四国一周旅行7~モネの庭マルモッタン①~

ホテルをチェックアウトし、安芸郡北川村にある「モネの庭」マルモッタンに向かいました。

印象派の巨匠クロード・モネは、列車の窓から見たジヴェルニーの景色の美しさに心奪われ、43歳でフランス北部にあるジヴェルニーに移り住みました。そして、セーヌ渓谷の肥沃な土地に、理想の家と庭を作りあげました。
ジヴェルニーの庭は彼の創造の源泉となり、「睡蓮」などの多くの名作を生み出す舞台となりました。 北川村「モネの庭」マルモッタンは、この庭と家をクロード・モネ財団の指導を仰ぎながら、彼の精神と共に再現したものです。
(北川村モネの庭 HPより)

園内は「ボルディゲラの庭」「花の庭」「水の庭」の3つの庭園がありますが、なんといってもメインは青い睡蓮の咲く「水の庭」。
チケットを買って、まずは「水の庭」を目指します。
DSC02113.JPG
途中出会った花たち。
DSC02114.JPG
DSC02115.JPG
DSC02117.JPG
DSC02119.JPG
DSC02120.JPG
DSC02121.JPG
DSC02123.JPG
切りがないのでこれくらいにしておきますが、「水の庭」に着くまでの間も結構楽しめます^^

「水の庭」に到着。
DSC02126.JPG
DSC02128.JPG
IMG_5860.JPG
IMG_5859.JPG
IMG_5865.JPG

所々にモネの作品(もちろん複製)が置かれています。
IMG_5856.JPG
IMG_5857.JPG
IMG_5862.JPG

「水の庭」で咲いている睡蓮のほとんどは、本家本元のフランス/ジヴェルーニの「モネの庭」から株分けしたものだそうです。
DSC02130.JPG
IMG_5861.JPG
IMG_5864.JPG
特にモネがどうしても咲かせたかった「青い睡蓮」は、熱帯性であるため、気温の低い北フランスのジヴェルーニでは咲かすことが出来ませんでした。
ところが、ここ南国高知では、この「青い睡蓮」を見事開花することが出来、交流のシンボルとなっているそうです。
DSC02145.JPG
DSC02146.JPG
朝早いためか、それともここ数日天気が悪かったためか、開花までもう少しですねぇ^^

たくさん写真を撮ったので、3回に分けて投稿します。















"四国一周旅行7~モネの庭マルモッタン①~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント