魅惑の国トルコへ28~バルーンツアー②~

バルーンツアー続き>
この方角に日の出が見えるらしいのですが、靄っているためになかなか太陽が顔を出しません。
IMG_5514.JPG
ようやく太陽が顔を見せ始めました。
我が国では、山頂から見る日の出を「ご来光」と言い、有り難い物だそうですが、ここは山頂ではなく空中。
「ご来光」とは言わないのでしょうかねぇ?
DSC00776.JPG

だいぶ高度が下がってきました。
DSC00772.JPG
正面に見えるのは、宿泊ホテルのあるウチヒサール地区です。
IMG_5524.JPG
Zoom In !
DSC00779.JPG

そろそろランディングですね。
DSC00782.JPG
「ランディング ポジション!」というパイロットの号令に合わせて、腰を落として低い体勢をとります。
DSC00784.JPG
この姿勢では、こんな写真しか撮れませんW
DSC00789.JPG
軽い衝撃がありました。
無事着陸したようです♪~
IMG_5528.JPG
何人かのスタッフが着陸地点で待ち構えていました。
IMG_5529.JPG

地上のスタッフがシャンペンの用意をしてくれていました。
DSC00794.JPG
DSC00795.JPG
InkedDSC00797_LI.jpg
無事帰還に(えぇっ?)乾杯!!
そんなに危険だったの?
まぁ、これはパフォーマンスですよねぇ^^
何はともあれ、優秀なパイロット氏に感謝です^^
InkedDSC00798_LI.jpg
InkedDSC00800_LI.jpg
かみさんを含め、ほとんどの参加者はこのバルーンツアーにご満悦の様子でした。
カッパドキアの奇岩群の上を色とりどりの熱気球が浮かんでいる様子は、まるで絵本の世界に飛び込んだようでした。
高所恐怖症の私でも、まぁ良い体験が出来たと思います。

行きと同じミニバスで宿泊ホテルまで戻りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旅行前、まさか熱気球に乗るとは思ってもいませんでしたので、「熱気球の事故」については特に気にはとめていませんでした。
帰国してから「熱気球の事故」について調べてみることにました。

カッパドキアの気球での事故はこれまでに3回あり4名が死亡しているそうです。
1.2009年、気球の衝突によりイギリス人観光客1名が死亡
2.2013年5月、気球が墜落しブラジル人2人が死亡、計23人が骨折などの重軽傷
3.2014年12月、気球が着陸に失敗し中国人1人が死亡し日本人を含む数人がケガ
カッパドキアの気球ツアーは安全性にかなり気を使っており、毎日たくさんの観光用気球が飛んでいることを考えれば、事故に遭う確率はかなり低いが、100%安全ということはないということでした。

カッパドキアだけでなく、世界中のあちこちで観光用熱気球が飛んでおり、時々事故が起こっているようです。
ちょっとショッキングな映像を見つけましたので、URLを貼っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=Nm9VIniIIjo
「トルコ気球墜落事故の映像」とありますが、これは多分「エジプトのルクソールでの熱気球墜落事故」(2013年2月26日 乗員・乗客21人のうち19人が死亡 4人は日本人)の映像だと思います。
事前にこの映像を見ておれば、きっと熱気球には乗っていなかったと思います。
この事故の犠牲者でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2019年07月24日 10:27
こんにちは。

気持玉です

トルコへの観光旅行で、熱気球に乗られ楽しい体験をされましたね。ご来光とカッパドキアの上空からの眺めは最高だったと思います。
2019年07月24日 22:12
旅行前に調べてなくて良かったですね(笑)
高所恐怖症の人が経験出来ないことが経験出来て良かったと思います
交差点で信号待ちしていても事故に合うんですから。。。それは運命でしょうか
とても素敵な体験やったと思います
2019年07月24日 22:27
こんばんは
結構 気球での事故 あるんですね

私は 事故が起きるかどうかよりは
多分 自分が 高いところで大丈夫か
どうかの方が 乗るかどうかの基準に
なりそうなので・・・(笑)

でもOZMAさんご夫妻にとっては
とても良い思い出になりましたね!
kunityan
2019年07月24日 22:38
飛行機に乗り慣れていても、地上に着陸して
ある程度の衝撃を感じて、始めて安堵感が湧
いて来るものです。

航空機事故が起きると、その会社を避けがち
になります。

高所恐怖症の方は、気球は飛行機と違って、スピ
ードが緩やかで、早く接地してくれないかと気持
ちが急きますね。
OZMA
2019年07月25日 09:30
華の熟年さん、おはようございます。
「楽しい体験」というより、私にとって半分は「恐怖体験」でした。
しかし、帰国してかみさんの撮った写真を見ていると、なかなか美しい眺めでしたよねw
OZMA
2019年07月25日 09:46
とまるさん、おはようございます。
blogのネタにはなりましたねw
でも、気球に乗るのはこれで最初で最後にします^^;
OZMA
2019年07月25日 09:55
おとめさん、おはようございます。
私も墜落事故よりも、高いところから下を見ると吸い込まれそうな感覚に襲われる方が恐怖ですね。
橋の上や崖縁の近くでクルマを運転していると、緊張して堅くなり、自然と縁の方に寄っていってしまいます><;
OZMA
2019年07月25日 09:59
kunityanさん、おはようございます。
飛行機には乗らないと、大好きな海外旅行ができないので、諦めの境地ですねw
その代わり、飛行機に乗ると、酒を飲んで出来るだけ寝てしまうようにしています^^;

この記事へのトラックバック