四国一周旅行10~岩崎弥太郎生家~

北川村から再び国道55線を走り、高知市街を目指します。
DSC02162.JPG
途中「野良時計」に立ち寄るつもりでしたが「岩崎弥太郎生家」の案内板を見つけてたので、先にこちらへ行くことにしました。

こっちへ曲がるのね^^
DSC02165.JPG

ここですね。表示看板と同じような銅像が建っていました。
DSC02166.JPG
岩崎弥太郎は、三菱財閥の創業者で初代総帥。
1835年1月9日、土佐国安芸郡井ノ口村一ノ宮(現在の高知県安芸市井ノ口甲一ノ宮)の地下浪人・岩崎弥次郎と美和の長男として生まれる。
土佐藩の吉田東洋や後藤象二郎,坂本竜馬の知遇を得る。
同藩の経済官僚を経て海運業を営んだ藩船などの払い下げを受けて三菱商会を創立。
明治政府の保護による独占的海運事業として発展した。
(「コトバンク」より抜粋)
DSC02167.JPG
DSC02168.JPG
DSC02170.JPG
DSC02175.JPG
「三菱マーク」の由来。
DSC02177.JPG
父と私の長男は三菱関連の会社でお世話になっておりました。
岩崎弥太郎さん、お世話になっております

"四国一周旅行10~岩崎弥太郎生家~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント