の観光を終え、ツアーバスが停まっている場所まで歩きます。 イスタンブールでは、名所近くには駐車場は少ないので、結構な距離を歩くことが多いです。 時には、こんなほのぼのとした風景に出会うこともありますが・・・やっぱりしんどい;><; やっとツアーバスの停車場までたどり着き、ランチ会場へ向かいました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ46~夕食③~

この日の夕食は「ペラパレスホテル」内にある「アガサレストラン」にて。 このホテル、アガサ・クリスティが「オリエント急行殺人事件」を執筆したホテルということで、レストランも「アガサ」の名前を付けちゃいましたねw 店内には、このホテルに宿泊した有名人の写真が飾ってありました。 さて、お料理です。 ドイツやオーストリアでよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ45~トルコの激甘お菓子~

「オリエント・エクスプレス」でランチ後、早めにホテルへ帰ってきました。 夕食まではフリータイムでしたので、ホテルでハマム体験をしようと思っていました。 しかし、残念ながらここのハマムも予約制でしたので、諦めて近くの商店街へお土産を買いに出かけました。 前稿、「魅惑の国トルコへ37~商店街散策~」でUPした商店街ですので、写真は撮っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ43~ランチ⑤~

ランチを食べにボスポラス海峡の南端のシルケジ地区へ向かいました。 途中、船着き場からイスタンブール観光の目玉の一つ「ガラタ塔」が見えました。 ここへは行かなかったですね。 何でも塔に登るために大行列が出来ているのだとか^^; ここは、東西海上交通の要所とあって、たくさんの船が停泊していました。 今回のランチは、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ38~夕食②~

この日の夕食はホテルのレストランではなく、街のレストランへ食べに行きました。 レストラン近くのタキシム広場でツアーバスを下車。 ここから歩いてレストランへ向かいます。 広場の前には大きなモスクが建っていました。 この建物もモスクなのかな? 公園では、たくさんの人たちが夕暮れのひとときを楽しんでおられました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ33~夕食②~

カッパドキアでは、同じホテルで2泊します。 この日の夕食もホテルでいただきました。 前日の夕食は、ちょいと物足りなくて★★★(星3つ)でしたが、今回はどうでしょう? まずは、パスタ入りスープ。 続いて、トマトとキュウリのサラダ。 どちらも優しい味付けでした^^ メインはチキンのグリル ピラフ添え デ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ31~ランチ④~

カッパドキア観光の途中、地元のレストラン「ELAI」でランチタイム。 店内の写真を撮ろうとすると、親子連れペアの娘さんがお茶目なポーズをとってくれましたw やっぱり若い人はノリが違うワ♪~ このお店も洞窟風ですな^^ 調度品もシックで古ぼけた壁によく合っています。 さて、お料理です。 まずは、揚げ餃子の皮のような…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ26~夕食①~

この日の夕食もホテルでいただきました。 レストランへ行く途中で見たカッパドキア。 雨が降った後だったので、遠くの山に虹がかかっていました。 レストランは、レセプションルームのある棟の2階。 レストランからは、中央アナトリアの最高峰エルジェス山が見えました。 富士山によく似ていますが、標高3,916mで富士山…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ22~ランチ③~

コンヤからカッパドキアまで230Km、約3時間。 車窓からは珍しい景色が見られて退屈はしませんでした。 途中、アナトリア伝統料理のレストランでランチ。 「アナトリア」とは、トルコのアジア部分のおおよその地域で、カッパドキアは中央アナトリアになります。 そういえば、旅行前に見たDVD「おじいちゃんの里帰り」では、おじいちゃんはアナ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ14~ランチ②~

午後の観光の前に、ランチタイム。 こちらのレストランのウリはトルコピザなんだそうです。 お店の軒では、トルコピザを作る実演が行われていました。 さて、「トルコピザ」とやらのお味はどんなものでしょうか? まず、野菜サラダが出ました。 オリーブオイルとレモン果汁でいただくようです。 誰かが「他にドレッシングは…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

魅惑の国トルコへ7~ランチ①~

エフェッソス遺跡観光後、エフェッソス考古博物館へ向かいました。 まずは、博物館の近くのレストランでランチタイム。 スープとサラダ。 スープは確かトマト味だったと思います。 サラダはやっぱりドレッシング無し。レモンを搾っていただきました。 2品目は、キノコのチーズ和え。 メインはビーフの串焼き。 お肉…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

カニバスツアー②

温泉入浴後、ホテルの玄関前でちょいとポーズ。 小林旭ばり^¥^ 辺りを散策する時間はありませんでしたので、バスの車窓から撮ってみました。 日本海は瀬戸内よりも男ぽいですな。 ほどなく城崎温泉へ到着。 ここでは、2時間ほど自由行動です。 さて、どこへ行こうかね・・・・ 「外湯巡り」ができるそうです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カニバスツアー①

2月下旬・・随分前の話になりますが、幼なじみのSと喫茶店での会話。 OZMA「今年は、まだカニ食ってないなぁ・・・」 S「カニ食いに行くかw」 ということで即決w クラブツーリズムの「カニバスツアー」に参加してきました。 3月23日(土)朝、JR加古川駅集合。 この日一日お世話になるバスです。 8時20分、定刻…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

悪魔のおにぎり

定年退職してから、新聞は流し読み、テレビもほとんど見ないので、世間様の様子にとんと疎くなってしまいました。 最近の私の主な情報ソースは、BIGLOBEのHPのNEWS欄と皆さんのブログの記事なのです。 先日おとめさんの記事から、「ちまたでは 悪魔のおにぎりが流行っている」ことを知りました。 このローソンが10月16日に発売した…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

但馬の小京都「出石」

出石のシンボルといえば、明治4年(1871年)旧三の丸大手門脇の櫓台に建設された辰鼓楼。 当時は一時間ごとに太鼓で時(辰)を告げていましたが、明治14年からは時計台として町民に親しまれていて、現在の時計は三代目となります。 「但馬の小京都」と言われる街落ち着いた街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区にもなっています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「オステリア・デル・アランチョ」でランチ

三木山森林公園近くのお店「オステリア・デル・アランチョでランチを食べました。 かみさんは、ここへは一度ランチを食べに来たことがあるそうです。 それにしても、ややこしい名前ですねぇ・・・全く覚えられねぇ^^; 店内はこんな感じ。 天井が高い! さて、お料理です。 まずは前菜。 スープ。 こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

とまるさん親子とバレー鑑賞

ブログでお世話になっている「とまるさん」からのお誘いを受け、ballomamさんのバレー発表会へ行ってきました。 (とまるさんのブログはこちら) ballomamさんは姫路でバレースクールを経営されており、ウェブリブログでもブログを公開されています。 (ballomamさんのブログはこちら) 8月19日(日) 山陽電鉄姫路…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more