おっさん二人四国グルメ旅16~旅を終えて~

19時前、無事明石へ帰ってきました。 Shi、長い間運転お疲れさん。 四国でたらふく美味いもんを食べてきましたが、「行きつけの焼き鳥屋の味が恋しい」と言うので、彼の行きつけの「焼き鳥屋」で打ち上げ。 お通しは、唐揚げ。 私はこの唐揚げが一番好きです。 トマトにとんかつソースをかけていただくのが、彼流の食べ方。 私もマ…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅15~しまなみ海道~

松山から今治へ。 帰路は、「しまなみ海道」を使って本州へ渡ります。 来島海峡SAで昼食。 Shiはしらす丼、私は前回の旅行で食べそびれた焼き豚玉子飯を注文。 焼き豚玉子飯は、B1グルメでもランキングで入賞したんだそうです。 展望所からは世界初の3連吊り橋(来島海峡第一大橋、来島海峡第二大橋、来島海峡第三大橋…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅14~漱石珈琲店 愛松亭~

ホテルでコーヒーを飲んだばかりですが、松山を離れる前に漱石ゆかりの珈琲店「愛松亭」でお茶することに^^ 萬翠莊に到着。 「萬翠莊」については過去記事にて少し説明しています。 Shiも建物内部には興味は無いらしく、萬翠莊には入らずに隣の「愛松亭」へ直行^^ 愛松亭は、萬翠莊の庭園の中にあります。 庭園から見た…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅13~三日目朝食~

<9月12日(土) 3日目> 旅行最終日。 この日は布団を「T」字に動かして寝ていました^^; 長い廊下の両脇にも水が流れています。 まっすぐ進むと浴場とレストランがありますが、朝風呂は入らず。 喫煙所がこの階にあります。 まずは寝起きの一服^^ 朝食はアメリカンバイキング方式ではなく、このような形であらか…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅12~温泉街散策~

夕食後、かなり酔っ払っていますが、せっかく道後温泉に来たので、温泉街を散策することに。 まずは、道後温泉本館へ。 さすが道後温泉の一番の名所、記念撮影する観光客が多いです。 コロナ感染がちょいと怖いので、やっぱり入浴するのは止めておきます^^; 大音響で音楽が鳴り始め、観光客が一斉に移動し始めました。 プロジェクションマッ…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅11~二日目夕食~

夕食の前に風呂に入って汗を流してきました。 写真はありませんが、こちらのホテルも道後温泉の掛け流しで、なかなか立派な浴場でした。 二日目の夕食もホテル飯。 夕食会場はホテル併設の和食レストランでしたが、最初に案内された個室に用意されていた食事は横隣に配膳されていました。 えぇっ!おっさんどうし隣に座るんか?? 座ろうかどう…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅10~ホテル「道後館」~

内子に立ち寄ったので、予定よりも少し遅れてこの日の宿泊ホテル道後温泉「道後館」に到着。 広くて明るいロビーです。 ちょいと見にくいですが、ロビー前には水が流れ落ちてています。 館内のあちこちで水が流れています。 (到着時、ホテルの写真撮り忘れていたので、これらは翌日チェックアウト後に撮ったものです) お…
コメント:4

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅9~内子町~

「四国グルメ旅」なのですが、二人とも朝食を食べ過ぎて昼時を過ぎてもお腹が空きませんでした。 道の駅でたいこ饅頭とパンを食って昼食としました^^; 松山の約40Km手前、「内子」の表示があったので回り道して行ってみることにしました。 愛媛県内子町は、古くから大洲街道の交通の要衝として、また四国遍路の通過地として栄えた町。 …
コメント:8

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅8~仁淀川~

三翠園をチェックアウトし、この日の宿泊地道後温泉を目指します。 ホテルを出ると本降りになってきました>< 仁淀川沿いの国道33号線を走ります。 仁淀川は、”日本一美しい川”としてカメラマンや一部の観光客の間で静かにブームになっているのだそうです。 日本一きれいな川と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「四万十川」でしょう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅7~朝の散歩~

朝食後、ホテル周辺を散歩してきました。 Shiは部屋で休んでおくというので、私一人で。 朝早くから、旧山内邸大門跡地は工事中でした。 「山内家下屋敷長屋」は、まだ工事されていないので、ちょいと覗いてみることに。 建物は展示館になっていて中に入れそうですが、あまり興味が無いので見学はやめ^^; 近くに山内神社…
コメント:4

