テーマ:50代以上のblog

三田へ買い物②

次に向かったのは、「パテシエエスコヤマ」。 この店の人気商品は、「小山ロール」。 以前かみさんと訪れた時は、長蛇の行列が出来ていたので、諦めて帰りました。 さて、今回は無事にl「小山ロール」買えるでしょうか? 駐車場へクルマを停めると大阪ナンバーのクルマも結構来ていました。 お店へ向かったところ、雨だというのに店の裏側まで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三田へ買い物①

4月17日(土) かつての悪ガキ3人で三田へ買い物に行ってきました。 まずは、高級食パン専門店「天才わっはっは!」へ。 何とも変わった名前のパン屋ですが、Shiがネットで調べたところによると、結構人気店なんだそうです。 看板も強烈なインパクトがありますなw 結構早い時間に来たつもりなのですが、お目当ての葡萄食パンは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

琵琶湖へドライブ④~長命寺港~

お土産を買うために湖畔の長命寺港へ向かいました。 Shiがカフェのスタッフに聞いていたのは、長命寺港への行き方だったようです。 長命寺港へ到着。 瀬戸内でよく見かける漁港の風景とそっくりです。 ここが湖であることを忘れそうです。 Shiお目当ての川田商店。 琵琶湖で捕れた魚の佃煮がウリのお店です。 この後、私は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

琵琶湖へドライブ③~日牟禮八幡宮~

八幡堀散策のためにクルマを停めたのは、日牟禮八幡宮の駐車場。 せっかくなので、日牟禮八幡宮を参拝することにしました。 日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)は、伝承によれば、成務天皇元年(131年)、成務天皇が高穴穂の宮に即位の時、武内宿禰に命じてこの地に大嶋大神(大国主神)を祀ったのが草創とされており、古くから近江商人の信仰を集め…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

琵琶湖へドライブ②~八幡堀~

Shiに「社長自ら製品納入か?」なんてからかうと、「コロナの影響で注文も減ってるし、ワシもたまには気分転換が必要なんでなぁ・・・」なんて返答してきました。 滅多にグチをこぼさない彼ですが、やはりコロナの影響はなかなか深刻なようです。 なんて言っているうちに、八幡堀に到着。 八幡堀は、安土桃山時代に豊臣秀次が八幡山城を築城した際…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

琵琶湖へドライブ①~まずは栗東へ~

4月9日(金) 幼なじみのShiから琵琶湖へドライブに行こうという誘い。 滋賀県栗東市の会社へ自社製品を納入するのに、ヒマな私を誘ってきたようですw ヒマにしているので、もちろんOK^^ 大津SAでランチ。 私は、ちょいとリッチに湯葉定食。 Shiはあまり食意欲がないのか、ざるそばとしらす御飯。 レストラン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野添北公園

>>前稿の続き 圓満寺の隣にある野添北公園へ。 野添北公園から見た圓満寺五重塔。 この建物は茶室なんだそうです。 水辺の側に立並ぶ桜が美しい♪ たくさんの家族連れが遊びに来ていました。 公園内を散策してみました。 これは桃の花かな? 公園内のビオトープではホタル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

播磨町 圓満寺

4月5日(月) 播磨町の圓満寺の桜が美しいというので、行ってみることにしました。 クルマで我が家から10分ほどで圓満寺に到着。 なかなか立派な山門です。 山門をくぐって中にはいると、参道の花たちが参詣者を迎えてくれます。 また、参道の脇には「十二神将」のレリーフが並んでいます。 「十二神将」とは薬師如来および…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月の花壇

暖かくなって、我が家の花壇も賑やかになってきました♪ クリスマスローズやスイセンは、ずいぶん前から咲いていました。 ダイアンサス ムスカリ ツルニチソウ 自分で植えたのですが、名前をわすれました><: チューリップの周りの枯れた草、とってやらないとい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4月の散歩道

関西を中心に新規感染者の増加が続いており、大阪、兵庫、奈良、和歌山の4府県がそれぞれ過去最多となりました。 また、大阪府内全域の公道での五輪聖火リレーを中止することになりました。 これだけ感染者が増えてくると致し方がない措置でしょうね。 予定していた旅行も延期し、しばらくの間は家で大人しくしていようと思います。 散歩も出来る…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

