テーマ:世界遺産

麗しの中欧22~ハルシュタット~

レストランの前は、遊覧船の船着き場になっています。 遊覧船に乗って観るハルシュタットの街並みは綺麗でしょうね。 ここで、しばらくの間フリータイムとなりましたが、残念ながら遊覧船に乗る時間はありません。 遊覧船は、満員で出航していきました^^ このカトリック教会の丘の上からの眺めは最高なんだとか。 それを聞い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧21~ザルツカンマーグート~

この日2つ目の観光地は、湖畔に広がる美しい街ハルシュタット。 ザルツブルクからハルシュタットまでは87km、ツアーバスでおよそ1時間15分です。 車中で寝ている時間はないようです^^ ザルツブルクの東にあたる湖水地方、ザルツカンマングートは数多くの美しい湖が点在し、古くから王侯貴族の避暑地として親しまれてきました。 古代から…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧20~ザルツブルク旧市街~

マカルト小橋を渡り、ザルツブルク旧市街へ入ってきました。 目の前のメンヒスベルクの丘の上に見えるのは現代美術館。 映画「サウンド・オブ・ミュージック」の1シーン。 ザルツブルクの旧市街を見下ろすこの美しい場所は、メンヒスベルクの展望台から撮られたそうです。 岩の中ををくりぬいたエレベーターで展望台まで行けるらしいですが、残念…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧19~ザルツブルク新市街~

サウンドミュージックのロケ地ミラベル庭園を出て、ザルツァッハ川南側の歴史地区を目指します。 まずは、ミラベル庭園前にあるマカルト広場へ。 中央が円形ドームなっている三位一体教会が建っています・ 広場の正面には「モーツァルトの住居」。 モーツアルトは、この家に住んだ7年ほどの間に、200余りの名曲が作ったそうです。 そし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麗しの中欧18~ミラベル庭園②~

自由行動の時間はあっという間に過ぎ、「バラのトンネル」前で集合。 ここからはツアー全体でミラベル庭園の出口に向かって歩いて行きます。 この時期のミラベル庭園は、花がいっぱい咲いていてとても綺麗です。 あちこちに色々な彫像が置かれているのもいかにも庭園らしい^^ ここからの方がホ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麗しの中欧17~ミラベル庭園①~

「イムラウアーホテルピター」での宿泊は一泊だけなので、手荷物以外の荷物はツアーバスに積み込んみ、徒歩で市内観光に出かけました。 まずは、アメリカ映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった「ミラベル庭園」へ。 やってきました「ミラベル宮殿」。 ミラベル宮殿は、17世紀初めに大司教ヴォルフ・デートリッヒ・フ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧16~朝の散歩①~

<4日目・7月15日(日)> 中欧旅行も中盤を迎えました。 早く目が覚めたので、朝の散歩に出かけることにしました。 「朝の散歩①」とタイトルを打っていますが、今回の旅行で2度目の「朝の散歩」となります。 かみさんはまだ寝ていたので、一人でぶらりとホテルを出ました。 ホテル前は、このような小さなロータリーになっています。(右…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧15~ザルツブルクへ~

駆け足でチェスキー・クルムロフの観光を終え、オーストリアのザルツブルクへ向かいました。 チェスキー・クルムロフからザルツブルクまでは201km、ツアーバスでおよそ3時間。 この日は、プラハ~チェスキー・クルムロフ~ザルツブルクと、およそ400km、6時間のバス移動となります。 チェスキー・クルムロフの観光が1時間30分というの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧14~チェスキー・クルムロフ城~

チェスキー・クルムロフ城へ続くラトラーン通りの坂道をだらだらと上っていきます。 坂道をほぼ登り切ったあたりで、トイレ休憩と10分ほどフリータイム。 かみさんはウインドショッピングへ出かけましたが、私はベンチに座って体力温存^^; いよいよチェスキー・クルムロフ城観光。 うっかり、お城へ入る門(赤門)と「第一の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧13~チェスキー・クルムロフ旧市街②~

しばらくすると雨もやんだので、再びツアー観光スタート。 中欧旅行中、このようなスコールのような雨に何度か見舞われました。 水車のあるBar。 旧市街の中心にあるスヴォルノスティ広場。 広場の周りには、ルネサンス様式から初期バロック様式まで様々な建物が並んでいます。 ガイドさん曰く、「この広場はいつも観光客で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧12~チェスキー・クルムロフ旧市街①~

