魅惑の国トルコへ49~アガサ・クリスティー・ルーム~

<6月21日(金) 9日目>
トルコ旅行最終日。
4階にアガサ・クリスティーが宿泊した部屋があるというので、朝食に行くついでに4階へ行ってみました。
エレベーターを降りると、ちょいと他の階と雰囲気が違います。
他の階は吹き抜けになっているのに、4階だけは吹き抜けの部分が一部分フロアーになっていました。
DSC01205.JPG

どうやらフロアー部分は展示スペースになっているようです。
DSC01196.JPG
当時ホテルで使われていた食器類でしょうね。
DSC01197.jpg
ホテルの紋章が付いています。
DSC01201.jpg
こちらの食器に付いているのは、有名食器メーカーのロゴなのでしょうか?
DSC01200.JPG

当時の宿帳でしょうかね?
DSC01198.JPG

411号室の鍵。
アガサ・クリスティーが宿泊した部屋の鍵ですね。
DSC01199.JPG

411号室は、エレベーターを降りて右手奥にありました。
DSC01204.JPG
ドアの横には「アガサ・クリスティー・ルーム」と書かれたプレートがはめ込まれていました。
DSC01195.JPG
DSC01202.JPG
部屋には鍵がかかっていましたが、ホテルのスタッフに頼めば部屋を見せてもらえるそうです。
私は見ませんでしたが、このホテルには、トルコ「建国の父」アタテュルクや「老人と海」で有名なアメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイ、スウェーデン出身のハリウッド女優、グレタ・ガルボなどの部屋があるそうです。

"魅惑の国トルコへ49~アガサ・クリスティー・ルーム~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント