魅惑の国トルコへ19~デデマン コンヤ~

この日の観光が終わり、宿泊ホテルへ向かう時、「今夜は、コンヤに泊まります^^」・・・・
添乗員の徳山さんやツアーガイドのギョクハンさんがこんなダジャレを連発していましたw

さて、今夜の宿泊ホテルは、「デデマン コンヤ」。
DSC00593.JPG

ロビーでは、2体の人形の首がお出迎え。
「生首」みたいで、ちょいとギョッとさせられます。
DSC00582.JPG
メヴァラーナ教団ゆかりの地だからなんでしょうが、せめてセマ(旋舞の儀式)の人形にして欲しかったですね。

お部屋はこんな感じで落ち着いた雰囲気です。
DSC00583.JPG
DSC00584.JPG
ホテルは、繁華街から少し離れた住宅地の近くにあります。
周りは静かですが、観るべき場所は特にないようです^^;
以前はホテルの前にショッピングモールがあったそうですが、今は取り壊されて跡地になっていました。
DSC00585.JPG
DSC00586.JPG

この日の夕食もホテルでいただきました。
まずは野菜スープ。
DSC00588.JPG
パスタ。トマト味のフェルファッレですな。
私にしてはやっぱり薄味でした。
タバスコか粉チーズが欲しいな・・・
DSC00589.JPG
メインはチキン。
まぁ、普通に美味しかったです。
DSC00590.JPG
デザートは今回もライスプリン^^
DSC00591.JPG
ビールはエフェッス。
IMG_5383.jpg
今回の評価は★★★☆☆(星3つ)ですね。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

kunityan
2019年07月15日 22:04
今夜のホテルはコンヤとは、ダジャレ
と思いきや、ホテルの名前で正解とは
矢張りダジャレでしたね。

ホテルのお出迎えが、人形とはいえ生首
二つとはドキッとさせられますね。

夕食にまたライスプリンとは、トルコの
定番メニューに入るのでしょうか?

2019年07月16日 01:25
ガイドさんはダジャレも言うんですね(笑)

ホテルのロビーに頭2つはビックリですね
部屋はよい感じです

ディナーは薄味ですか
でも、体には良いんですけどね(笑)
OZMA
2019年07月16日 09:58
kunityanさん、
ライスプリンは、ツアー飯のデザートに良く出ました。
お米を甘~いコンデンスミルクで煮て、お粥状ににしたもので、最初はちょいと違和感があったのですが、旅の途中から美味いと感じるようになりましたw
OZMA
2019年07月16日 10:05
とまるさん、おはようございます。
ツアーガイドのギョクハンさんは、日本語がペラペラで、ダジャレだけでなく、機転の利いたジョークもよく言っていました^^

トルコは新鮮な食材を使った料理が多かったと思いました。
食材の本来の味を生かすために薄味にしているのでしょうかね?
おとめ
2019年07月17日 08:04
おいしそう!
って 思ったら ここも薄味でしたか…

トルコ料理自体が薄味なんでしょうかね??

もし私も行く機会があればタバスコと
チーズ持参します!(笑)
OZMA
2019年07月17日 12:13
おとめさん、こんにちは。
私は濃い味が好みなので、余計に薄味と感じたのかもしれません。
おとめさんも濃い味がお好きなら、トルコ旅行の際はタバスコと粉チーズを持参されることをオススメします。
それからお好みのドレッシングもお忘れなくw
2019年09月22日 11:10
トルコ料理は薄味なのですね。
僕は今血圧が高めで塩分をひかえているので、ちょうどいいかもしれません。

ところで、僕がペルーへ行っている間、お礼のご訪問&コメントが出来ませんで、すみませんでした。
よろしければ、「海外からのコメント禁止」を解除しておいていただけると幸いです。
よろしくお願いします。
m(_ _)m
OZMA
2020年07月01日 20:18
家ニスタさん、こちらこそコメントのお返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

この記事へのトラックバック