<3日目・7月14日(土)> 歳のせいなのでしょうか、昨日のプラハ観光はとても疲れました。 なので、この日の朝の散歩はやめることにしました。 添乗員の多賀さんによると、「ヨーロッパツアーで3大しんどい観光地」は、スペインのトレド、イタリアのベネチュア、そしてチェコのプラハだそうです。 そういえば、数年前に行ったトレドも坂道が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧10~ヴァルタヴァ川クルーズ②~

同じ船会社のボートとすれ違いました。 さらにクルーズはヴァルタヴァ川へと続く運河へと入っていきます。 小さなボートなので、狭い運河へも入っていくことが出来るのですね。 こんな動物たちも間近に見ることが出来ました。 こちらはビーバーですかね? ボートは再びヴァルタヴァ川の本流へ戻ります…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麗しの中欧9~ヴァルタヴァ川クルーズ①~

今回のツアーでは、プラハ、ウィーン、ブダペストの3都市で半日のフリータイムが設定されていました。 なので、プラハではミューシャ美術館→クレメンティヌム→ヴァルタヴァ川クルーズと廻り、最後はウ・ピンカスーで夕食を食べようなんて計画していました。 まず、市内を移動するために、市民会館前のスタンドで市内公共機関共通チケットを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧8~旧市街②~

市民広場から東に歩いて行くと、ゴシック様式の黒っぽい塔が見えてきました。 この塔は15世紀後半にプラハ旧市街の入り口として建てられた塔ですが、17世紀に火薬置き場として使ったことから「火薬塔」と呼ばれています。 火薬塔の隣のアールヌーボー様式の建物は市民会館。 もともとは歴代の王の宮廷があった場所で、17世紀の大火事で焼け…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧7~旧市街①~

カレル橋から旧市街へ向かいました。 カレル橋の橋塔の近くにあった立派な建物と銅像。 聖フランティシェク教会とカレル橋の建造を命じたボヘミアン4世の像だそうです。 朝から歩きっぱなしなのでかなり足が疲れています。 ここから旧市街までまだ1Kmほど歩くそうです。 ゲェ~;><; 現地ガイドさんが歩きながら色々と説…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麗しの中欧6~カレル橋~

プラハ城の丘を下り、2つめのスポット「カレル橋」へやってきました。 カレル橋は、プラハ城とプラハ旧市街をつなぐゴシック調の美しい橋です。 プラハ城側(西側)のワーゲートをくぐり、歩いてカレル橋を渡ります。 2つの橋塔の隙間から見える緑色の屋根の建物は聖ミクラーシュ教会。 橋の上は、たくさんの人で大賑わいです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麗しの中欧5~聖ヴィート大聖堂~

プラハ城見学の途中で聖ヴィート大聖堂に入場しました。 まずは、聖ヴィート大聖堂の外観から。 大聖堂の正面側は10mほどしかなくて、写真ではこのように全景を写すことが出来ません。 入り口の見事な装飾とバラ窓。 大聖堂の南側にまわるとずっと広くなっていて、建物全体を撮ることが出来ました。 925年に建てられ、1344年…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

麗しの中欧4~プラハ城②~

高台にあるプラハ城からは、プラハの市街地が望めます。 尖塔が多くあることから「百塔のプラハ」とも呼ばれるそうです。 ここプラハ城を含め、ここから見える市街地のほとんどが世界遺産に登録されているのですね。 さて、聖イジー教会を過ぎると錬金術師が住んだと言い伝えのある黄金小道が続いています。 この22番の建物の2…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

麗しの中欧3~プラハ城①~

この日の午前中は、世界遺産のプラハ歴史地区のツアー観光です。 まずはツアーバスでフラチャヌィの丘の頂にあるプラハ城へ向かいました。 プラハ城は、かつてボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城であり、現在はチェコ共和国の大統領府のある場所となっています。 また、「ギネスブック」によると、世界で最も古くて大きい城なのだそうです。 立…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都世界遺産めぐり四~宇治上神社~

宇治神社からしばらく歩くと、ありました。 「世界文化遺産 宇治上神社」とあります。 境内への入り口。 拝殿は鎌倉時代前期の造営で、寝殿造の遺構だそうで、国宝に指定されています。 拝殿の両端の2カ所には「清め砂」と記された砂盛りが置かれていました。 本殿は平安時代後期の造営で、神社建築としては現存最古…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都世界遺産めぐり三~宇治神社~

