F-7F 3N タイガーキャット

「四国一周旅行」の記事をUPしている間、いくつかのプラモデルを作りました。
まずは、「F-7F 3N タイガーキャット」。

F7F タイガーキャット(Grumman F7F Tigercat )は、アメリカのグラマン社が開発しアメリカ海軍が第二次世界大戦末期から戦後にかけて運用した双発艦上戦闘機。
なお「3N」は、複座夜間戦闘機型で、新型の大型レーダーSCR-720を備えており機首部分が大変化している。機首機銃は非装備。
35475_1536443973.jpg
(説明文および実機の写真はWikioediaより)

★「F-7F 3N タイガーキャット」(イタレリ 1/48)
DSC_0415.JPG

コクピットを製作し「一文字」へ。
DSC_0330.JPG
DSC_0331.JPG

主翼・尾翼を接着し、「士の字」へ。
DSC_0332.JPG
エンジン部分の製作。
DSC_0333.JPG

機体の基本部分が出来たので、機体色を吹き付けました。
DSC_0334.JPG

車輪の製作。
DSC_0411.JPG

細かい部品を接着する前に、今回はデカールを先に貼ってしまいました。
DSC_0413.JPG
あとはアンテナ線を張れば完成です。
DSC_0414.JPG

お尻が重くて前輪が浮いてしまします。
前におもりを入れるべきだったかな・・・
DSC_0423.JPG
お尻に置く部品が付いていましたw
DSC_0424.JPG

完成♪~
DSC_0426.JPG
DSC_0430.JPG
DSC_0431.JPG
DSC_0433.JPG
DSC_0432.JPG
製作途中でアンテナが折れてしまったので、2本とも自作しました^^;
DSC_0434.JPG

「イタレリ」はイタリアの模型メーカー。
製作図は日本語表記されていないので、何とか英語の説明文を解読?して製作しました^^
タミヤ グラマン F7F-3N タイガーキャット 38660 (イタレリ 1/48 飛行機シリーズ 2660)
タミヤ グラマン F7F-3N タイガーキャット 38660 (イタレリ 1/48 飛行機シリーズ 2660)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2020年09月01日 08:23
日本の戦闘機の知識しかない私だけに、プラモデ
ルを通じて外国製の戦闘機の知識が得られ、何時
も興味深く拝見しています。

昨日まで8月、何となく終戦を迎えた月だったな
と思いを引きずっていました。

終戦を迎えた地の加佐登地区(現鈴鹿市)での
空襲の実態を、再度ネットで調べ直していました。

B29の焼夷弾攻撃が主体でしたが、P51の
列車に対する機銃掃射も含めて、自分たちの部隊
にも現れていました。

鈴鹿市全体が、陸海関係の施設が沢山あり、直ぐ
近くに北伊勢飛行場もありましたからね。

それだけに戦闘機のプラモデル製作のブログに
何となくイメージが重なってしまいました。

グラマンは、東京立川の飛行兵学校時代に、近場
の軍需施設攻撃のさい無数に目撃しています。

撃墜されてパラシュートで校内に落下してきた
米軍操縦士も見ています。

勿論P51の機銃掃射で、校舎が狙われ民間の
従業員が直撃を受け死亡しています。

戦闘機とは離れますが、B29の爆撃で1期
後輩の生徒数名が、防空壕内で破片や生き埋め
で数名死亡しています。
OZMA
2020年09月02日 12:48
kunityanさん、こんにちは。
子供のころ、肢体不自由のため、外で友達とほとんど遊べなかった私には、家でプラモデルを作ることが心のよりどころでした。
しかし、当時プラモデルは我々にとって高級おもちゃでしたので、頻繁に購入することはかないませんでした。
定年退職して、経済的に少し余裕が出来ましたので、子供のころの夢をもう一度実現しようと思いました。

戦闘機や戦車のプラモデルで、戦争の悲惨な思いを思い出される方は多いと思います。
戦争経験者の皆様には申し訳ないという後ろめたい気持ちが脳裏をかすめることもあります。

この記事へのトラックバック