魅惑の国トルコ25~カッパドキア リゾート&スパ~

DSC00698.JPG
この日の宿泊ホテルは、ウチヒサール地区にある「カッパドキア リゾート&スパ」。
宿泊ホテルに向かう途中も、車窓からは珍しい風景を見ることが出来ました。
DSC00694.JPG
DSC00695.JPG
DSC00696.JPG
DSC00697.JPG

ホテルのずいぶん手前で、ツアーバスは停車。
ここからホテルまでの道は狭くて大型バスは入れないとのこと。
ホテルから迎えに来てくれたバンに乗り換えて宿泊ホテルへ向かいました。
このホテル、多くの洞窟住居を改装して「洞窟ホテル」にしたそうです。
カッパドキアには、このような「洞窟ホテル」が他にもたくさんありました。
DSC00698.JPG

「Reception」とあります。
この建物がホテルのフロントになりますね。
InkedIMG_5590_LI.jpg
宿泊棟は後からどんどん追加改装されたらしく、各部屋の大きさや雰囲気などがそれぞれ違うため「当たり外れ」があるのだそうです。
IMG_5592.JPG
IMG_5591.JPG
さて、我々の部屋は当たりでしょうか?それとも外れでしょうか?

部屋へ入ってすぐ右手の床の上にお風呂の湯船がドーンとあったのには驚きました^^;
お風呂を造るスペースがなかったのでしょうかね?
入り口近くで撮った写真です。
湯船は映っていませんが、すぐ右手に湯船があります。
DSC00699.JPG
部屋の奥から撮った写真。
ドアの左手の大理石の半壁で湯船は見えませんが、外の窓からは丸見え^^;
もちろん、窓にはカーテンがついていますが・・・
DSC00700.JPG
部屋の周りは土壁で、一応洞窟のような雰囲気はあります。
DSC00701.JPG
部屋の前は通路になっているため、部屋の窓から外の景色は見えません。
部屋の外へ出てみることにします。
建物の前にはサクランボの木があって、道にはたくさん実が落ちていました。
DSC00703.JPG
DSC00704.JPG
我々の宿泊棟前の様子です。
IMG_5585.JPG
IMG_5584.JPG
部屋からカッパドキアの絶景が見えることを期待していたのですが、我々の部屋は結構下の階(レセプションルームの棟よりも三階ほど下がったところ)なので、こんな景色しか見えませんでした。
あとで、他の皆さんに聞いたところ、どうやら我々の部屋は「外れ」だったようですね。
今回は「外れ」でも、いつか「当たり」の時が来るでしょう^^








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年07月21日 16:39
お部屋 外れでしたか・・・
私のお部屋外れの経験は ディズニーシーのオープンの
時に 友人が 頑張ってとってくれた ミラコスタの
お部屋です
シーが全く見えず 窓から立体駐車場しか見えない部屋
でした・・・
もちろん 値段は ほかのお部屋と変わらず・・・
今は その部屋は 無くなっているそうですけど
kunityan
2019年07月21日 18:17
とにかく奇妙奇異の連続の体験ですね。

洞窟改造のホテルなんて、そうめった
に経験出来ませんからね。

現地人にとっては、生きるために自然
を上手に工夫して活用するに至った
のでしょうね。
2019年07月23日 20:23
バスタブがど~んってあったらビックリですね(笑)
でも、部屋は雰囲気がありますね
海外のホテルはツアーならある程度ちゃんとしてるけど、個人で高級じゃないホテルに泊まるのは行ってみないと解らないので当たり外れというかあります(笑)

それも思い出になりますね
OZMA
2019年07月24日 11:08
おとめさん、
私はホテルにはあまりこだわらない方なのですが、他のツアーの人と同じ料金を支払っているというのは、ちょいと腹が立ちます^^;
まぁ、他のお部屋の様子を聞いていなければ、どうってこと無いのですがね^^;
OZMA
2019年07月24日 11:11
kunityanさん、
当初、洞窟ホテルってどんな感じなのかなと思っていましたが、以外と快適でした。
部屋の中には、空調なしでも涼しかったです。
OZMA
2019年07月24日 11:13
とまるさん、
部屋に入ってすぐの所に、バスタブがど~んと置かれていたのには驚きました。
ツアーの他の人も面白がって見に来ていましたw