銀閣寺参道のお店で昼食をとりました。 こちらのお店、おにぎりが「うり」のようです。 私がオーダーしたのはこれ^^ かみさんは、京都名物の湯葉の入った丼。 こちらのお店では、おにぎりを注文するのが正解だったようです。 〆には、違うお店で宇治茶ソフト。 さすが本場、抹茶の風味が濃い^^ この日二件目の世…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都世界遺産めぐり二~銀閣寺②~

観音殿(銀閣)とともに、東山殿造営当時の遺構として現存するのが「東求堂」。 ともに国宝に指定されています。 「東求堂」は義政公の持仏堂で、檜皮葺きの現存する最古の書院造り。 堂内の四畳半書院同仁斎は、草案茶室の源流、また四畳半の間取りの始まりと言われているそうです。 そして、「銀沙灘」に面する建物は「方丈(本堂)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都世界遺産めぐり一~銀閣寺①~

10月26日(木) 台風一過で久しぶりの良い天気。 紅葉にはまだ少し早いのですが、京都へ日帰りドライブしてきました。 「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されているものは17件もあるのですが、そのうち醍醐寺、宇治上神社、高山寺、西芳寺の4件が未訪です。 銀閣寺は、一度訪れたことがあるのですが、何十年も前なので記憶が薄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おっさん4匹日帰りドライブ④~壇上伽藍~

最後に壇上伽藍へ向かいました。 壇上伽藍は、お大師さまが高野山をご開創された折、真っ先に整備へ着手した場所です。 この五間二階の楼門は、中門。 中門には、四天王像が祀られています。 中門を抜けると金堂。 平安時代半ばから、高野山の総本堂として重要な役割を果たしてきました。 現在の建物は7度目…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おっさん4匹日帰りドライブ③~金剛峰寺~

奥の院エリアから金剛峰寺エリアへ向かいました。 金剛峯寺は真言宗高野山の中心的な寺院。 「金剛峯寺」とはもともと、高野山の山全体を指す言葉で、真言宗の総本山としての高野山と同義ですが、明治になって、豊臣秀吉が母親の菩提のため応其上人に命じて建立した寺「青巖寺」と「興山寺」等を合併し、寺院の名として「金剛峯寺」と呼ぶようになったものだ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おっさん4匹日帰りドライブ②~奥の院~

高野山は、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置し、平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つです。 2004年(平成16年)7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

南ドイツ浪漫紀行53~夜のケルン大聖堂~

「ブラウハウス・ジオン」を出て、ほろ酔い気分でケルン大聖堂まで戻ってきました。 時刻は夜の10前ですが、まだこの明るさです。 ライトアップされるまで、もう少し時間がありそうなので、大聖堂の前のカフェで食後のコーヒを飲みながら待つことにしました。 10時30分。 あたりはだいぶ暗くなりましたが、ライトアップ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

南ドイツ浪漫紀行52~BRAUHAUS・SION~

ブリュール観光後、ケルンのホテルに戻ってきました。 ドイツ最後の夜は、各自で自由にとることになっています。 ケルン大聖堂のライトアップも見たいので、大聖堂の近くにあるドイツ料理のお店「ブラウハウス・ジオン」に行こうと決めていました。 ホテルからタクシーに乗り、ケルン大聖堂前へ。 大聖堂に着くと、いきなりすごい勢いで雨が降って…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

南ドイツ浪漫紀行51~アウグストゥスブルク宮殿~

ブリュール着後、世界遺産のアウグストゥスブルク宮殿へ向かいました。 このお城は1723年 ケルン大司教が鷹狩の邸宅として建てた城館で、ドイツで最初に建てられたロココ様式の建築だそうです。 近づいてみると、世界遺産の写真でよく見かけるオーストリアのシェーンブルク宮殿にちょいと似ているなと思いました。 門から宮殿までの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南ドイツ浪漫紀行49~アーヘン大聖堂宝物館~

アーヘン大聖堂には、宝物館が併設されています。 アーヘン大聖堂の宝物館には、カール大帝関連のものをはじめとする歴代の傑作が数多く展示されており、ヨーロッパでもっとも重要な宝物館の一つとして数えられています。 もちろん、ここも世界遺産の中に含まれています。 数ある宝物の中で最も有名なのがこれ、カール大帝の黄金の胸像。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more