スタンド・バイ・ミー

インターネットで検索していると、懐かしい曲を見つけました。
ベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」でした。
曲を聴いていると、この作品をもう一度観たくなりました。
ずいぶん前にレンタルCDで観たことがあったのですが、今回はNETFLIXで観ることにしました。
o1576188314043835030.jpg

「スタンド・バイ・ミー」
1986年(アメリカ)
監 督:ロブ・ライナー
出演者:ウィル・ウィートン
    リヴァー・フェニックス
    コリー・フェルドマン
    ジェリー・オコンネル
    キーファー・サザーランド

<あらすじ>
モダン・ホラーの巨匠スティーブン・キングの少年時代の出来事を題材にした作品。
ノスタルジックな世界観で描かれた本作は、作家として大成した主人公が、劣悪な環境、閉塞的な町に育った少年時代のひと夏の出来事を振り返る形で展開していく。
絶望しかない未来、死体探しの旅というひと夏の冒険を通して、少年たちが心の葛藤を描きながら大人へと成長していく友情物語である。

夏休み、暇を持て余していた4人の少年、ゴーディ・ラチャンス、クリス・チェンバーズ、テディ・ドチャンプ、バーン・テシオ。ある日彼らは、3日前から行方不明になっていた同級生が実は電車にひかれて亡くなり、その死体が見つかっていないという話を聞く。その話に興味津々の彼ら、同級生の死体を見つけに行こうと決意、そして、彼らの“死体探し”、“自分探し”の旅が始まる。
stand-by-me3.jpg
img_7583.jpg
途中、喧嘩もするが、助け合いながら、鉄道の線路に沿って冒険のような旅を続ける。鉄橋で危うく列車に轢かれそうになったりしながらw
3154a55cd4ad30c936fc520200b9b01e.jpg
夜、4人は野宿することになる。
そこで、物語を書く才能があるゴーディは、親に疎まれていることを気に病み、将来への希望も持てないことをクリスに打ち明ける。彼はゴーディの才能を評価し、作家になる夢をあきらめないよう助言する。一方でクリスは家庭環境の悪さから将来に希望が持てない上、自分が教師の私利私欲に利用されたということを打ち明ける。ゴーディは実は頭のいいクリスに、進学することを勧め、励ますのだった。
Stand-by-Me-movie-640x427.jpg
野宿を無事に成し遂げた翌朝、ゴーディたち4人は、とうとうレイ・ブラワーの死体を発見することになる。
冒険を通じて少し大人になった4人のひと夏の冒険物語は幕を閉じる。彼らは再び線路伝いに来た道を引き返す。

「Stand by Me(スタンドバイミー)」とは、そのまま訳すと「私の傍に立っていて」という意味になりますが、この場合の訳は「私の傍に立っていて」よりも、「私を支えて」という意味が近いそうです。

この作品を観ていると、自分の子供時代のことをしきりに思い浮かべます。
生まれた時から両下肢に障害のある私は、多くの友達に支えられながら子供時代を過ごしてきました。
人並みにここまで生きてこれたのは彼らのおかげだと今でも感謝しています。
特に仲が良かった友達とは、時々旅行に行ったり、また、家族ぐるみの付き合いを続けています。
DSC_63790 (2)_LI.jpg

最後にベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」を貼っておきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

kunityan
2021年08月22日 18:52
自分の逆境の生い立ちの中で、ともすれば
ひがみ根性になる危険性はありますね。

何らかの形で支えてくれる存在があれば、
道を踏み外さずに人生を歩むことが出来ま
すね。

スタンド・バイ・ミイの物語は、心惹かれ
ます。

私も7人兄弟の、貧乏人の子沢山で兄弟の
殆どが義務教育だけで、下二人がやっと
昼間の高校を受けることが出来ました。

長男の私は、高等小学校2年のみで、後は
軍国主義に躍らせられ少年飛行兵に突入。

復員後は働きながら定時制高校の4年に
編入、高校卒業の資格を取り東京の郵政の
試験を受け、国鉄から横滑り継続就職。

働きながら大学を卒業しました。

兄弟は、皆私を頼って上京しました。

その間矢張り頼りになったのは、少飛の
同期2人でした。

復員後の国鉄の幹部職員の研修試験の時、
作文の題材に選んだのが、真の友情の少
飛の同期を選びました。

亡くなるまで付き合いが続きました。
OZMA
2021年08月25日 15:04
kunityanさん、こんにちは。
仲間から世話になった恩は決して忘れてはならないと思っています。
また、彼らとは月に一度は逢って近況報告し合っています。
(コロナ禍なのですが・・・)

kunityanさん、
まだ「スタンド・バイ・ミー」ご覧になっていなかったら、ぜひご覧になってみてください。オススメですよ♪