テーマ:音楽

「悲惨な戦争」=Peter, Paul and Mary=

私は16歳の時、両足の矯正手術とリハビリで兵庫県立リハビリテーションセンター中央病院に10ヶ月間入院していました。 入院中、前学年で同級生だった一人がしばしば見舞いに来てくれ、PUFFや500マイル、虹と共に消えた恋などPPM(Peter, Paul and Mary)の曲をギターで弾いてくれました。 ヴェリー・ベスト・オブ・ピータ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

22歳の別れ=風=

私の学生時代(1970年代)は、「かぐや姫」の絶頂期。 下宿部屋で「かぐや姫」のヒット曲をギターでよく練習していました。 「22歳の別れ」は、「かぐや姫」の伊勢正三が1974年のアルバム『三階建の詩』のために書いた1曲でした。 三階建の詩(紙ジャケット仕様) - かぐや姫, 喜多條忠, 伊勢正三, 山田つぐと, 南こうせつ, …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「サークル・ゲーム」&「いちご白書をもう一度」

前稿の続き・・・ 「いちご白書」を観て、映画の挿入歌「サークル・ゲーム」のレコードを買ってきました。 映画の内容だけでなく、この曲のメロディーや歌手の歌声の美しさにも感動でした^^ いちご白書~サークル・ゲーム[EPレコード 7inch] - バフィー・セントメリー 「サークル・ゲーム」は、カナダのジョニ・ミッチェルが作詞作曲し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

いちご白書

映画館へ行って映画を観るのは高い。 そして腰痛持ちの私は、あの狭い座席で長時間座っているのは苦痛です。 なのでここ何十年も、映画を観るのはもっぱらレンタルDVDで^^ 初めて映画館へ行って映画を観たのは高校1年生の時でした。 クラスメイトが「いちご白書、すんごく良かった!」というので、私も映画館へ行って観てみることにしました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自治会の夏まつり

今年4月から自治会会長を仰せつかっております。 わが自治会は、会員件数126件の町内では中規模の自治会です。 当初は慣れない仕事に当惑しておりましたが、最近になってようやく少し慣れてきた次第です。 7月28日(日) 自治会恒例の「自治会夏まつり」を開催しました。 今年は会員の要望により「唄う柔道家」高松大地さんをお招きする…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

第13回 オカリナ&ギターと歌の集い

5月25日(日) 明石市在住のアーチスト、小田さんご夫婦のコンサートに行ってきました。 我々夫婦は、このコンサートに参加させていただくのは3度目になります。 今回は、チケットを多めに購入したので、義姉と幼なじみのKを誘って4人で楽しんできました。 また、このコンサート人気が高く、昨年度から明石市最大のコンサートホール、明石市…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オカリナとギターと歌の集い②

11月4日(土) 前回5月に開催され、今年2回目の「オカリナとギターと歌の集い」に参加してきました。 場所は、前回と同じ明石市西部市民会館。 およそ500名収容できるホールは今回も満席です。 今回のプログラム。 いろいろなジャンルの曲が演奏されるようです。 主催者の小田さん手作りの歌詞カード。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ポール・モーリア・リメンバー・コンサート

コンサートの開演時間が近づいてきたので、コンサート会場の「神戸国際会館こくさいホール」へ向かいました。 開場時間はまだのようです。 ちょいと早すぎましたね~ 開演時間までに近くのレストランでランチをとることにしました。 これで2人分。 夕食はちょいと豪勢にしようと思うので、控えめにしておきます。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

兵庫大学エクステンション・カレッジ~ウクレレ講座~

渡邊一雄先生の「これこそ人生を楽しく送る秘訣」受講後、塚本誠一郎先生の「ウクレレ講座~弾き語りをして気分はミュージシャン~」を受講しました。 講師の塚本誠一郎先生。 作詞・作曲家で代表作は「スペイン坂」「もうブルースは聴かない」。 大阪ウクレレスターズ隊長。 練習風景。 定員は15名、受講者は私より少し上の団塊…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

LIVE「君と歩いた青春」

お腹も大きくなったところで、JR大阪駅に戻り、コンサート会場の大阪城ホールへ向かいました。 大阪城公園駅を降りると、雨も本降りになってきました。 昔、私が若い頃、伊勢正三が率いる「風」というフォークグループの楽曲で、「君と歩いた青春」というのがありましたっけ。 LIVE「君と歩いた青春」は、この時期、伊勢正三が中心にな…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

オカリナとギターと歌の集い

30年ほど前から仕事の関係で知り合った小田正子さんからご案内をいただき、「オカリナとギターと歌の集い」というコンサートに参加させていただきました。 小田正子さんは旦那様の小田眞一さんが定年退職されたのを機に、このようなコンサート活動を始められたそうです。 数年前にもこのコンサートにお誘いいただいたのですが、当時仕事がが忙しく…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

森山良子コンサート~Touch me~

11月5日(土) 神戸国際会館こくさいホールへ「森山良子デビュー50周年スペシャルコンサート」へ行ってきました。 新聞で彼女のコンサートを知ったのは、コンサート当日の2日前でしたが、何とかチケットを購入することができました。 私が初めて聞いた彼女の曲は、「恋は水色」の日本語バージョンでした。 本家本元のヴィッキー・レ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

オルゴールミュージアム

ゆっくり花壇を鑑賞したいところですが、帰る時刻も気になるのでミュージアムに入園します。 ちょうど10分後にオルゴールコンサートがあるということなので、まずは2階のコンサートホールへ向かいました。 係の方がコンサートの準備のためにオルゴールのゼンマイを巻いています。 この中には、穴の空いた金属のディスクが装着されてありま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

風=はしだのりひことシューベルツ=

「はしだのりひことシューベルツ」は、ザ・フォーク・クルセダーズの端田宣彦(はしだのりひこ)が1968年の後半に結成したカレッジフォーク・グループ、ポップ・フォーク・グループでした。 【送料無料】 CD/はしだのりひことシューベルツ/シューベルツ リサイタル (紙ジャケット) (初回生産限定盤)/TOCT-26282サプライズW…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雨=ジリオラチンクエッティ=

シングル・コレクションワーナーミュージック・ジャパン 2012-07-05 ジリオラ・チンクェッティ Amazonアソシエイト by 3月14日(土) 今日は朝から雨。 私の初恋は小学校3年生の雨の日。 チョイとおませな小学生だったのですね^^ 3年生の新学期が始まって間もない頃、下校途中に雨が降り出しま…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

戦争を知らない子どもたち=ジローズ=

「戦争を知らない子どもたち」は、1970年に発表された、ジローズ(第二次)のヒット曲で、ジローズは翌年の第13回日本レコード大賞新人賞を、北山修は作詞賞を受賞しました。 [CD] (オムニバス) ジローズ/戦争を知らない子供たち-北山修 作詩集(初回生産限定盤)ぐるぐる王国DS 楽天市場店 詳しい納期他、ご注文時はお支払・送料…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

俺たちの旅

1975年10月5日から1976年10月10日まで毎週日曜日20:00 - 20:54に放送された。当初予定されていた放映期間は2クール(半年)だったが、高視聴率を獲得し続けたことから結果的に4クール(1年)に放映期間が延長された。カラー(フィルム)作品。 物語は三流私大生カースケ、その同級生オメダと同郷の先輩グズ六(早大OB)が中心…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ダイアナ=ポール・アンカ

緊急入院に際し、たくさんの皆様から暖かいコメントや気持ち玉をいただきましてありがとうございました。 お陰様で退院後の15日(月)には元気に出社することができました。 定年までは何とか頑張って勤め上げ、定年後は健康に留意しながら第2の人生を謳歌したいと思います。 さて、私の大好きな歌をまた一曲ご紹介します。 ポール・アンカ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ドナドナ=ジョーン・バエズ

この曲との最初の出会いは、小学校の音楽の教科書でした。 どことなく物悲しいメロディーで、「 ドナ・ドナ・ドナ・ドーナ」という歌詞が大変印象的でした。 <日本語訳詞> ある晴れた昼下がり 市場へ続く道 荷馬車がゴトゴト子牛を載せてゆく 可愛い子牛 売られてゆくよ 悲しそうな瞳で見ているよ ドナ・ドナ・ドナ・ドーナ 子…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