御厨神社の桜2021

今年の桜は、例年に比べて1週間ほど開花が早いようです。 3月31日(水) 3月だというのに御厨神社の桜は満開になりました。 今年の入学式には間に合わないかもしれませんねぇ・・・
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夢街道farm67

3月24日(水) かみさんにせがまれて、「いちごパフェ」なんぞを食べに行ってきました。 クルマでおよそ1時間弱走って、姫路市夢前町にある「夢街道farm67」に到着。 お店は、でっかいイチゴが目印。 お店の隣にはビニールハウスがあって、「イチゴ狩り」も出来るようです。 わざわざ姫路まで行って、パフェなんぞは喰いたくもな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

兵庫県立美術館王子分館

3月21日(日) 絵画教室の生徒さんから、私が描いている絵と同じ素材の作品があったということを聞いて、早速研究?に行ってきました。 阪急電鉄王子動物園前で下車し、数分歩いて兵庫県立美術館王子分館に到着。 この建物は、昭和45年(1970年)に、建築家・村野藤吾が手がけた第1号の美術館として誕生したもので、平成14年(2002年)に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ㉒~帰路~

別子銅山跡の観光を終え、帰路につきました。 愛媛県新居浜市から香川県坂出市へ。 今回は、瀬戸大橋から本州へ渡ることにしました。 いよいよ「瀬戸大橋」を渡ります。 瀬戸大橋には道路と鉄道が通り、鉄道道路併用橋としては世界最長で「世界一長い鉄道道路併用橋」としてギネス世界記録(2015年)にも認定されているそうです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ㉑~マイントピア別子2~

対向車とすれ違うこともままならないような険しい山道を10Kmあまり上っていくと、ようやく「東平地区」の駐車場に到着。 駐車場は結構広いですが、運転に自信のない人は端出場地区から出ているツアーバスで行かれるのが無難でしょうね。 クルマを降りるとすぐに「プラットホーム跡」があります。 上の煉瓦造りの建物は保安本部跡で、現在は「マイン工…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑳~マイントピア別子1~

松山市から新居浜市にある別子銅山跡へ向かいました。 別子銅山は、1690年(元禄3年)に発見され、翌年から1973年(昭和48年)までの282年間に約70万トンの銅を産出し、日本の貿易や近代化に寄与したそうです。 また、現在は「マイントピア別子」として、別子銅山採鉱本部跡地を利用した鉱山観光のテーマパークとなっており、最後の採鉱本部…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑲~秋山兄弟生誕地~

ぎやまんガラス美術館を後に次に向かったのは「秋山兄弟生誕地」。 松山へ来たからには、ここは是非とも訪れておきたい場所でした。 「秋山兄弟」とは好古(兄)と真之(弟)のことで共に日露戦争を戦い抜き日本の勝利に貢献した軍人です。 司馬遼太郎の歴史小説『坂の上の雲』は秋山兄弟と真之の友人である正岡子規の人生を主軸に、近代日本の時勢を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑱~ぎやまんガラス美術館~

ホテルをチェックアウトし、「ぎやまんガラス美術館」へ向かいました。 「道後山の手ガーデンプレイス」内にあり、美しいイングリッシュガーデンが観られます。 美術館への通路にはガラスタイルが埋め込まれてり、壁にはモダンアートが飾られて、美術館らしい雰囲気を醸し出していました。 そして、天井からはたくさ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑰~道後温泉本館「神の湯」~

<3月9日(火) 3日目> 旅行最終日。 朝早く起きて、道後温泉本館で朝風呂に入ってきました。 道後温泉本館は、日本最古といわれる道後温泉のシンボルで、「神の湯」に代表される温泉施設です。 道後温泉本館の一番の魅力は、日本の公衆浴場として初めて、平成6年(1994)に国の重要文化財に指定されながら、博物館化せずに現役の公衆浴…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑯~鯛将~

2日目の夕食は、1泊目の富士見園で教えてもらった「鯛将」へ行ってきました。 富士見園の女将さんの息子さんが道後温泉でやっているお店なんだとか。 『「富士見園で聞いてやって来ました」と言うと何らかの特別なサービスがあるかもしれませんよ』なんていう言葉につられてやって来てしまいました^^ お店へ入って、富士見園で教えてもらった通り…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑮~茶玻瑠~

