ソミュアS35

ステイホーム中はプラモデルを楽しむ絶好の機会だと思っていたのですが、細かな部品をなくしたりしてやる気が失せてしまい、そんなにたくさん作りませんでした。
それでもいくつか完成したので、記事をUPします。

まずは、フランス中戦車「ソミュアS35」。
DSC_0305.JPG
ソミュア S35(SOMUA S35)は第二次世界大戦で使われたフランスの騎兵戦車である。1936年から1940年にかけ、騎兵科の機械化師団の装備として、430輌が生産された。S35はこの時代においては快速かつ重装甲の中戦車で、同クラスの他の戦車と比べ装甲も火力も勝っていた。フランス陥落後は鹵獲され枢軸国によって使用された。
1280px-Char_1935_S_Somua_1[1].jpg
(説明文と実物の写真はWikipediaより)

★「ソミュアS35」(タミヤ 1/35)
DSC_0246.JPG

<制作記>
ランナーから部品を外す前に、基本の車体色(オリーブグリーン)を吹き付けておきました。
DSC_0244.JPG

車体下部の組み立て。
DSC_0248.JPG
DSC_0250.JPG
チェーンは金属製。
DSC_0283.JPG

続いて車体上部の組み立て。
DSC_0275.JPG

砲塔の組み立て。
人形が一体付いていました。
DSC_0276.JPG

車体の基本色は3色。
ていねいに筆で塗り分けました。
DSC_0277.JPG

キャタピラは、一枚一枚はめ込むようになっています。
DSC_0251.JPG
DSC_0235.JPG
細かいので、ずいぶん時間がかかりました。
説明書には片側102枚連結するように書かれてありましたが、実際には少し足りなくて105~106枚ぐらい連結しました。
DSC_0299.JPG
DSC_0300.JPG

最後にデカールを貼って完成。
この戦車はカラーリングが派手なので、今回はあえてウェザリングは施しませんでした。
DSC_0302.JPG
DSC_0303.JPG
DSC_0304.JPG
DSC_0305.JPG
DSC_0306.JPG
DSC_0307.JPG
DSC_0308.JPG
フランスの戦車もなかなか面白い。
また作ってみようっと♪






"ソミュアS35" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント