テーマ:ホビー

メッサシューミット Me410 B-1

この度の豪雨により被害に遭われた皆様方、お見舞い申し上げます。 雨が少ない瀬戸内地方でも、ここ数日うっとうしい天気が続いています。 また、関西地方でも新型コロナ感染者が徐々に増えてきているようです。 「ステイホーム」を余儀なくされる中、プラモデル制作に精を出しています。 今回完成したのは、「メッサシューミット Me410 B…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SR-71A ブラックバード

久しぶりにジェット機を作ってみました。 「SR-71A ブラックバード」は、1967年よりアメリカ空軍で採用された超音速・高高度戦略偵察機。 最高速度はマッハ3を出すことができ、有人実用ジェット機として最も速く、2020年現在に至るまで記録は更新されていません。 また、沖縄・嘉手納飛行場にも配備され、その異様な形状と夜間に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボーイング P-12E

今まで飛行機のプラモは1/72スケールか1/48スケールのものがほとんどだったのですが、今回は1/32スケールの「ロッキードP-12E」を作ってみました。 1/32スケールモデルに挑戦するのは、ひょっとして初めてかも・・・・(子どもの頃、一度だけ作ったことがあったような、なかったような・・・) F4B(Boeing F4B …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソミュアS35

ステイホーム中はプラモデルを楽しむ絶好の機会だと思っていたのですが、細かな部品をなくしたりしてやる気が失せてしまい、そんなにたくさん作りませんでした。 それでもいくつか完成したので、記事をUPします。 まずは、フランス中戦車「ソミュアS35」。 ソミュア S35(SOMUA S35)は第二次世界大戦で使われたフランスの騎兵…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とまるさんからプラモデル用整理棚をいただきました^^

昨年11月下旬にブログ友のとまるさんからプラモデル用の整理棚とショーケースをいただきました。 年末の大掃除の際にプラモデルを整理しました。 整理棚に入りきれなかったプラモデルたち。 長らく埃が被り放しになっていました^^; とまるさんにいただいた整理棚。 段を増やせばもっと入りそうです。 こちらはショーケ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

グラント

今年もあと10日ほどになってしまいました。 今年は、あまり出かけられずにプラモデルばかり作っていたなぁ・・・なんて反省をしながら、またプラモデルの記事をUPします。 今回完成したのは、グラント中戦車。 1942年、ロンメル率いるアフリカ軍団の猛攻により、まさに風前の灯火状態にあった北アフリカ戦線のイギリス軍を救い、「エ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

B-17 G フライングフォートレス

数年前イギリス映画「メンフィス・ベル」に登場するB-17爆撃機をみて、さっそくB-17のプラモデルを購入しました。 映画「メンフィス・ベル」は実話に基づいた作品で、実機はB-17Fという機体なのですが、私が購入したものはB-17Gでした。 当初、「G」のキットを「F」に改造して製作しようかと考えていたのですが、私の技術では手に負…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

水上戦闘機 強風

相変わらずヒマさえあればプラモを作り続けています。 今回は、水上戦闘機「強風」が完成しました。 水上機の役割は偵察・弾着観測のような補助的なものでしたが、飛行場建設の難しい太平洋の島々の防空などのため、日本海軍は世界に類を見ない水上戦闘機という機種の配備を進めました。 しかし、「強風」の開発・完成には3年もの歳月を要してし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハインケルHe111H-6

またしてもプラモデルネタ^^; ドイツのレシプロ機は好きです。 旧ドイツ空軍の「ハインケルHe111H-6」が完成しました。 「ハインケルHe111」は、第二次世界大戦前から大戦終了まで、ドイツの航空機メーカーのハインケルが製造し、ドイツ空軍が使用していたレシプロ双発爆撃機。 実機の写真はWikipediaより …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三菱特殊防空戦闘機 キ-109

最近自治会の用事が忙しいので、あまりお出かけすることが出来ません。 ヒマを見つけては家でプラモデルばかり作っています。 数日前に「三菱 特殊防空戦闘機 キ-109」が完成しました。 第2次大戦末期、B29による本土攻撃が激しくなると、敵の射程外から一発で攻撃できる戦闘機の開発案が出されました。 そこで、キ-109が四式重…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/48紫電改

