魅惑の国トルコへ49~アガサ・クリスティー・ルーム~

<6月21日(金) 9日目>
トルコ旅行最終日。
4階にアガサ・クリスティーが宿泊した部屋があるというので、朝食に行くついでに4階へ行ってみました。
エレベーターを降りると、ちょいと他の階と雰囲気が違います。
他の階は吹き抜けになっているのに、4階だけは吹き抜けの部分が一部分フロアーになっていました。
DSC01205.JPG

どうやらフロアー部分は展示スペースになっているようです。
DSC01196.JPG
当時ホテルで使われていた食器類でしょうね。
DSC01197.jpg
ホテルの紋章が付いています。
DSC01201.jpg
こちらの食器に付いているのは、有名食器メーカーのロゴなのでしょうか?
DSC01200.JPG

当時の宿帳でしょうかね?
DSC01198.JPG

411号室の鍵。
アガサ・クリスティーが宿泊した部屋の鍵ですね。
DSC01199.JPG

411号室は、エレベーターを降りて右手奥にありました。
DSC01204.JPG
ドアの横には「アガサ・クリスティー・ルーム」と書かれたプレートがはめ込まれていました。
DSC01195.JPG
DSC01202.JPG
部屋には鍵がかかっていましたが、ホテルのスタッフに頼めば部屋を見せてもらえるそうです。
私は見ませんでしたが、このホテルには、トルコ「建国の父」アタテュルクや「老人と海」で有名なアメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイ、スウェーデン出身のハリウッド女優、グレタ・ガルボなどの部屋があるそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2019年08月15日 14:56
アガサ・クリスティーは、初めて聞く名前
なので、ネットで調べました。

イギリス生まれの著名な推理作家なんですね。

最後に触れられた方々は、さすがに知って
おりますので、これ等の方々も含めて宿泊され
たなればい、一級ホテルと言えるのでしょうね。
2019年08月15日 23:14
あら、折角なのに部屋を見せてもらわなかったんですか
時間が無かったのかな
ちょっと残念です

他にも有名な方の部屋があるんですね



2019年08月16日 08:06
おはようございます
アガサ・クリスティールームですか!
素敵ですね♪

日本もクラシックホテルと言われるホテルにも
有名な方が使った調度品とかおいてますよね
お部屋にネーミングしているところは記憶には
ありませんが

トルコって いろんな有名人がいらしているんですねぇ
OZMA
2019年08月17日 16:03
kunityanさん、
アガサ・クリスティの作品はいくつか読んだり、映画をみたりしたので、彼女の泊まったホテルは、なかなか興味深かったです。
また、彼女の他の作品も読んでみようと思いました。
OZMA
2019年08月17日 16:07
とまるさん、
実は、この時は部屋を見せてもらえるということは知りませんでした。
あとで、部屋を見せてもらえるということを知って、ちょいと悔しい思いをしました><;
OZMA
2019年08月17日 16:10
おとめさん、
彼女の泊まったという部屋は見ることが出来ませんでしたが、自分の部屋からの景色を観ていると、彼女もこの景色を観ながら「オリエント急行殺人事件」を書いたんだなぁとちょいとノスタルジーに浸ってしまいましたよw

この記事へのトラックバック