水上戦闘機 強風

相変わらずヒマさえあればプラモを作り続けています。
今回は、水上戦闘機「強風」が完成しました。
DSC_0250.JPG

水上機の役割は偵察・弾着観測のような補助的なものでしたが、飛行場建設の難しい太平洋の島々の防空などのため、日本海軍は世界に類を見ない水上戦闘機という機種の配備を進めました。
しかし、「強風」の開発・完成には3年もの歳月を要してしまい、配備された1943年12月には戦況はすでに悪化し、水上戦闘機の役割はもうありませんでした。
そこで、川西航空機は、強風をベースに局地戦闘機「紫電」を設計・製造されました。
また、「紫電改」は「紫電」改良型で、太平洋戦争末期には主力戦闘機として活躍しました。
<強風>
N1K1_in_biwalake[1].jpg
<紫電>
shiden[1].jpg
<紫電改>
1280px-Kawanishi_N1K_Shiden[1].jpg

★「強風 11型」(タミヤ 1/48)★
DSC_0231.JPG
☆12月1日エントリーだれでもポイント10倍☆タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.36 川西 水上戦闘機 強風11型 【61036】 - エルエルハット
☆12月1日エントリーだれでもポイント10倍☆タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.36 川西 水上戦闘機 強風11型 【61036】 - エルエルハット

今回は機体先端部分から制作開始。
「強風」に採用された火星エンジンはとても大きいので、機体中央付近に備えられたそうです。
DSC_0236.JPG

続いてコクピットの制作。
DSC_0237.JPG
コクピットは機体の下から設置。
DSC_0238.JPG

主翼・尾翼を取り付けて「士の字」へ。
DSC_0239.JPG

機体とフロートの塗装。
DSC_0240.JPG
デカール貼り。
DSC_0245.JPG
主フロートはデカイ!
こんなデカイものをぶら下げて、戦闘機としてのスピード出るのかな?
DSC_0230.JPG

移動台の上へ乗っけて、完成^^
DSC_0249.JPG
DSC_0250.JPG
DSC_0251.JPG
DSC_0252.JPG
DSC_0253.JPG
DSC_0254.JPG
「強風」と「紫電改」は作ったのて゛、今度は「紫電」のキットを買ってくるとしようか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kunityan
2019年11月30日 22:20
久しぶりのプラモデル造りですね。

紫電改の記憶はありますが、その前身
というか、水上機強風から改良された
とは知りませんでした。

私は陸軍系ですから、海軍系には弱い
ですね。
OZMA
2019年12月02日 14:14
kunityanさん、こんにちは。
先日紫電改を見に行って、この水上戦闘機が前身だということを知りました。
紫電改のプラモを作り終えてから、早速このプラモデルを買いに走りましたw

この記事へのトラックバック