四国一周旅行39~栗林公園~

<7月20日(月) 7日目>
四国旅行最終日、朝の散歩に栗林公園へ行ってきました。
DSC02881.JPG
栗林公園は、紫雲山を背景に、6つの池と13の築山を配し、400年近い歴史を有する大名庭園。
また、面積は約75haで文化財庭園では、国内最大の広さなんだそうです。
30分ほど散歩してホテルへ帰るつもりでしたが、広過ぎてどのように廻れば良いかわかりません^^;
ritsuringarden90.jpg
園内案内図を見ているとボランティアガイドさんから「ご案内しましょうか」と声をかけられました。
南庭と北庭があり、南庭だけだと50分で廻れるとのこと。
後は帰るだけなので、ガイドをお願いすることにしました。
<ボランティアガイドの谷さん>
DSC02972.JPG

明治32年に「香川県博物館」として建てられた「商工奨励館」。
公園の見どころや歴史がビデオやパネルで展示されているそうですが、中には入りませんでした。
DSC02882.JPG

最初の池(北湖だったと思います)には蓮の花が見事に咲いていました。
DSC02883.JPG

園内にはおよそ1400本の松があり、そのうち約1000本は栗林公園の庭師が手を加えている"手入れ松"です。
ド素人の私でもよく手入れされているのが分かります。
DSC02887.JPG
DSC02888.JPG
DSC02890.JPG
DSC02892.JPG

園内には約1000匹の錦鯉が生息しているそうです。
DSC02899.JPG

獅子が後ろを振り返っているように見える「見返り獅子」。
DSC02903.JPG

栗林公園には5つの茶室があり、その一つ「日暮亭」。
明治31年に茅葺きの草庵型の茶室として建築されました。
DSC02906.JPG

栗林公園内唯一の滝で、殿様の観賞用として人工的につくられた「桶樋の滝」。
当時、紫雲山の中腹に置いた桶まで人力で水を人力でくみ上げ流していたことからこの名前がつけられたといわれています。
現在は、西湖の水をポンプアップして流しているそうです。
DSC02919.JPG

南国の植物であるソテツが何本も植えられているエリアがあります。
日本庭園の中にソテツとはちょいとびっくりしましたが、もともとは薩摩藩主から贈られてきたものだそうです。
DSC02924.JPG
DSC02925.JPG

茶屋風の建物の中でも最も大きい「菊月亭」。
江戸時代初期に建てられた「数寄屋づくり」の建物。
DSC02926.JPG
掬月亭のたもとに植えられている「根上がり五葉松」。
高松藩9代藩主の松平頼恕が、江戸幕府11代将軍の徳川家斉により賜った盆栽が見事に成長したものなのだそうです。
へぇ~盆栽もこんなに大きくなるんやぁ~
(お恥ずかしいですが、盆栽の木って、もともと大きくならない品種だと思っていました^^;)
DSC02930.JPG
DSC02929.JPG

南湖に架かる「偃月(えんげつ)橋」。
DSC02955.JPG
「杜鵑嶼(とけんしょ)」には、ハート型に剪定された「恋ツツジ」があります。
DSC02958.JPG

栗林公園のハイライトともいえるスポット「飛来峰(ひらいほう)」からの眺め。
眼下に偃月橋と杜鵑嶼、そして奥に菊月亭 。
DSC02966.JPG

見学予定時間は50分ほどと言われていたのですが、ボランティアガイドさんの説明が丁寧過ぎたのか、それとも私がノロマなのか、予定時間を大幅に超え、2時間近くもかかってしましました^^;
まぁ、あとは帰るだけなのですが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2020年08月29日 10:53
栗林公園がこれほどスケールが大きいとは、
高松に1回訪れ、あと1回は通過している
だけに返す返すも残念です。

まして妻が訪れていますので、訪れたい
気持ちは可なりありましたが、時間的に
余裕がありませんでした。

日本3大名園もさることながら、私が過去
に訪れた中で思い出す彦根の庭園、鹿児島
の島津藩の庭園と言い、権勢を鼓舞する
意図が窺えますね。

前回のコメに触れられた金刀比羅宮は、頑張
って途中のお宮迄上って断念しました。
2020年08月29日 11:55
栗林公園
修学旅行で行ったので こんなに
あちこち歩いてないです…
おまけに 私が行った時 台風が
香川県直撃したので ざぁざぁぶりの中
歩いて 憂鬱だった記憶です

金毘羅さんを上ったときは 雨がやんでましたけど
OZMA
2020年08月29日 13:35
kunityanさん、こんにちは。
日本三名園の兼六園・後楽園・偕楽園はどれも訪れたことがありますが、栗林公園の方が広いように思いました。
ただし三名園はガイドなしでしたがw
Wikipediaによると以下のように記載されていました。

(明治43年に文部省から発行された『高等小学読本』巻一には、「・・・我ガ国ニテ風致ノ美ヲ以テ世ニ聞エタルハ、水戸ノ偕楽園、金沢ノ兼六園、岡山ノ後楽園ニシテ、之ヲ日本ノ三公園ト称ス。然レドモ高松ノ栗林公園ハ木石ノ雅趣却ツテ批ノ三公園ニ優レリ」とあり、高松市の栗林公園は日本三名園より優れていると記載されていた。)

余計に残念な気持ちになるでしょうか?
ちなみに私は車椅子を借りて見学しました。

OZMA
2020年08月29日 13:46
おとめさん、
台風直撃とは大変な修学旅行になりましたね。
東京からだと四国方面が修学旅行になるのですね。
ちなみに明石の中学校の修学旅行は「東京方面」でした。
残念ながら、私は「歩行障害」があったので行っていませんが^^;
国会議事堂とか東京タワーに行ったのだとか・・・

子どもの頃のこのような反動のためか、定年退職してからはあちこち行きまくっていますw
2020年09月20日 19:09
栗林公園は結婚する前に結婚を喜んでくれた叔父さんや叔母さんにブルース君を見せに連れて行った時に今はもうないですけど動物園があって、そちらだけ行きました
いつか公園にも行ってみたいです

2時間かかりましたか(笑)
また行けるかわからないから良かったのではないかなと思います
OZMA
2020年09月21日 07:55
とまるさん、おはようございます。
南庭だけの見学で2時間かかってしまいました。
全体を見学するとなるととんでもなく時間がかかってしまいますね。
ガイドさんによると北庭より南庭の方がオススメなんだそうです。
今度行かれたら、南庭から廻られて余裕があれば北庭へも行かれたらどうでしょう。

この記事へのトラックバック