坂の上の曇

「緊急事態宣言」が発令され、ここ数日、カタツムリのように家に閉じこもっています。
普段私はテレビやDVDなどはあまり観ないのですが、この際あきらめてDVDを観る機会にしようと思いました。

昨年、「坂の上の曇」(文春文庫:全8巻)を読破しました。
「坂の上の曇」は、司馬遼太郎の歴史小説で、明治維新を成功させて近代国家として歩み出し、日露戦争勝利に至るまでの勃興期の明治日本を描いたものです。中学校や高校で勉強した近代日本の歩みがとてもよく分かりました。

そこで、以前から観てみたいと思っていた、NHKの大河ドラマ「坂の上の雲」をレンタルショップで借りてきました。
このDVDは全13巻もあるのですが、2週間で3回に分けてレンタルして観ました。
dvd-1-6711[1].jpg

「坂の上の曇」
2009年11月29日から2011年12月25日まで足掛け3年に亘ってNHKで放送されたテレビドラマの特別番組。
出演:本木雅弘・阿部寛・香川照之 他

<あらすじ>
維新を経て新国家に生まれ変わった日本が、欧米列強にさかんに学びながら近代国家としての体制を整えてゆき、日清戦争など幾多の困難を乗り越えて、ついには日露戦争においてロシア帝国を破るまでを扱う。
旧伊予国(愛媛県)松山出身で、日本陸軍における騎兵部隊の創設者である秋山好古、その実弟で海軍における海戦戦術の創案者である秋山真之、真之の親友で明治の文学史に大きな足跡を残した俳人正岡子規の3人を主人公に、彼らの人生を辿りながら物語が進行する。

プロローグでの主人公の3人。
ここはきっと松山城なのでしょうね。
SAKANOUENOKUMO[1].jpg

秋山好古役の阿部寛。
好古は、最強の名を恣にするロシアのコサック騎兵を見事に討ち破ることに成功し、「日本騎兵の父」と讃えられました。
img_0[1].jpg

秋山真之役の本木雅弘。
真之は、日露戦争では連合艦隊の参謀として海上作戦を一任され、日本海軍の勝利に多大な貢献をして「戦略戦術の天才」と評されました。
img_0[2].jpg

そして、正岡子規役の香川照之。
本物の正岡子規にそっくりですw
img4cf88baezikezj[1].jpg

そのほか、伊東四郎 (秋山真之の父)、竹下景子 (秋山真之の母)、渡哲也 (東郷平八郎)、高橋英樹 (児玉源太郎)、柄本明 (乃木希典)、石坂浩二 (山本権兵衛)、西田敏行 (高橋是清)、加藤剛 (伊藤博文)、大杉漣 (陸奥宗光)、竹中直人 (小村寿太郎)など豪華キャスト。
また、語りは何と渡辺謙!
やはり、皆さんお上手なので画面に引き込まれました^^
51487eb63717b54ba97e125a71bdedbe[1].jpg

大河ドラマは通常1回45分ですが、当作品は1回90分で制作されており、制作費も大河ドラマを上回るケタ違いの規模だったそうです。
また、圧巻が日本海海戦の場面。
img_3[1].jpg
img_4[1].jpg
maxresdefault[2].jpg
また、連合艦隊の旗艦である戦艦三笠は、原寸大で制作再現されています。
これで臨場感あふれる戦闘場面が撮影することが出来たのですね。

ちなみに私も戦艦三笠を作ってみました。
1/350のスケールですが^^
DSC_7441.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 46

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2020年04月26日 16:16
私も仰る数々画面は見た記憶があります。

当時、映画は見る機会が全くないので、
恐らく記憶にあるのはテレビでしょう。

凄く迫力のある場面に、息をを飲んで
見ていたのを思い出します。

また、松山を訪れたさい、時あたかも
記念すべき年に当たるのか、松山城へ
の乗車駅で女子大学生にアンケートを
求められました。

また女子案内人も当時の服装姿でした。

帰りに正岡子規記念館に立ち寄りました。
2020年05月04日 17:34
「坂の上の曇」、名作ですよね。
本でも読みましたし、NHKドラマでも見ました。
ついでに、松山に行って「坂の上の雲ミュージアム」へ訪ねたことも思い出されます。
こういう機会ですから、もう一度、読んだり見てみるっていいことですね。もちろん、作ることも素晴らしいです。
2020年05月04日 21:08
こんばんは
私も これ NHKで観ました
大河より 面白かった印象です!

コロナで外出自粛なので 私も
録画ビデオ三昧です(笑)
OZMA
2020年05月26日 12:34
kunityanさん、お返事が遅くなり申し訳ありません。
新型コロナが収束すれば四国一周旅行を計画しようと思っています。
日本100名城巡りの他にも松山では「坂の上の曇」ゆかりの地巡りも楽しみです^^
OZMA
2020年05月26日 12:48
ミクミティさん、コメントのお返事が遅くなって申し訳ありません。
私は小説→映画(DVD)のパターンが多いです。小説だと場面を色々と想像しながらマイペースで読み進められて楽しいです。また、DVDでは迫力ある戦闘場面や松山弁のほのぼのとしたやりとりが観られて、これまた楽しいです。
OZMA
2020年05月26日 12:56
おとめさん、コメントのお返事遅くなって申し訳ありません。
やぁ!おとめさんも「坂の上の曇」観られましたか^^
ホント、面白かったですよね♪
コロナが終息したら、松山へ行って「坂の上の曇」ゆかりの地巡りをしてこようと思っています。
小説、DVD、プラモデル、旅行と、一粒で何度も美味しいですw