グラマンA-6「イントルーダー」

グラマンA-6「イントルーダー」が完成しました。
DSC03755.JPG

グラマンA-6(愛称はイントルーダー)は、アメリカ海軍と海兵隊が1963年-1997年までの34年間運用した艦上攻撃機。
ベトナム戦争や湾岸戦争をはじめとする、就役期間中に発生したアメリカ海軍の艦上機が何らかの形で関わったほとんどの戦争や紛争に参加した。
1920px-Grumman_A-6E_Intruder_of_VA-52_in_flight,_in_1981_(6379373).jpg
(説明文および実機の写真はWikipediaより)

★「イントルーダー」 (ハセガワ 1/72)★
DSC03752.JPG

1/72 A-6E イントルーダー【C8】 ハセガワ - Joshin web 家電とPCの大型専門店
1/72 A-6E イントルーダー【C8】 ハセガワ - Joshin web 家電とPCの大型専門店


今回はいきなり「一文字」から^^
DSC03625.JPG
機首部分には8gの錘を入れています。
DSC03627.JPG

主翼を接着して「十文字」へ。
DSC03699.JPG

機体色を吹き付け、尾翼を接着して「士の字」へ。
DSC03751.JPG

「デカール貼り」。
DSC03753.JPG

車輪、ウエポンなど細かな部品を接着。
DSC03754.JPG

最後に細かな部分を修正すれば完成。
DSC03755.JPG
DSC03756.JPG
DSC03757.JPG
DSC03759.JPG
DSC03758.JPG
DSC03761.JPG
いつもは1ヶ月ほどかけてちまちま作るのですが、今回は1週間ほどで完成してしまいました。
コロナ下で「ステイホーム」の機会が多いからでしょうか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2020年11月10日 10:57
コロナ下での無聊解決策のプラモデル製作
何時も羨ましく拝見しています。

私は腰痛持ちのうえ老齢でも、今のところ
専ら花壇や畑いじりで、なんとかストレス
解消に努めています。

しかし、冬場に向かうと雪に閉じ込められ
ますので、これが毎年悩みの種になってい
ます。

ところで、プラモデルを拝見する度に、昔
少飛だっただけに興味深く拝見しています。

私の経験ではグラマンは、プロペラ機で姿
もずんぐり、がっちりした頑丈な感じでした。

プラモデル機は、戦後の近代化された性能
アップのスマートな機種になったのでしょう。

思い出しますと、終戦の年の2月27日は
卒業考査の真っ最中でした。

突如空襲警報で避難する暇なく、教室内に
止まるの止むなきに至りました。

恐らく攻撃目標が日立航空機立川工場と判明
していたのでしょう。

窓越しに旋回するや否や工場に向かって突っ
込む姿が見え、胴体から黒い物が発射される
のが見えました。

一方校舎正門辺りから高射機関銃が火閃を
引くように矢継ぎ早にグラマンに伸びていき
ます。

その内上空からなにか、ひらひら降りてくる
ではありませんか。

降りてくるに従って、撃ち落されたグラマン
のパイロットであることが分かりした。

空襲が終わった後、上官に引率されて米兵を
見に行きました。

本部前の桜の木に目隠しされて縛られていま
した。

軍服のズボンが裂けて下着が見えていました。

戦後調査された結果分かったことですが、憲
兵に引き渡され母国に無事送還され、家族と
共に平和な生活を送っていたそうです。

これも戦後調査されて分かったことですが、
立川付近の攻撃目標が航空写真等によるもの
と思われますが、詳細に記載されていました。

少年飛行兵学校は、撃墜等された場合の緊急
避難地帯と表示されていました。

その指示に従って落下傘で降下したのでしょう。
2020年11月10日 22:09
こんばんは~
着々とプラモデルの製作が進んで
いらっしゃるのですね!
引きこもっていても 絵を描いたり
プラモデルを作ったり 花壇の手入れと
色々あって良いですよね!

ツレヅレハナコさんのインスタグラム
インスタ登録してないとみえないかも
しれませんが
https://www.picuki.com/profile/turehana1
コチラからだと コメントとかつけることは
できませんが お写真を拝見することだけは
できます
OZMA
2020年11月12日 11:27
kunityanさん、こんにちは。
「グラマン」と言えば、私も第二次大戦中零戦と戦ったF4FワイルドキャットやF6F減るキャットが思い浮かびます。
グラマン社では、色々な戦闘機を造っており、過去記事のアベンジャーもそうみたいですね。
また、戦闘機だけではなく、アポロ月着陸船もグラマン社で造られたらしいです。
OZMA
2020年11月12日 11:36
おとめさん、こんにちは。
子どもの頃は、戸外で余り遊べなかったので、家の中で遊ぶのは得意な方でしたw
しかし、最近は出かけても散歩ばかりなので、そろそろ旅行に出かけたくなりましたよ^^

ツレヅレハナコさんのBlog、拝見しました。
我が町明石を記事にして下っているのは、とっても嬉しいですね♪
神戸の記事でも、入ったことがあるお店が出てきて、興味深く拝見しました。