海難1890

トルコは大の親日国として知られています。
その理由は色々な説があるようですが、「エルトゥールル号遭難事件」が大きな要因の一つでしょう。
「エルトゥールル号遭難事件」については、何となく知っていましたが、トルコへ行くに当たってもう少し詳しく知っておきたいと思っていました。
そこで、「エルトゥールル号遭難事件」を題材に扱った「海難1890」のDVDを借りてきて観ることにしました。
画像


「海難1890」
2015年 日本、トルコ
監 督   田中光敏
出演者  内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那 汐里 他

まず、「エルトゥールル号遭難事件」についてWikipediaを参考にまとめておきます。
<エルトゥールル号遭難事件>
1890年(明治23年)9月16日夜半にオスマン帝国(その一部は現在のトルコ)の軍艦エルトゥールル号(Ertuğrul Fırkateyni)が、現在の和歌山県東牟婁郡串本町沖にある紀伊大島の樫野埼東方海上で遭難し500名以上の犠牲者を出した事件。
通報を受けた大島村(現在の串本町)樫野の住民たちは、総出で救助と生存者の介抱に当たった。この時、台風により出漁できず食料の蓄えもわずかだったにもかかわらず、住民は浴衣などの衣類、卵やサツマイモ、それに非常用のニワトリすら供出するなど生存者たちの救護に努めた。この結果、樫野の寺、学校、灯台に収容された69名が救出され、生還することが出来た。
このとき新聞を通じて大島村民による救助活動や日本政府の尽力が伝えられ、当時オスマン帝国の人々は遠い異国である日本と日本人に対して、好印象を抱いたといわれている。
画像

オスマン帝国海軍「エルトゥールル」↑
画像

エルトゥールル号が乗り上げ座礁した岩礁↑

<あらすじ>
過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る。
日本とトルコの長年にわたる友好関係をテーマにしたドラマ。海難事故に遭ったトルコ軍艦エルトゥールル号への日本人による救援と、トルコ人によるイラン・イラク戦争時の在イラン日本人救出という、両国の絆を象徴する二つの出来事を見つめる。

本作は2つ大きく分けて、エルトゥールル号遭難事件、1985年のイラク戦争でテヘランに取り残された日本人救出 を中心に描かれています。
エルトゥールル号遭難事件では、困っている人がいたら、助けるのが当たり前という言葉を発し、69名ものトルコ人の命を救ったことに同じ日本人として誇らしい気持ちになりました。
画像

画像

画像

あれから100年余りたった1985年。
戦争が激化するイラクを脱出しようと多くの日本人が空港に駆け寄りますが、日本からの飛行機は危険だという理由で一機も飛ばない事態に…。
あの時助けれくれた日本人を、今度は自分たちが助ける番だと言ってくれた首相の発言に感動…。
100年経っても、日本人を助けてくれたトルコに感謝です。
画像

日本人たちがトルコ航空の飛行機に搭乗する時、トルコ人の子どもが日本人の子どもの手を取り、搭乗口へと誘います。脚色しているのでしょうが、「おじいちゃんの里帰り」でもそうだったように、最後に子どもが登場し、ほのぼのとした雰囲気で物語を締めます。
画像

明治時代の事なのにトルコではエルトゥールル号;のことを教科書に載せてると聞きました。
イランからの邦人救出については、教科書どころか日本人の多くが知らないのに・・・
現在も姉妹国のトルコと日本。
これから先もずっと仲良く同盟国として歩んで欲しいですね。

この記事へのコメント

2019年06月12日 07:52
おはようございます
この映画は観たことありませんが
この事故の話は 以前 新聞で
読んだことがあります
これをきっかけに日本とトルコは
友好を結び 今でも 日本に何かが
あると(天災など)あの時 トルコが
お世話になったからと言って みんなが
援助を快くしてくるのだそうですね
すごい事ですよね
2019年06月12日 22:15
こうやってお互いの命を助け合い友好を深めるというのは素晴らしいことだと思います
世界中で助け合えるようになればと願います
OZMA
2019年06月13日 13:01
おとめさん、
この映画、以前観た映画「KANO」と負けないぐっらい良かったですよ。
おとめさん流だと★★★★★(星5つ)かなw
機会があれば是非ご覧になってみてください。
OZMA
2019年06月13日 13:05
とまるさん、
イラン・イラク戦争当時、日本の航空会社や自衛隊のいい加減な対応には腹が立ちました。
それに控え、トルコの対応は有り難かったですね。
トルコから帰ったら、ますますトルコ好きになっていればいいなと思います。

この記事へのトラックバック