2日目の宿泊ホテルは、「茶玻瑠」。 このホテルは、昨年6月にかみさんと四国一周旅行をしたときに泊まったホテルです。 このホテルを選んだ第一の理由は、道後温泉本館や商店街に近いこと。 昨年の記事はこちら→四国一周旅行33~道後温泉「茶玻瑠」~ ↑この時は、お部屋をグレードアップしてくれていて感激しましたが、今回はグ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑭~道後温泉散策~

ホテルのチェックインまでまだ時間があるので、道後温泉を散策してきました。 初めて道後温泉へ来たとき、この建物は新たに出来たものだと思っていたのですが、古い建物を改修するために囲っていたものだったのですね。 工事車両の出入り口から、改修中の建物が見えます。 道後ハイカラ通りへ。 小説「坊ちゃん」の登場人物たちの人形が並…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑬~圓満寺~

来た道を戻り、松山市へ。 松山城、またやって来ましたよ♪ チェックインまではまだ少し早いので、ホテルの駐車場にクルマを置いて道後温泉を散策しました。 まずは、宿泊ホテルの隣にある園満寺へ。 とても小さなお寺なのですが、恋愛に御利益があるそうです。 還暦過ぎのぢぢばばには、もう関係ないか^^; 812(弘仁…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑫~海沿いに広がる菜の花~

JR下灘駅を出て、海沿いを少し走った道沿いにたくさんの菜の花が咲いていました。 スマホやカメラでこの景色を撮っている人たちがいたので、我々も空いているスペースにクルマを停めました。 幹線道路から中に入った道から撮ったので、こんなアングルになってしまいましたが、このあたりから幹線道路沿いにかなり長い距離の間に咲いていました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑪~JR下灘駅~

来島海峡大橋を越え、今治市へ。 来島海峡大橋は、大島と今治の間約4kmの来島海峡に架かる総延長4.1kmの3つの吊橋の総称です。 ようやく四国本島へ入り、今治市から松山市を越え、伊予市のJR下灘駅へ向かいました。 海岸沿いを走るのは気持ちが良い♪ 予定よりも少し遅れてJR下灘駅に到着。 駐車場はちょうど一台分だけ空…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑩~亀老山展望台~

四国本島の手前の大島で高速道路を下り、前日行けなかった亀老山展望台へ向かいました。 大島南インターから標高307.8mの亀老山の山道をくねくねと10分ほど上っていくと、いきなり眺望が開け、カーブを曲がると来島海峡大橋が一望できる展望公園の駐車場へ到着します。 展望台からは、写真で観た通りの来島海峡の絶景が広がっています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑨~大山祇神社~

富士見園を出発して、同島にある大山祇神社へ向かいました。 大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、全国にある山祇神社(大山祇神社)の総本社なのだそうです。 駐車場のすぐ前が境内入口(二の鳥居)です。 そして、総門。 左手には、十七神社(愛媛県指定文化財)。 知らなかったので観ませんでしたが、内陣には重要文化財指定…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑧~富士見園2~

この日の夕食は宿食。 食事会場になっているの2階の大広間でいただきました。 この日の夕食メニュー。 前菜と酢の物。 造り。 伊勢エビは、まだ生きていてピンピン跳ねていました。 この食事会場ではテーブルごとに仕切られていて、コロナ対策とお客のプライバシーが守られるよう配慮されていました。 しかし、隣のおっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑦~富士見園1~

村上海賊ミュージアムの次に同島にある「亀老山展望台」へ行く予定でしたが、この日はあまり天候が良くないので、予定を変更して早めに宿泊旅館に行くことにしました。 1日目の宿泊は、大三島にある「富士見園」さん。 2階の角部屋で、明るくて広いお部屋だったのですが、エレベーターがないのがちょいと辛い>< お部屋はこんな感じ。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

しまなみ海道から道後温泉へ⑥~村上海賊ミュージアム~

大三島からしまなみ海道で最も四国本島寄りの大島へ。 大島では、村上海賊ミュージアムを見学しました。 和田竜さんの「村上海賊の娘」のプレート。 村上景親公もコロナでマスクをしとりますな。 村上海賊が使用していた小型船を復元した小早船。 海賊と言うからにはもっと大きな船を想像していたのですが・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more