鶉野飛行場跡で1/1紫電改を見て、早速紫電改のプラモデル制作に取り組みました。 実際のスケールの物を見てくると、やっぱり制作意欲が上がり、随分早く完成させることができましたw ★紫電改(ハセガワ 1/48)★ いつものようにコクピットから制作開始。 いつもの1/72スケールと違って、今回は1/48スケールなので、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1/1紫電改

9月15日(日) 幼なじみのShiと旧日本海軍の切り札とも言われた「紫電改」を見に兵庫県加西市の鶉野飛行場跡地行って来ました。 たくさんの航空ファンの方々が来られていました。 とは言っても、ここの紫電改は実物ではなく、原寸大(1/1)の模型なのです。(現存する紫電改の実機は国内では愛媛県の一機のみ) 大戦中、紫電改はここ鶉野…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

九七式大挺

大型のキット、九七式大挺が完成しました。 九七式大挺は、川西航空機(後の新明和)が生んだ傑作飛行艇。現在のSP-1の原型となった飛行艇なのです。 ★九七式大挺(ハセガワ 1/72)★ まず、機体の塗装です。一つ一つのパーツがデカい! 機体の裏面の塗装。 機体の表面の塗装。 コクピットの制作。 搭…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

伊16

久しぶりのプラモデルの記事です。 旧日本海軍「伊号第十六潜水艦(伊16)」が完成しました。 ★伊16(アオシマ 1/350)★ 伊16は、伊16型潜水艦(巡潜丙型)の1番艦で、太平洋戦争開戦時、特殊潜航艇「甲標的」を搭載し真珠湾攻撃に参加しました。 その後は哨戒活動や輸送任務に従事し、連合国艦船4隻を撃沈するなどの戦果も…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

B-25J ミッチェル

三田の奥本模型店で購入した「B-25J ミッチェル シャークティース」が完成しました。 ハセガワ模型のHPで調べてみましたが、この「B-25J]は新しいキットになっており、奥本模型店で購入したキットは現在販売されていないようです。 「B-25 ミッチェル]は第二次世界大戦中のあらゆる局面において用いられ、連合国に敵対するドイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリュースター B-339 バッファロー

今年2機目のプラモデル、「ブリュースター B-339 バッファロー」が完成しました。 前作の「ノイシュバンシュタイン城」が結構長くかかってしまったので、今回はサクッと仕上げることにしました。 バッファローは1935年、アメリカ海軍による次期艦上戦闘機の開発要求に基づき、ブリュースター社が開発した、当時としては近代的な機体でし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ノイシュバンシュタイン城②

ノイシュバンシュタイン城のモデルを作っていると、実際の城を訪れた思い出が蘇ってきます。 また、位置関係も完成モデルを見るとよく分かります。 ツアーでは、正門の反対側から登ってきたようです。 実際の写真を見ながらカラーリング^^ お城の側面をぐるりとまわって正門へ。 正門は、残念ながら工事中でした…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ノイシュバンシュタイン城①

昨年末から取り組んでいたノイシュバンシュタイン城がようやく完成しました。 ノイシュバンシュタイン城はドイツで1、2を争う美しい城といわれ、ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなっています。 建物のプラモは滅多に作らないのですが、一昨年ドイツを旅行した際訪れたノイシュバンシュタイン城にはちょいとした思い入れがあるので、作…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

夜間戦闘機 極光

三田の「奥本模型店」で購入した「夜間戦闘機 極光」が完成しました。 1943年5月に日本海軍は、陸上爆撃機銀河の発動機を換装して夜間戦闘機に改造することを川西航空機に命じました。 試製極光 (P1Y2-S) と名づけられた試作機は、1944年5月に1号機が完成し6月に海軍に領収されることになりました。 生産は、中島で銀河と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

特二式内火艇

日本海軍(海軍陸戦隊)の水陸両用戦車「特二式内火艇」が完成しました。 海軍陸戦隊はそれまで上陸作戦に使えるような車両は保有していませんでした。 そこで、陸軍技術本部の協力を仰ぎつつ、エンジン、ギアシャフト、電気系統などで九五式軽戦車をベースとして開発したのが「特二式内火艇」です。 車体の前後に水上走行を可能とするための着脱…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブリストル ボーファイター TF,10

