魅惑の国トルコへ27~バルーンツアー①~

DSC00773.JPG
かみさんがトルコ旅行してきた人から聞いた話では、「カッパドキアでは、夏気球に乗るのがオススメ」なんだとか・・・
私は高所恐怖症なので、熱気球なんぞは乗りたくもないのですが、高い所が大好きなかみさんは「絶対に乗ってみたい」と言います><;
今回のツアー行程では、バルーンツアーは含まれておらず、オプショナルツアーもないようです。
かみさんにせがまれて、しぶしぶツアー会社に問い合わせたところ、「過去に墜落事故があったので、当社では推奨していない」ということでした。
かみさんはこれで諦めたようでした。

しかし、カッパドキアに到着前、添乗員さんから「バルーンツアーへの問い合わせが多かったので、希望者には特別にギョクハンさんがツアーを予約してくれる」という案内がありました。
かみさんは大いに乗り気でしたが、私にとってはえらく迷惑な話です><
さて、どうする・・・・?
空からカッパドキアの絶景が見られるのだとか・・・
一生の思い出になるのだとか・・・
気球の事故は、飛行機事故の10分の1なんだとか・・・
云々かんぬん・・・・かみさんにとって良いことばかり並べられて・・・
しぶしぶ、かみさんに同行することにしました・・・

バルーンツアーの前日の夜、添乗員さんから「ツアー離脱届」なるものにサインさせられました。
書類には「ツアー離脱中の事故については、当社は一切の責任を負わない」などという内容が書かれていました。
本当に大丈夫なのかな・・・・やっぱりやめようかな・・・
ところで、旅行保険は有効なんでしょうかね??

<6月18日(火)6日目>
バルーンツアー当日。
早朝4時30分、ホテルのレセプションルーム前に集合。
集合場所に集まったのは、ツアー参加者15名のうち、私たちを含めて8名。
みなさん、高い所がお好きなようで・・・・
バルーンツアー会社のミニバスに乗って、熱気球の離陸場所へ向かいました。

暗くてよくわかりませんでしたが、どうやら平原のような広い場所に到着したようです。
あちこちで熱気球を膨らませていました。
DSC00728.JPG

気球が膨らむ間、熱いコーヒーとクッキーをいただきましたが、私は緊張のため喉が通りませんでした^^;
DSC00719.JPG

離陸の準備が出来たようなので、覚悟を決めて乗り込むことにします。
南無阿弥陀仏・・・・
DSC00732.JPG

Take Off!!
地上の係員の方にカメラを渡すと、シャッターを押してくれました。
InkedDSC00734_LI.jpg

ゴンドラは5つのスペースに区切られていて、真ん中はパイロット、左右各2つのスペースにはそれぞれ5人の計20人ぐらいのツアー参加者が乗り込んでいました。
よく見ると、この気球の乗客のほとんどは、日本人観光客でした。
IMG_5461.JPG
ゴンドラは、ゆっくりゆっくり上昇していきます。
IMG_5466.JPG
DSC00738.JPG
DSC00742.JPG
あちこちで、熱気球が次々に上がっていきます。
DSC00745.JPG
光っているバルーンは、上昇するためバーナーに点火しているもの。
まるでランタンのようで、幻想的な雰囲気です。
この高さぐらいだったら、何とか大丈夫かな・・・
IMG_5491.JPG
IMG_5496.JPG

パイロットのあんちゃんに「May I take your picture?」と言ってカメラを向けると、こちらを向いてポーズをとってくれました^^
InkedIMG_5512_LI.jpg
4基のバーナーを使って気球を操作しています。
IMG_5513.JPG
時々お客さんにサービスでバーナーをいじらせていました。
こ、こわいな><だいじょうぶかな・・・
IMG_5510.JPG

ずいぶん高くまで上昇してきました。
DSC00750.JPG
IMG_5501.JPG
最高高度8000フィートまで上昇しました。
DSC00765.JPG
かみさんはご満悦でしたが、私は恐ろしくて、ゴンドラの真ん中の間仕切りにしがみついていました;><;
ゴンドラから身を乗り出してカメラのシャッターを切る人を見ると、背筋が凍り付きそうになります><
早く下りたいよ~;><;

このあと次稿へ>


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2019年07月23日 10:15
尻込みの不承不承の熱気球体験、普通
経験出来ない貴重なひと時でしたね。

私は戦闘機こそ乗る機会はありません
でしたが、グライダー訓練を受けたので
空間を飛ぶ爽快感は特別です。

北海道の士別の熱気球大会は、見事で
空一杯の気球の壮観は見惚れます。
2019年07月23日 15:14
私のバルーン体験は佐賀のバルーンフェスタで体験しました
あくまでも体験ですからロープで繋がっていたので怖くは
なかったですがバーナーの炎が気球に燃え移らないか
心配でした。
2019年07月23日 21:04
高所恐怖症やのに頑張りましたねぇ
私も奥様と一緒で高いところ好きです
楽しそうです♪
2019年07月23日 21:05
↑は私です
2019年07月24日 08:28
おはようございます!
わぁぁ すごい!
私も 高所恐怖症で 吊り橋とか
泣きそうになりますが なぜか
ゴールドコーストでのパラセイリングは
すごく楽しかった記憶なので バルーンは
どっちかなぁ?? です
OZMA
2019年07月24日 10:18
kunityanさん、おはようございます。
極度の高所恐怖症の私が熱気球を体験するとは思ってもいませんでした。
まぁ、これが最初で最後の熱気球体験でしょうねw
OZMA
2019年07月24日 10:44
ponies&たかちゃんさん、おはようございます。
佐賀は国内では熱気球のメッカらしいですね。

私は、ロープに繋がれていても怖かったでしょうね。
でもビルの4階ぐらいの高さだったら大丈夫かなw
OZMA
2019年07月24日 10:49
とまるさん、おはようございます。
かみさんだけバルーンツアーに参加させようかとも思ったのですが、色々と良いことばかり言われて、とうとう私も参加してしまいました。
カメラを持って行ったのですが、シャッターを押す余裕がありませんでしたw^^;
掲載した写真は、ほとんどかみさんが撮ったものですw
OZMA
2019年07月24日 10:52
おとめさん、おはようございます。
ビルの4階ぐらいの高さだったら大丈夫なんです。
私もパラセイリングだったらイケるかも?
下は水だし・・・なんてねw
でもパラグライダーは絶対無理ですね><
2019年09月22日 11:26
僕も高所恐怖症なので、ぜったいに乗りたくないです。
旅行保険にはたいてい、「危険なスポーツなどに従事した場合をのぞく」と書いてありますので、たぶんおりないと思います。
無事に降りられてよかったですね。

この記事へのトラックバック