魅惑の国トルコへ40~スルタンアフメト・ジャミィ(ブルーモスク)~


グランドバザール観光の後、通称”ブルーモスク”と言われている「スルタンアフメト・ジャミィ」へ向かいました。

ガラタ橋を渡ると、6本のミナレットを持つという「スルタンアフメト・ジャミィ」が見えてきました。
ここからだとミナレットは4本しか見えませんねぇ^^
IMG_5617.JPG

途中、ツアーバスは「ヴァレンス水道橋」の下をくぐりました。
「ヴァレンス水道橋」は、ローマ帝国時代の水道橋の遺構で、イスタンブール北西郊外の森にある水源から引かれた上水を旧市街東部のスルタンアフメト地区にある地下貯水池へと中継する役割を果たしたそうです。
IMG_5620.JPG

バスを下りて少し歩いて行くと「スルタンアフメト・ジャミィ」に到着。
IMG_5627.JPG
IMG_5632.JPG
IMG_5628.JPG
このモスクは、オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造され、『世界で最も美しいモスク』と評されているそうです。
内部は数万枚のイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさから「ブルーモスク」とも呼ばれています。

とても楽しみにしていた「ブルーモスク」なのですが、残念ながら中は改装中でした><;
出来るだけ改装部分は外して撮影してみました・・・
DSC01046.JPG
DSC01047.JPG
IMG_5639.JPG
DSC01048.JPG
IMG_5636.JPG
IMG_5641.JPG

こちらの部分の柱には、改装のため模様の入った板が貼られていました。
ここの天井部分もフェイクですね^^;
IMG_5637.JPG

感動も半減・・・というよりガッカリ感の方が大きい><;
ちなみに、私が別のHPでみたこのモスク内部の画像はこんなのでした・・・・
iStock-495952696[1].jpg
iStock-613020982[1].jpg

モスクの裏側に出てきました。
IMG_5642.JPG
IMG_5649.JPG
外壁も修復中でした。
IMG_5647.JPG
これからもたくさんの観光客に見てもらうための修復ですから仕方ないですかね^^;










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2019年08月05日 12:10
修復中やったんですね
仕方ないとはいえ。。。がっかり感がわかります
私も修復中に出くわしたことは何度かあります
2019年08月05日 12:37
改装中ですか…
残念でしたね

それでも 素晴らしいのが
すごく伝わってきます!

さすがオスマン帝国ですねぇ
OZMA
2019年08月06日 08:32
とまるさん、おはようございます。
「ブルーモスク」は、特に楽しみにしていた場所の一つだったので、とても残念でした。
ツアーガイドさんも、修復中とあって、ここはサーッと行っちゃいましたねw
OZMA
2019年08月06日 08:39
おとめさん、おはようございます。
修復中の部分を外して撮影すると、部分的な画像ばかりになってしまいました。
本来の「ブルーモスク」の美しさをお伝えしたくて、別のHPの画像を拝借して貼らせていただきました^^;
おっしゃるとおり、オスマン帝国は凄いです!

この記事へのトラックバック