久しぶりのプラモデルの記事です。 「ブリストル ボーファイター TF.10」が完成しました。 ボーファイター は、第二次世界大戦でイギリス空軍が使用した双発の重戦闘機。 本来は、長距離を飛行できる昼間戦闘機として開発されたぼですが性能不足であったため、夜間戦闘機、戦闘雷撃機に転用され、終戦まで活躍しました。 国立…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RX-78-2 GUNDAM ②

「RX-78-2 GUNDAM」が完成。 各関節部分が精巧に曲がるのでポージングを撮ってみました。 うむむ・・・なかなか格好良いポーズができませんね><; 説明書にちょいと格好いいポーズをとったGANDAが載っていたので、こいつを真似してポーズをとってみることにしました。 なかなか難しいな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

RX-78-2 GUNDAM ①

結婚式のお祝い返しのギフトカタログでGUNDUM(ガンダム)のプラモデルを見つけたので、選んでみることにしました。 昭和29年生まれの私は「鉄腕アトム」や「鉄人28号」世代なので、「ガンダム」はあまり馴染みがありません。 しかし、プラモデルショップではガンダムのプラモデル(ガンプラ)が大人気なようで、一つぐらいは造ってみても良い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

93式中間練習機(赤とんぼ)

「奥本模型店」で購入した「神風」に続き、「93式中間練習機」が完成しました。 93式中間練習機は大日本帝国海軍の練習機。 日本軍の練習機は目立つように橙色に塗られていたことから別名「赤とんぼ」と呼ばれていました。 また、93式中間練習機は海軍のあらゆる練習航空隊に配備され、1945年(昭和20年)の第二次世界大戦終結まで用…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三菱雁型通信連絡機「神風」

三田の「奥本模型店」で購入した1機「神風」が完成しました。 三菱雁型通信連絡機「神風号」は、朝日新聞が陸軍から払い下げを受け、通信連絡機として使用していた97式司令部偵察機の試作機です。 この機体は、朝日新聞社が1937年英国皇帝ジョージ5世の戴冠式に東京ーロンドンの祝賀飛行をし、当時東京・ロンドン間を90数時間で飛行した記…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

奥本模型店

永澤寺では色々な花を鑑賞することができましたが、実は三田へやってきた目的はもう一つありました。 前日寿司屋の大将から三田市に古いプラモデルを扱っている模型店があるとの情報を得ました。 寿司屋の大将の話では、何でも数年前にテレビで紹介されたのだとか。 永澤寺をあとに三田市の中心街へ。 カーナビの案内で細い路地の端っこにありまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

戦艦 三笠 ②

戦艦三笠の製作を中止しておよそ2ヶ月、ようやく神戸の模型ショップで艦船用のスチールラインを見つけることができました。 本格的に艦船プラモの空中線を張るのは初めてなのですが、このキットの製作説明図には有り難いことに空中線の張り方が詳しく記載されていましたので、これに従って張っていくことにします。 マストは船体に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

戦艦 三笠 ①

子どもの頃、プラモデルを作るのが楽しみで、小遣いをこつこつと貯めては、第2次世界大戦中活躍した飛行機や軍艦などを作っていました。 あの頃は、戦艦大和を作るのが最大の憧れでしたね。 1/350スケールの戦艦大和は作るのはまだまだ力不足ですので、戦艦三笠を作ってみることにしました。 戦艦三笠は、明治35年(1902年)3月1日英国…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二式飛行艇

戦艦三笠用のスチールラインがようやく手に入りました。 戦艦三笠の制作を再開する前に、途中まで制作していた二式飛行艇を完成させました。  「二式飛行艇(二式大艇)」は、旧日本海軍が第二次世界大戦中に九七式飛行艇の後継機として実用化した4発大型飛行艇で、レシプロエンジン装備の飛行艇としては当時世界最高の性能を誇る傑作機とされるそ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

SBD ドーントレス

スチール製のラインがまだ手に入らないので、大作「戦艦三笠」は放置のままです。 その間、「SBD ドーントレス」が完成しました。 「SBD ドーントレス」は、アメリカ海軍の偵察爆撃機で、第2次世界大戦のほぼ全期間を通して急降下爆撃機や偵察機として使用されました。 太平洋戦争緒戦時では主力艦爆として対日戦に活躍し、珊瑚海海戦で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more