志方町のコスモス畑

チィちゃんの講演会でBossにお会いした際、「志方町のコスモス畑が見頃を迎えている」ということを教えていただいたので、早速行ってみることにしました。 我が家からマイカーで40分ほどで加古川市志方町のコスモス畑に到着。 およそ10ヘクタールの敷地に、約250万本のコスモスが咲き誇る様子は色鮮やかなカーペットを敷きつめたかのようです…
コメント:2

続きを読むread more

チィちゃんはメダリスト②

かつての上司、Bossから講演会のお誘いがありました。 「オリンピック・パラリンピックムーブメント全国展開事業」として、私の同級生でハイデルベルグパラリンピックメダリストの前中智佐美さん(チィちゃん)の講演ということで、Bossといっしょに地元の小学校へ行ってきました。 チィちゃんのことは、前記事で少し紹介していますので、過去記事も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日岡山公園

「コロナ太り」がなかなか解消しません。 天気も良いので、加古川市にある日岡山公園を散歩してきました。 菊花展をやっていましたが、明石公園のものと比べると、ちょいと寂しい・・・ 「ハーモニーの丘」・・・小さな丘の斜面に色々な花が植えられています。 紅葉にはちと早いようです。 遊…
コメント:6

続きを読むread more

ゲパルト

デカールを紛失し、しばらく製作を中止いていた西ドイツ対空戦車「ゲパルト」が完成しました。 ゲパルト(Gepard; ドイツ語でチーター)は、西ドイツが開発・製造した自走式対空砲。 砲塔後上方にレーザー測距機付きKuバンド捜索レーダー(距離15km)と砲塔前面にSバンドの追尾レーダー(距離15km)を持ち、追尾レーダーで1目標…
コメント:2

続きを読むread more

22歳の別れ=風=

私の学生時代(1970年代)は、「かぐや姫」の絶頂期。 下宿部屋で「かぐや姫」のヒット曲をギターでよく練習していました。 「22歳の別れ」は、「かぐや姫」の伊勢正三が1974年のアルバム『三階建の詩』のために書いた1曲でした。 三階建の詩(紙ジャケット仕様) - かぐや姫, 喜多條忠, 伊勢正三, 山田つぐと, 南こうせつ, …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

10月の花壇

久し振りに花壇に花を植えました。 夏の間中、花壇の世話をせずに放置いていたので、雑草が伸び放題でした。 とりあえず新しい花を植えるスペースだけでも除草しておきました^^; ホットリップスやサルビア・ガラニチカなども伸び放題。 <トルコ桔梗> これもトルコ桔梗ですが、花びらの形が随分違いますね。 花の色が珍しい…
コメント:6

続きを読むread more

アヴェンジャー

第二次世界大戦中にアメリカ海軍などで運用された主力雷撃機「アヴェンジャー」が完成しました。 TBF(アヴェンジャー)は雷撃機として当時の世界水準を越えた高性能を持ち、日本海軍の零式艦上戦闘機によって開戦初期に大損害を出したTBDの後継機として運用された。零戦がアメリカ海軍の新鋭戦闘機F6Fヘルキャットによって劣勢に追い込まれた19…
コメント:2

続きを読むread more

「サークル・ゲーム」&「いちご白書をもう一度」

前稿の続き・・・ 「いちご白書」を観て、映画の挿入歌「サークル・ゲーム」のレコードを買ってきました。 映画の内容だけでなく、この曲のメロディーや歌手の歌声の美しさにも感動でした^^ いちご白書~サークル・ゲーム[EPレコード 7inch] - バフィー・セントメリー 「サークル・ゲーム」は、カナダのジョニ・ミッチェルが作詞作曲し…
コメント:6

続きを読むread more

いちご白書

映画館へ行って映画を観るのは高い。 そして腰痛持ちの私は、あの狭い座席で長時間座っているのは苦痛です。 なのでここ何十年も、映画を観るのはもっぱらレンタルDVDで^^ 初めて映画館へ行って映画を観たのは高校1年生の時でした。 クラスメイトが「いちご白書、すんごく良かった!」というので、私も映画館へ行って観てみることにしました…
コメント:4

続きを読むread more

ジョセフ・ヒコゆかりの地巡り

資料に掲載されている地図をもとに、「ジョセフ・ヒコゆかりの地巡り」をしてみました。 まずは、播磨町中央公民館の前庭にある「ヒコの胸像」へ。 続いて、人工島新島に通じる播磨大橋へ。 浜田海岸の高みに1974(昭和49)年6月建てられた「新聞の父 ジョセフ・ヒコ生誕の地」の碑。 そして、両親の供養墓がある蓮花寺へ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新聞の父 ジョセフ・ヒコ

「播磨町郷土資料館」へ入ってみます。 資料館には、大中遺跡の出土品などがたくさん展示されてあるのですが、今回は「ジョセフ・ヒコ」関連の資料だけを見て回りました。 入り口を入ると、なぜかマンホールのフタが展示されてありますwww ジョセフ・ヒコの大まかな年譜は以下の通り 『浜田彦藏は天保8年8月21日(18…
コメント:4

続きを読むread more

大中遺跡公園

山本一力氏の「ジョン・マン」を読んで、ジョン万次郎の数奇な運命に感動を覚えました。 「四国一周旅行」では、ぜひともジョン万次郎のことをもっと詳しく知りたいと思い、ゆかりの地を巡ってきました。 しかし、最近になって「隣町にもジョン万次郎のような人がいた」と言うことを聞きました。 いつものWikipediaで調べてみると、浜田彦蔵…
コメント:4

続きを読むread more

絵画教室 7作目「あぶないよ!」

新型コロナウィルスの影響で長らく絵画教室は休講していました。 その間「ステイホーム」で家にいることが多いので、わずかでも作品を進めようと思い、イーゼルを購入しました。 それまでは、自宅ではゴミ箱の上にキャンバスを置いて描いていましたが、やはりこれでは描きにくいですよねぇ^^; しかし、家で描いていると、なかなか思ったように…
コメント:4

続きを読むread more

パンサー

第二次大戦後半、ドイツ軍機甲部隊の中核を担った「パンサー」戦車が完成しました。 ソ連のT34に対抗するためドイツが総力をあげて開発、1943年に登場させたのがV号戦車パンサーです。傾斜装甲による優れた防御力の車体に700馬力を発揮するマイバッハHL230P30 4ストロークV型12気筒エンジンを搭載。主砲としてタイガーIの56…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福崎町の妖怪たち

8月の記事を一件UPするのを忘れていました。 記事の中身がちょいと前後します。 8月6日(木) ドライブがてらに福崎まで行ってきました。 福崎町には「妖怪」がたくさん住んでいます。 まずは、JR福崎駅。 駅前の河童の河次郎(ガジロウ)。 7時~20時の毎時7分・22分・37分・52分に下からゴボゴボっと出てきます。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more