魅惑の国トルコへ44~シルケジ駅~

ランチの後、少しフリータイムがあったので、シルケジ駅を散策しました。
シルケジ駅はトルコの国鉄ターミナル駅で、アガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』でも有名なオリエント急行の終着駅でした。
駅のホームがあった場所は、お店のテラス席になっていました。
ホームの前の仕切りはない方がいいですね。
DSC01109.JPG
DSC01110.JPG
DSC01117.JPG

駅舎です。
DSC01111.JPG
DSC01126.JPG
ステンドグラスが美しい^^
DSC01123.JPG
DSC01119.JPG
DSC01112.JPG

ホームには車両が展示されているのですが、残念ながら新しいものでした。
ここにはもっと古い車両が相応しいと思うのですが・・・
DSC01131.JPG
駅舎はこんなにシックで素敵なのですから。
DSC01133.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年08月10日 23:21
素敵な駅ですね
ステンドグラスの模様が可愛いです♪
ほんまや。。。列車は古い方が雰囲気出るかもですね

旅に出たいですね
母も元気ですが体力は少しずつ落ちてきてるので色いろ考えなくちゃです
OZMA
2019年08月11日 09:39
とまるさん、おはようございます。
私の父は7月に98才になりました。
夏季は比較的調子が良いので、ショートステイでお世話になって、毎年夏に海外旅行をしています。
2019年08月13日 12:20
素敵な駅舎ですねぇ
日本だと ノスタルジックな鄙びた駅舎に
なってしまいますけど こんな豪華な駅舎が
あるんですねぇ
OZMA
2019年08月15日 12:49
おとめさん、
シルケジ駅は、オリエント急行を降りた外国からの乗客が初めて目にするトルコですから、超豪華に造ったのでしょうね。
「オリエント急行殺人事件」の映画の冒頭のシーン(ポアロがイスタンブール発カレー行きのオリエント急行に乗り、イギリスへの帰途に就くシーン)を思い出しました。

この記事へのトラックバック