街=高石ともやとナターシャセブン=

学生時代つき合っていた彼女は、高石ともやの大フアンで高石ともやを「ともやさん」と呼び、神のように崇拝しておりましたw 高石ともやさんに嫉妬を抱くほどでした 街EMI MUSIC JAPAN INC. 2004-04-01 Amazonアソシエイト by その頃私は、高石ともやというと「受験生ブル…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

遠い世界に=五つの赤い風船=

中学時代だったか、高校時代だったか忘れてしまいましたが、クラス対抗で「合唱コンクール」がありました。 我がクラスでは、当時流行っていた五つの赤い風船の「遠い世界に」を歌うことになりました。 私は、ちょっと変わり者だったようで、外国の歌ばかり聴いており、国内で大流行していた「遠い世界に」は、よく知りませんでした。 「合唱コンクール」…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

マサチューセッツ=ビージーズ=

私は、フォークソングが好きで、今でもPP&Mやブラザーズフォー、ジョーンバエズなどをよく聴いております。 ハードロックはちょいと苦手ですが、ソフトロックも大好きです。 特に好きなのは、ビージーズ。 私の持っている彼らのCDです。 ビージーズは、英国王領マン島生まれのイギリス人の三人兄弟を中心に構成された、男性ボーカル…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

悲しみのジェットプレィン=ジョン・デンバー=

ブルース・ウィルス主演の「アルマゲドン」、観られましたでしょうか? 私は、DVDで3度観ました。 最後のクライマックスシーン、さすがブルース・ウィルス、いい演技をしてましたよね。 【新品】【DVD・ブルーレイ 洋画】アルマゲドン(DVD)エンターキングオンライン   楽天市場 by ところで、「アルマゲドン」の…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

「恋はみずいろ」=ヴィッキー・レアンドロス=

この曲を初めて聴いたのは散髪屋のラジオだったと思います。 歌詞はフランス語で、意味は全く分かりませんでしたが、髪を切ってもらいながら、爽やかな歌手の歌声に思わず聞き入ってしまいました。 その後、あちこちでこの曲を耳にすることが多くなり、レコード屋へドーナツ盤を買いに行きました。 多分、自分の小遣いで買った初めてのレコードだったと思…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

「500マイル」=HEDY WEST=

「500マイル」を初めて聴いたのは、やはりPP&Mのアルバムでした。 この歌を聴いていると、のどかなアメリカの田舎を汽車で旅しているイメージが涌いてきます。 スローテンポで歌詞も繰り返しが多いので歌いやすいです。また、ギターコードも簡単なので、PP&Mのレコードを何度も聴きながら一生懸命ギターの練習をしました。 曲が弾けるよう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「PUFF」=Peter, Paul and Mary=

PP&Mの通称で親しまれているピーター・ポール&マリー(Peter, Paul and Mary)は、1960年代のアメリカで最も偉大なフォークグループであることは、我々の年代の方々にとっては、言うまではないことでしょうね。 「500マイル」、「レモンツリー」、「花はどこへ行った」など、PP&Mの数あるヒット曲のうち、「PUFF」…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

「花はどこへ行った」=ピート・シーガー=

中学生の頃、私はピーター、ポール&マリー(PPM)が好きで、彼らの曲を弾けるようになりたいと思い、ギターを購入しました。 初めて買ったギターは、数千円の安いガットギターでしたが、よく練習して何度も弦を切りましたね。 そして、彼らのアルバムの中の一曲が「花はどこへ行った」でした。 「花はどこへ行った」は、コードが簡単で、歌詞も繰…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

南こうせつ 伊勢正三 SPECIAL CONCERT 2014~ひめ風!?~

阪神・淡路大震災後19年の2日後、2014年1月19日(日)、「南こうせつ 伊勢正三 SPECIAL CONCERT 2014~ひめ風!?~」に行ってきました。 みなさんよくご存じの通り、南こうせつ、伊勢正三は、山田パンダとともに1970年代に活躍したフォークグループ「かぐや姫」のメンバーであります。 当時、私は大学生で、青…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more