ROOTS(ルーツ)

1週間の入院中、数10年ぶりにROOTS(ルーツ)上・下を読みました。
DSC_0243.JPG
Roots: The Saga of an American Family【楽天海外直送】【英語の本】【洋書】 - Excellent Imports
Roots: The Saga of an American Family【楽天海外直送】【英語の本】【洋書】 - Excellent Imports


この作品を最初に目にしたのは、私が学生時代の1977年で、テレビドラマでした。
アレックス・ヘイリーのピューリッツァー賞を受賞した同名の小説を基にした8話からなるミニシリーズ。
アメリカという国家の歴史上、最も暗い側面のひとつである黒人奴隷の問題を真っ正面から描いたもので、アメリカではドラマが放送されると、中には部屋の電話線を抜いて着信を絶ちドラマに見入る者も現れ、キジー(Kizzy)などアフリカの名前が人気になるなど、人種・民族を問わず好評を博したそうです。
テレビドラマの画像を少しだけ貼っておきます。
main[1].jpg
20150904171401[1].jpg
kunta-kinte[1].jpg
20160616-roots-sb[1].jpg
hqdefault[2].jpg
5c63b0713b000075036b4e1a[1].jpg
ルーツ ブルーレイ・コンプリートBOX【Blu-ray】 [ リバー・バートン ] - 楽天ブックス
ルーツ ブルーレイ・コンプリートBOX【Blu-ray】 [ リバー・バートン ] - 楽天ブックス
「ROOTS(ルーツ)」
1977年 アメリカ
原作:アレックス・ヘイリー
出演:レヴァー・バートン 他

<概要>
アメリカの黒人作家アレックス・ヘイリーが自らの家系をさかのぼって調べ、一族の歴史を『ルーツ』と題する本にして発表し、それがTVのミニシリーズ(全6話)として映像化されたのがこの作品です。
アフリカ人のキンタクンテから一族の奴隷生活の歴史は始まり、産まれる土地が変わって周りの環境が変わっても自由になりたいという意思が代々引き継がれ、最終的にはチキンジョージの力で自由を手にする事が出来たというストーリー。

中学や高校の歴史でアメリカの奴隷制度については少し習いましたが、こんなに不合理な現実があったのかと驚愕しました。
奴隷制度についてはどの教科書で勉強するより、このドラマを見る方がはるかに深くて分かりやすいと思いました。

当時、私も非常に感銘を受け、日本語に翻訳された小説を書店で購入し、何度も繰り返し読んだものでした。
上下巻とも結構ボリュームがあるので、いつか暇が出来たらもう一度ゆっくり読もうと思っていたらすでに40年が経過し、本もあちこちに黄ばみが出来てしまっていました。
幸か不幸か、この度の入院で高熱が出ているにもかかわらず、3日ほどで読み終えてしまいました。
今度は、もう一度DVDで映像を見てみたいと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2019年11月19日 21:32
私もアメリカの奴隷制度の歴史については、
ほんの上面の理解しかありません。

アメリカは民主主義を標榜する先進国と
思われますが、時折流れてくる黒人蔑視
のニュースを目にすると、その資格がある
か疑わしくなります。

トランプ大統領になってからは、白人至上
主義の傾向が強くなった気がします。

読書と言えば、冬場を除けば外作業が忙しく、
病院での待ち時間の間位しかありません。

勿論、冬場の雪に閉じ込められると、自然
読書時間が長くなります。

肺がんの手術で入院した時、さすがに親鸞
の上下巻を持っていきました。

脊柱管狭窄症で1か月の入院では、日本
文学全集を読み漁りました。




2019年11月20日 01:00
入院中に熱があるのに、よく読めましたね
私は微熱でもクラクラして本などは余り読めなかったと思います

黒人の奴隷の歴史は酷過ぎます
あまりにも無茶苦茶で言葉にするのも酷いです
OZMA
2019年11月20日 11:18
kunityanさん、こんにちは。
私も、読書と言えば病院の待ち時間か電車の中ぐらいでした。
普段、家にいるときはパソコンの前で座っているときが多いのですが、この度はパソコンもないので、ヒマを持て余してしまいましたw
OZMA
2019年11月20日 11:23
とまるさん、こんにちは。
入院中、しんどくて寝ていたのは2日目ぐらいまででした。
3日目以降は、ヒマを持て余して早く退院したくてたまりませんでした。
まぁ、これくらい元気でしたので良かったと思っていますw
2019年11月20日 12:45
こんにちは
ハードな作品を読了されたんですね!
ルーツ 
私も観た記憶がありますが 
カラーパープルと印象がごっちゃに
なってます…

2019年11月23日 08:54
おとめさん、おはようございます。
私の大学時代は、学生運動が下火になっていましたが、こういった社会問題に強く心を動かされ、部落問題や障がい者問題などに関する本もたくさん読みました。
特に「ROOTS」は、定年退職したらもう一度ゆっくり読んでみようと思っていた作品でした。
しかし、「人生でやりたいこと100のリスト」があったので、長年放置したままになっていました。
この度の入院のお陰で時間がタップリ出来たので、読書の時間をとることができました。