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅6~二日目朝食~

<9月11日(金) 2日目> ホテルでの朝食は、バイキング方式の場合、6時30分頃から自由に朝食会場へ行ってとるのが一般的だと思うのですが、三翠園では朝食時間をあらかじめ指定しておいて三密を避けるように配慮されていました。 玉子は希望の焼き方で焼いてくれます。 目玉焼きは、ニラとどろめがトッピングされてあります。 オ…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅5~一日目夕食~

一日目の夕食はホテル飯。 会場は大広間で、コロナ対策のために30分ごとに開始時間が設定されていました。 我々は早めの時間にお願いしたので、会場は結構空いていました。 まずは、生ビールで乾杯じゃ~♪ 海の幸、川の幸と盛りだくさんです。 先付け3種。 左端・・・酒盗(鰹の内臓) 右端・・・高知の珍味(貝ですが名…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅4~ホテル「三翠園」~

再び高知市街へ戻り、この日の宿泊ホテル「三翠園」にチェックインすることに。 あれ?何だかパンフレットで見たホテルの雰囲気と随分違うようです。 第一、ホテルの玄関前にあるはずの「旧山内家の大門」が見当たりません。 従業員の方にお聞きするとことによると、「旧山内家の下屋敷長屋」などは現在工事中なのだとか。 特に客人を迎える「…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅3~坂本龍馬記念館~

「ひろめ市場」で昼食を終え、さてこれからどうするか・・・ 今回、観光については全く無計画でした。 夕食まで高知グルメを食い続けるわけにもいかないので、とりあえず高知観光の定番「桂浜」へ行ってみることにしました。 「路面電車」懐かしいなぁ・・・子どもの頃「チンチン電車」と言っていて、神戸でも走っていたよなぁ^^ 桂…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅2~ひろめ市場~

ちょうどお昼時、高知「ひろめ市場」に到着。 念願の「ひろめ市場」、Shiもテンションがあがっておりますw お昼時とあって、店内は結構賑わっております。 まずは、店内を偵察。 どのお店から攻略するかな♪~ 「やいろ亭」・・・・前回の旅行で食べた鰹のたたきとアオサの天ぷらは旨かったなぁ♥ …
コメント:8

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅1~ふたたび高知へ~

夕べ二泊三日の四国旅行から帰ってきました。 今日から少しずつ旅行の報告をしていきたいと思います。 <9月10日(木) 1日目> 予定の時間より少し遅れてShiが迎えに来ました。 なんでも2度寝してしまって、寝坊したのだとか^^ 7:00 自宅発 天候は曇り・・・ 明石海峡大橋を渡り、淡路へ。 淡路サー…
コメント:6

続きを読むread more

おっさん二人四国グルメ旅~旅程~

四国一周旅行を終えて二ヶ月もたちませんが、今日から二泊三日、再び四国へ行ってきます。 高知「ひろめ市場」の鰹のたたきとアオサの天ぷらの味が忘れられなくって、幼なじみのShiを誘って食べに行くことにしました。 <ひろめ市場> <やいろ亭の鰹のたたき> <同じくアオサの天ぷら> (写真は前回の旅行記事より) 東京…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フェアリーファイアフライ

続いてイギリスの復座戦闘機「フェアリーファイアフライ」を製作しました。 このところ1/48スケールのヒコーキばかり作っていますね^^; イギリスの戦闘機といえば「スピットファイヤー」が有名ですが、ファイアフライは、同時代のイギリス海軍戦闘機の単一生産数としてはかなりの生産数を誇っており、戦中、戦後あわせて1702機生産されて…
コメント:2

続きを読むread more

夜間戦闘機 月光

「タイガーキャット」に引き続き、「夜間戦闘機 月光」を製作しました。 長距離戦闘機として計画され、後に夜間戦闘機として大きな戦果を残したのが日本海軍の月光11型です。 零戦と同じ栄エンジン2基と厚く面積の広い主翼、そして斜め銃と呼ばれる胴体上下から斜め前方に突き出た20mm機銃を備え、太平洋各地で多くのアメリカ軍B17やB24…
コメント:2

続きを読むread more

F-7F 3N タイガーキャット

「四国一周旅行」の記事をUPしている間、いくつかのプラモデルを作りました。 まずは、「F-7F 3N タイガーキャット」。 F7F タイガーキャット(Grumman F7F Tigercat )は、アメリカのグラマン社が開発しアメリカ海軍が第二次世界大戦末期から戦後にかけて運用した双発艦上戦闘機。 なお「3N」は、複座夜間戦闘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more